人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2019年7月15日(月)

 先日の空港・交通調査特別委員会は、バス問題に議論が集中しましたが、例年通り大阪国際空港周辺都市対策協議会(10市協)の総会に向け、提案される運動方針についての審議も行われました。

 昨年4月から大阪国際空港(伊丹)、関西国際空港、神戸空港の3空港を関西エアポートが一体運営することになり、空港のリニューアルも行われてきましたが、3空港の合計旅客数は過去最高の4889万人を記録したそうです。大阪国際空港も発着回数が上限の370回で運用される中で、利便性の高さから旅客数は7年連続で増加し、12年ぶりに1600万人を超えたとのこと。
 一時期は2300万人(平成2年~5年)を超えるほどでしたが、住宅地の騒音対策が問題となり関西国際空港が開港、国際線が移転し機能分担が行われるようになった時は1300万人にまで減少していました。

 それでもYS代替ジェット機50枠の設定や大阪~羽田間のシャトル便運航などの増便で増加傾向が続き平成16年には1900万人を超えるところまで回復しましたが、関空の経営基盤確立のため、関空シフトにより大型機の就航禁止、長距離路線の大幅減便などで減少傾向にありました。
 その後プロペラ機枠から低騒音機枠への段階的な転換が行われ、総枠をすべて活用することで発着回数が増加し平成30年度の旅客数は1629万人になったとのこと。

 一方で、近年は全国的な悪天候や高級需要の拡大に伴う離着陸の混雑化により、夜9時を過ぎる遅延便が増加しているようです。
 また、昨年の台風21号の浸水被害で関空が閉鎖される事態が起こりました。国際線をはじめとした関空への機能集中のリスクが明らかになったため、3空港の災害対応力の強化も喫緊の課題として、8年ぶりに関西3空港懇談会が開催され、相互支援体制の構築、神戸空港の国際化の検討、大阪国際空港の国際便の就航可能性を議論することなどが合意されたとのこと。

 こうした方針案に対し一定の質問が出されていましたが、G20への参加のためにアメリカの軍用機が夜9時までの時間枠を超え11時過ぎに到着したため、周辺の住民は爆音で夜中びっくりして飛び起きたという問題や、4月1日にもオスプレイが緊急着陸するなど、軍用機は着陸できない空港のはずなのにどうなっているのか、10市協はこれに対しどのような対応をされたのかと私も質問通告をしておきました。

 オスプレイに関しては、コックピットの計測器が倒れ緊急着陸したとのこと。国交省からは何の情報も得られず防衛相に聞いてくれとのこと。数年前にも米軍機が緊急着陸したことがありましたが、すぐに飛び立ち期待をチェックするほどの時間はなかったのではないか、緊急と称して有事を想定した着陸の練習をしているのではないかと思われるような事態でした。10市協としては、速やかな情報を求め抗議文を送ったとか。

 G20だってなぜ関空ではなく伊丹に夜中に着陸したのか、6月25日、27日、28日の3日間外国の要人ということで特別に認めたようですが、10市協としてはそれでも運用時間内の離着陸を求めたとのことですが…。G20がもたらしたものは何だったのか、流通も滞り学校も市内は休校、池田でも給食無し、など住民にとっては不便な一日となったのでは…。

by michiko_fujiwara | 2019-07-15 23:48 | 議会報告
2019年7月13日(土)

c0133422_03052904.jpg
 2001年6月8日、大阪教育大付属池田小学校の児童殺傷事件で8人の子どもの命が奪われるという痛ましい事件がおきました。その翌年から始まった「市民安全のつどい」が、今日、水月児童文化センターで開かれました。
 主催者あいさつとして実行委員長の徳田さんからは、18年前、8人の命を奪った悲惨な事件がおき、昨今でも大震災や暴力、犯罪、交通事故など被害を受けた人たちに、平和で安全のまち池田を願うつどいをとご挨拶がありました。さらに池田市長のあいさつ、来賓あいさつは池田市議会議長、大阪教育大学付属池田小学校副校長、池田警察署長。池田ジュニア合唱団の歌唱(池田市歌、空より高くの2曲)、水月児童文化センターイングリッシュクラブによる誓いの言葉(下記の通り)を和文・英文で朗読(バックミュージック演奏はフルート奏者の審良彰子さん)

 第2部は「市民が守る子どもの安心・安全まちづくり」と題して千葉大学大学院園芸学研究科教授で一般社団法人子ども安全まちづくりパートナーズの木下勇氏の講演となっていましたが、残念ながら今年は選挙期間中のため聞きそびれました。

                 誓いの言葉

        2001年6月8日を 私たちは忘れない

        緑豊かな 静かなまちで それは起こった
        豊かさを追い求め 平和な時間が流れる中で
        幼い8人の命と まちと
        人々の心が 一瞬のうちに砕かれた

        先人たちが育み 守ってきた
        自らを守る組織や 慣習のもろさを
        私たちの地域社会がはらむ無防備さを
        幼い8人の犠牲に思い知らされることになった
        
        このまちで再び悲劇を許してはならない
        安全な社会を築き上げる大切さを
        あらためて心に銘じなければならない

        私たちは ここに誓う

        暴力、犯罪、交通事故、災害などあらゆる惨禍を未然に防ぎ
        地域の安全を守っていくために努力することを
        安心して住める社会の大切さを
        多くの人に訴えていくことを

                             2001年7月8日
                            池田市民安全大会
       

by michiko_fujiwara | 2019-07-13 23:57 | 議員活動
2019年7月12日(金)
 
c0133422_01492622.jpg
 11日夜、箕面市のメイプルホールで開かれた「日本共産党たつみコータロー個人演説会」に参加。  豊能町の畑中後援会長、コータロー候補の元職場の上司である松岡さん、3人の保育士さん、箕面市議(市民派無所属)の中西とも子さんと多彩な応援弁士の方々が、もっと国会で頑張ってもらわなければならない人だと訴えて下さいました。

 畑中さんは、なぜ日本共産党を応援することになったか、それは日本共産党のの綱領が一番現実に即しており胸にすとんと落ちるから。年金や農業、種子法の問題など国家が国民に詐欺を行っていると言わざるを得ない。憲法読めば年金貰う権利があることが謳われている。豊能町も維新と公明が強いが、身を切る改革と言いながら政党助成金を受け取っている(維新は13億7千万円)。共産党はウソをつかん。人をだまさない、日本を代表する優秀な政治家・辰巳コータローを国会へと訴えられました。

 此花生活と健康をまもる会事務局長の松岡さんからは、「辰巳コータローさんは16年前入局され4年間社会保障をまもって活動してきた。立候補されてからは旺盛な対話活動、特に小中学生に人気で、よく話していた正連寺川を埋め立て高速道路を通す話の中で蓋をかけ公園にして子どもたちに喜ばれ、子どもがコータローに入れてと親に言うといったエピソードや、相談活動も母子家庭が多く、子ども食堂の走りのような食事会で親と懇談をする機会をつくるなど、困っている人をほっとけないのがコータロー。野宿する人を連れ帰りアパートを見つけ生活ができるよう懸命に援助してきた」…とコータロー候補の人柄がよくわかるお話でした。
 
c0133422_01494514.jpg
 また、平和、人権、環境守る、弱い人の視点で頑張ることをモットーにしているという箕面市議(市民派無所属)の中西とも子さんからも「辰巳コータローさんしかいないですよね」と応援弁士を買って出ていただきました。 20年足らずの間会社員をしていたが2回の会社倒産で路頭に迷った。何とか仕事にありつき正社員で働けたが小泉構造改革により成果主義で友人を過労死で亡くした。10数年経ってよりひどい状況になっている。政治の力が必要。コータローさんは現場主義。橋下大阪市長(当時)が慰安婦は必要だと言ったことに対し大阪で抗議行動が行われたが、真っ先に駆けつけたのがコータローさんだった。新名神の工事中大事故が起こった時、ネクスコを呼び現場視察を行い無所属議員の私も呼んでくれた。ジェンダー平等、シングルマザー、性的マイノリティ、男女共同参画法、女性だったら誰でもいいわけではない。ジェンダー平等の視点で寄り添って頑張るコータローさんはもっと国会の場で頑張って欲しい。本気で応援したい。私たち自身の尊厳を守るたたかいをしようと、心強い応援の弁でした。
 
 コータロー選挙区候補は、自民党を応援していた人が推薦してくれるなど日本共産党以外の人にこれほど応援していただいているのは初めてだといいながら、児童扶養手当の隔月支給の実現、ブラック企業規制法案を提出し企業名を公表させたこと、4月にはコンビニオーナーの24時間営業が法律違反だと公正取引委が答弁したことなどの実績や、年金、学費、国保、カジノ、森友問題の追及のためにも国会に戻して下さいと訴えました。


c0133422_01500031.jpg

 山下よしき比例候補は希望、情熱が花言葉のガーベラのブローチを胸に、2000万円なんてあなたの1票で政治を変えることの方が簡単。マクロ経済スライドで毎年減り続ける年金ではなく、減らない年金にし、底上げをはかる。消費税増税ほどバカげた方策はないとキッパリ。8時間働けば普通に暮らせる社会に…と財源を示して訴え。維新に対しては身を切る改革をいうなら、政党助成金こそ受けとるなとズバッと指摘されました。文書交通費だって日本共産党はHPで公開しているし、請求があればいつでも領収書を見せられる。維新の領収書は例えば足立康史氏から地方の足立康史氏に渡した(自分から自分へ渡した)という領収書で何に使ったのかさっぱりわからないとキッパリ反論されました。
c0133422_01491015.jpg
 大激戦の大阪選挙区、何としても辰巳コータローを国会へ、比例代表は日本共産党をと力強く訴えられました。
 
 司会は村川まみ市議、アシスタントはコータロー馬(走れコータロー)(笑)


by michiko_fujiwara | 2019-07-12 23:44 | 演説会、つどい、市政報告会
2019年7月12日(金)

c0133422_13340283.jpg
 先日の、空港交通調査特別委員会の続きです。
 7月13日から変わる阪急バスのダイヤ改正について、電車から北側の路線も減便です。
 
 ①東畑 五月丘地域の運行については、昼間時間帯は、池田発着をこれまでの10分間隔を12分間隔に変更し、昼間時間帯以降「池田→五月丘→東畑→呉羽の里→下渋谷→(市立池田病院)→池田市役所前→池田」を新設路線として運行するとのこと。
 つまり、五月山の麓を走る山麓線の大回り、中央線を走る内回りで池田から石橋を往復していた走り方を、呉羽の里で山麓線から中央線に入り循環するルートをつくると言うことになります。
 この地域の運行は池田発の便が117便から105便へと12便減少、池田着の便は106便から101尾bbへと5便減便となります。

 ②下渋谷地域の運行は、9時以降の阪急石橋北口発は、呉羽の里→下渋谷系統を取り止め、付属池田小学校前→下渋谷系統に変更。夕方時間帯の池田発は、下渋谷→呉羽の里と、下渋谷→付属池田小学校前を交互に運行するよう変更となります。ご注意ください。
 また新たに下渋谷地域と伏尾台地域を接続する、新設ルート「伏尾台4→センター前→伏尾台5~久安寺 「池田」~市立池田病院~下渋谷~付属池田小学校前~ (往)文化会館前/(復)井口堂~阪急石橋北口」という走り方になるようです。
 これにより池田発の便は現行19便から16便に、池田着となるのは現行18便を15便に、それぞれ3便の減となります。

 ③その他の変更内容は、阪急石橋北口で、五月丘 東畑 阪急石橋北口系統と、阪急石橋北口 ダイハツ 神田方面と連続した運行を行うことにしたそうです…「池田 五月丘 東畑 阪急石橋北口 半球石橋 ダイハツ本社前 神田 池田」という新設系統を運行。これにより乗り継ぎ兼を廃止(これまで乗り継ぎ兼を使っていた路線が全部網羅されているのかな?)

 土休日の運行は、全区間の利用状況に見合った輸送力の調整(神田方面は2時間に1本に減便)を行うとのこと。

 石橋北口は阪急石橋北口に変更です。

 この他、東能勢線(伏尾台地域・池田間)や箕面市内線(千里中央行き)、豊中西宮宣(北驫木・西宮北口行き)などにも変更がありますが省略します。

 各停留所やホームページなどで、ダイヤ改正のお知らせは案内しているようですが、明日から変わります。お間違えの無いようご注意ください。
 

by michiko_fujiwara | 2019-07-12 23:38 | 議会報告
2019年7月10日(水)

c0133422_13340283.jpg
 参議院選挙でブログから遠ざかっていましたが、FBは動いていますので是非ご覧ください。 さて、昨日は今年度初の空港・交通調査特別委員会、10人の委員と議長副議長を交えて開催されました。

 この時期は大阪国際空港周辺都市対策協議会〈10市協)の総会に向け、運動方針案やこの間の取り組み状況を話し合う時期ですが、今回は阪急バスのダイヤ改正もあり、阪急バス(株)の事業本部営業企画部・野沢副部長、営業企画部・田中計画課長にお越しいただき、バス事業者の経営状況、阪急バスの状況についてお話を聞かせていただきました。

 2017年度の全国バス事業者の経営状況は全体で241億5千万円の赤字(京阪神の民営バスは5億2300万円の黒字…10事業者のうち半分が赤字)バス事業者の約68%が赤字とのこと。
 全国の居合バスの輸送人員の推移も1968年には101億人だったものが2016年では42億人に激減。その上、運転手さんに必要な大型2種免許の保有状況は、2001年に119万2千人だったものが2018年には89万6千人と、25%・30万人も減少しているそうです。しかも運転手さんの所得は全産業の労働者と比べても、鉄道運転士や貨物運転手に比べても低い、20歳代は高くても3丁目0歳代半ばからは逆転しています。一方労働時間は貨物運転手に次ぐ(ほぼ同じ)長時間労働(月210時間)、超過実労働時間は最も長い)となっています。

 阪急バスの輸送人員は、1991年に1億1900万人だったものが他社の譲渡を受けても2018年には9500万人と80%に減少しているそうです。
 今後少子高齢化、大型2種免許取得者の減少、燃料の高騰、車両に対する安全装備、ITサービス等の投資、他社との競合等厳しい事業環境の中、今後10年間は太陽の定年者を迎える(約600人超)そうですが応募者が減り続けているため運転士確保強化策を今年4月から実施。3年間という契約社員制度を廃止して全運転士を正社員にすることなどで安定的な人材確保と柔軟な人員配置を図りたいとのこと。

 そのような中、2019年7月13日(土)からバスのダイヤが改正されます。
 これまでと比べ、平日88%(マイナス12%、北部89%、南部87’%)に減少。土休日は82%(マイナス18%、北部85%、南部61%)とさらに減便です。

c0133422_13341478.jpg

 改正の主な内容は南部では、呉服町 神田 ダイハツ本社前地域の運行について、5年前の改正から走らせていた、姫室町 呉服小学校前間は、運行を取りやめ全便を呉服町経由にします。ほとんど乗る人がいないという理由です(池田発19便を16便に減便、池田着は18便から15便に減便)。朝夕(7時8時台と17時台)は2本ずつ走っていましたが、6時台から20時台まですべて1時間に1本になります。さらに土休日は6時~8時までは1時間に1本ですが、それ以降は10時39分から~20時44分まで2時間に1本、偶数時間帯のみの運行となり、買い物やお医者さんに通われる方にとって、ますます駅前が遠のきます。
 園芸高校前 八王寺 荘園地域の運行については昼間運航している荘園1丁目経由は八王寺1丁目経由に変更。荘園経由便は池田へ平日朝1便運行に変更するそうです(池田発6便を5便に減便、池田着は現状通り8便のまま)。

 他の地域については後日紹介しますが、阪急バスの現状からみると、利用の少ない平坦な地である南部地域には、事業者任せにするのではなく、行政が手を差し伸べ地域公共交通として市民の足の確保をしていくことが求められます。

 タクシーも便数が限られいざというときには間に合わないと聞いています。運転士さんの確保と合わせ、必要な時に走れるデマンドタクシーなどの活用を検討すべきですね。

 

by michiko_fujiwara | 2019-07-10 13:09 | 議会報告

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara