人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2018年7月30日(月)

c0133422_041286.jpg 台風12号は愛知県から西日本を逆走し、被災地を不安に陥れました。

 池田でも台風直撃かと、各地のお祭りも中止し、雨戸を閉め、土のうを積むところもあったようですが、それぞれが備えをしながら暴風の夜を過ごしました。

 幸いにも雨量は総量で50ミリ強程度にとどまり浸水被害は免れましたが、3つの中学校で倉庫の屋根が吹き飛ぶ(フェンスに引っかかって、道路をふさいだり、民家や建物への被害なし)、別の学校ではフェンスの支えが浮き上がりフェンスが傾き、もう一か所は倒木で通路を塞ぐなどの被害がありましたが、それぞれ手早く処理されました。屋根のなくなった倉庫や傾いたフェンスは処分を検討中。

c0133422_045193.jpg チキンラーメン館の銅像の前の花水木は倒れ掛かっていたようで、すぐに撤去されました。台風の直後ですがラーメン館には見学客の列が続き、普通の休日の様相。

 地震、豪雨、台風とあまりにも続く災害に、なすすべもない状況を見ると、自然との共存の難しさを感じます。必要以上に自然を壊してきた人間への警告でしょうか。

c0133422_165931.jpg 今日ある教室に行くといつも10人ほどの方たちが、今日は4人。クーラーを低くしすぎて足を痛めた方、クーラーをつけないで体調を壊す方様々です。男性用の日傘が流行っているようですが、炎天下の時間帯はできるだけ涼しい場所で過ごされるのがよろしいかと…(*^^)v
by michiko_fujiwara | 2018-07-30 23:41 | 大震災・災害対策
2018年7月28日(土)

c0133422_1161820.jpg 台風12号の近畿への接近時間帯に入りました。時折吹く風に台風の気配はありますが今のところまだ静かです。

 でも暴風警報や大雨注意報は出ていますからご注意ください。3か所の会館に自主避難されている方もあります。土のうを積んで浸水予防されているところもあります。五月山ドライブウエイも午後8時で通行を止めました。午前3時~6時ごろがピークとのこと、くれぐれもご注意ください。

 さて、昨日アップし損ねた政府交渉について(アップ寸前に原稿を消してしまった)、防災対策は別の日に集中して復興支援や防災対策を求めていますが25日にも、体育館教室などの公立小中学校の避難所、避難施設に、国の責任でエアコンを設置して欲しいと緊急要望をを行いました。

 西日本を襲った集中豪雨以降の猛暑は避難を余儀なくされている人たちにも容赦なく襲い掛かっています。熱中症の救急搬送は池田でも昨年の7月と比べて3倍の人数を搬送していますが、エアコン抜きでは耐えられない日々が続いています。

 小中学校のエアコン設置率は大阪では77.3%だそうですが、市町村別でみると低いところはゼロという自治体があるそうです。避難されている体育館にはエアコンがないので、校長先生がエアコンのある教室を提供されたりしているようですが、普通教室にもエアコンが設置されていない学校はどうやっていのちの安全を確保すればいいのか、特別教室にエアコンがない自治体はまだまだ多く、クラブ活動にも命の危険が潜んでいることになります。池田でも学校の体育館はエアコン設置率ゼロ%。特別教室もまだ設置されていないところが多くあります。

 せっかく避難して助かった命を、避難所で命を落とすことになるなど決してあってはなりません。

 文科省は、学校施設は子どもの安全性、機能性を図る必要性がある。避難所にもなる大事な施設であり、空調設備は重要だと考えている。学校施設改善交付金によって対応しているが、関係省庁と連携しつつ引き続き予算の確保に努めたいと答弁でした。確保できなかったら放置すると言うことなのか、前向きと受け止めるべきか、通り一遍の答えなのか、今後の文科省の努力を見ていきたいと思います。

 また生活保護受給者にエアコンの買い替え・修理に貸し付けではなく一時扶助の家具住基費により設置に必要な費用を国の責任で保証して欲しいとの質問に対し、保護費の範囲内で購入して欲しいとの冷たい答弁でした。

 ところが最近厚労省が、6月27日付で一定の条件を満たせばクーラー設置費用に5万円の補助をするという通達が出されたようです。もう決まっていたのであれば検討している位の事を言えばいいのにと思いました。まだまだ不十分な内容ですがそれでも一歩前進です。 (つづく)


 

  
by michiko_fujiwara | 2018-07-28 23:58 | 議員活動
2018年7月25日(水)

c0133422_1564726.jpg 朝から丸1日政府交渉。

 衆議院第2会館で、災害対策を皮切りに財務省、総務省、厚労省、文科省、国交省、内閣府に対し、大阪の地方議員団から実態を伝え強く要望して来ました。

 交渉に先立ち、市田副委員長から大阪選出議員の活躍ぶりについて報告があり、山下よしき副委員長、穀田恵二衆院議員、大門みきし参院議員、宮本たけし衆院議員、辰巳コータロー参院議員や清水ただし前衆院議員、わたなべ結国政対策委員長も同席。
c0133422_1575183.jpg
 災害対策については、先日それに特化した政府交渉が行われたところですが、今日は緊急要望として体育館、教室などの公立小中学校の避難所、避難施設に、国の責任でエアコンを設置すること。水道の耐震化のため地方自治体への財政的援助を強めること。下水の耐震化促進、長周期地震対策、個人の水道管(鉛管)取り換えに助成をなど要望。

 別途、屋根瓦の破損について、被災が原因で処分する場合は自治体が処分する費用の9割を国が補助することも決まったとの報告がありました。

c0133422_20377.jpg みなし寡婦控除については、池田市は4年前から子育て支援に適用されていますが、税法そのものの改正を含め国によるみなし寡婦の適用ができるよう求めました。厚労省は6月の政令改正で保育料等「みなし」適用を実施しますが、財務省は30年度税制改正大綱で、子どもの貧困に対応した改正を検討している様子でした。

 公立保育所の設置運営に係る補助の一般財源化・交付税措置によって民間事業者へのシフトがどこでも行われていますが、公立であっても2分の1の交付税措置をしている事、子育てあんしんプランに則り、32万人分の受け皿整備であれば補助率は3分の2に増やしているし運営費についても交付税措置されているとの答弁がありました。
 これについては、交付税として補助があっても色分けされていないため、財政力の弱い自治体では他に優先する事業に使っても分からないため、きちんと事業に対する特別措置をすべきであることを申し添えました。

 池田から申し入れた児童扶養手当の毎月支給については来年11月支給から2か月ごとの支給に改善すること、毎月支給については効果を検証しつつ進めたいとのこと。

 子どもの医療費助成を国の制度にすること、地方自治体が独自に助成していることに対するペナルティについては平成30年度から未就学児までの子どもたちについてペナルティを無くしたがが、それ以上については医療費が伸びるためペナルティは辞めないという冷たい答弁。

 医療費が伸びると言いますが、助成することで子どもがサロンのように病院に行く事はなく(逆に嫌がる)、早期治療で重症化を防ぐことになれば最終的に医療費は安くなることを申し上げました、(続く)
by michiko_fujiwara | 2018-07-25 23:58 | 議員活動
2018年7月23日(月)

c0133422_0564912.jpg 6月の地震以来、集中豪雨が一息ついたと思ったら今度は連日30度、35度を超える異常気象、最近は「命に係わる危険な温度」と言われる状況が続いています。「あつい!」が合言葉のようです。

 池田市でも、熱中症の救急搬送が昨年の同月(7月3日~22日まで7件)と比べ2.57倍の18件(7月10日~21日)に上っています。しかも昨年はほとんどが軽症でしたが今年は重症2件、中等症5件を含んでおり、葬祭場の話によると熱中症で若い人が亡くなられている様子。

 しかも昨年は7人中4人が70歳以上、50歳1名、30歳代2名(うち男性3人、女性4名)と高齢者が多かったですが、今年は、10代1名、30代2名、40代4名、50代3名、60代1名、70代5名、80代2名(うち男性13名、女性は5名)とかなり広範囲の層が熱中症で搬送されています。

 私も、昼間バイクで移動しなければならないことがありますが、地面からの熱気が半端ない状態で蒸し焼きになりそうです(笑)
 この夏は、エアコンが苦手の方も、エアコンのある部屋で水分をしっかり補給しながら過ごすことが大切です。公的施設などエアコンのある場所もご活用ください。

 体調が悪い時は早い目に救急車を呼ぶなり、病院に行かれるなりして下さい。長時間、外での作業や運動などは避けて下さい。週末は湿気も加わり多少温度が下がっても不快感は続くようですので皆さん自分の体調管理に気をつけましょう(と自分に言いきかせる日々です)。
by michiko_fujiwara | 2018-07-23 23:54 | 議会報告
2018年7月14日(土)

c0133422_245393.jpg ヘルプマークをご存知でしょうか?

 先日のNHK「あさいち」でちょうど紹介されていましたが、障がいを持っている人や、難病、妊娠初期、義足や人工関節を使用している人など、目に見える障がいだけでなく内部障がいなど支援や配慮が必要な方が持つ「ヘルプマーク」ですが、意外に知らない人が多いんです。

 池田市では平成28年度に独自のヘルプカードを作成し平成28年9月から配布を開始しました。大阪府からも平成29年度にヘルプマークが配布されました。裏面にシールを貼り必要な情報を記載しておけば、その人がどんな助けが必要なのかが分かるようになっています。しかしシールははがれてしまうこともあるため、池田市独自でヘルプカードを挟めるよう市独自のヘルプマークホルダーが作られました。

c0133422_25563.jpg その方の名前や住所、障がいの種別、かかりつけ医の連絡先や、服用している薬などを書き込み、どんな助けが必要かが書き込めるヘルプカードを、フォルダーに入れて、見える位置につけておけば、本人が助けてと言えなくても、周りから援助の手が差し伸べられるなどを期待するものです。

 でも、いくら目立つところにつけてあっても、周りの人がそれが何なのか知らなければ意味がありません。

 是非、「ヘルプマーク」を見かけたら、援助の手を差し伸べて下さい。

 例えば電車内で席を譲る、困っている様であれば声をかけるなど、思いやりのある行動をお願いします。

 「何かあった時、味方になって理解してもらえる、手助けしてもらえる」それは障害のある人にとっては何よりの安全です。そして、「自分から助けてと中々言いにくい」「若いのに何故高齢者に籍を変わってあげないのだろうと思われるのではないか」などと気を遣うことなく、ヘルプカードを持つことによって支援の手が必要であることを理解してもらえるので気が楽になった…といった声もTVでは紹介されていました。

 自分のことで精一杯といった人も多くなり、コミュニケーションがなかなか取れないという人も増えている現在、ヘルプマークの存在を知ることで理解し助け合えることになればいいですね。

c0133422_263739.jpgc0133422_271621.jpg
by michiko_fujiwara | 2018-07-14 23:58
2018年7月11日(水)

 雨が上がった途端に梅雨明け宣言し、今度は熱中症が心配されるようになりました。水分補給やエアコンの活用などで上手にこの夏を乗り切りましょう。

 6月18日の大阪北部地震がずいぶん前のことのように思えるほど、あわただしい日々。

 今日も、地震以来雨漏りがひどくて室内にブルーシートを敷いていると一人暮らしの方から相談があり、罹災証明の申請をされました。すでに150件を超える方が申請に来られているとか。

 昭和56年以前の建物であれば、耐震診断、耐震設計、耐震工事に対する補助制度がありますが、問題のブロック塀に関しては対象とならないため、池田市が「既存民間ブロック塀等安全対策補助制度」を実施することになりました。

 危険な民間ブロック塀の撤去と設置工事に対する補助制度です。

 対象の塀は、国、府、池田市が管理する道路に面している部分であること。現行の建築基準法の規定に適合しないもの又はひび割れ、ハラミ、傾斜等倒壊の恐れがあると認められるものであること。地盤面からの高さが80cm以上の塀であること。

 補助対象は、コンクリートブロック造、石造、レンガ造などの組積造の塀を撤去する工事とそれに引き続き生け垣や軽量フェンス等を設置する工事に対し工事費の2分の1を補助。

 補助の上限額は、撤去工事に15万円。撤去後の生垣設置工事に25万円(池田市は植木のまちなので少し増額)。撤去後の軽量フェンス等設置工事に20万円としています。

 平成30年7月17日から補助を開始します(平成30年度限り)。所得要件もあります。
 ただし、6月18日に発生した地震以降で本補助制度以前に着手した工事にも適用するそうです。

 7月17日~8月17日まで6階の都市建設部で特設窓口を設置します。お早い目にご相談ください。
by michiko_fujiwara | 2018-07-11 23:43 | 議会報告
2018年7月10日(火)

c0133422_1205960.jpg 地震や大雨で紹介が遅れていましたが、6月18日付「全国商工新聞」の一面トップは、「マレーシア、消費税を実質廃止」の大見出し。

 記事を読むと、5月9日投票で行われたマレーシアの国政選挙で、消費税廃止を掲げたマハティール元首相が率いる野党連合が勝利し、歴史的な政権交代が行われた事。マハティール新政権は公約通り、6月1日から消費税の税率を6%から0%にしたことが紹介されています。

 解散時の議席数は与党連合・国民戦線が130議席、野党連合・希望連盟が72議席だったそうです。予想では与党連合がやや優勢とみられていたようですが、終盤になってマハティール氏の個人的人気と、消費税廃止を公約の中心に据えた野党連合が逆転勝利で121議席を獲得。与党が51議席減らし野党が47議席増やしたとのこと。

 マレーシアの消費税導入は2015年4月、と言っても全く新しい新税というわけではなく、それまであった単段階課税の小売売上税(税率10%)とサービス税(税率6%)を廃止して、多段階の消費税(税率6%)に変えたもの。

 消費税は物価高騰を招き、国民の不満の的となりました。さらに中小業者の事務負担や滞納問題も大きな問題となっていたようです。消費税廃止後の財源については、消費税導入時に廃止した小売売上税・サービス税を復活させ、税収不足は、歳出の無駄をなくすこと。石油のロイヤリティなどからも補う上、消費税廃止により景気の伸びが年6%と予測されるから不健全財政にはならないと言ってます。

 日本も野党が力を合わせて、国政選挙で消費税増税を公約に掲げれば、政権交代もあり得ます。代わりの財源も、今ある不公平税制をやめ、能力に応じて払う応能負担の原則に基づき税制を変えれば、国税、地方税合わせて30兆円を超える財源が確保できると言います。

 例えば法人税は1988年の42%から2018年には23.2%。所得税の最高税率は1988年の60%から2017年には45%に引き下げられています。これを消費税導入前の税率に戻すだけでも11兆円増の財源が確保できます。

 また日本の歳出にも大きな無駄があります。大型開発優先の歳出を見直し、5年連続で過去最高額を更新した軍事費の大幅削減や政党助成金の廃止などを検討すべきです。また、消費税を廃止すれば景気が回復します。景気が回復すれば、法人税や所得税の税収も伸び財源は健全化します。

 マレーシアでのたたかいは、政治の力で消費税を廃止することが可能であることを示してくれました。日本もマレーシアにならい、2019年10月からの税率10%への引き上げを中止させ、廃止に追い込む闘いを大きく広げることが大事だと、税理士の湖東先生は言います。

 商工新聞には、増税しなくても財源はあることも紹介しています。不公平税制の是正で38兆円の増収が得られることと。マレーシアのように、政権が変わったら消費税が実質廃止となったと喜べるように日本も野党共闘出来るでしょうか?
by michiko_fujiwara | 2018-07-10 23:57
2018年7月8日(日)

c0133422_0203875.jpg 夕方また地震、ドキッとしましたがあれで震度1だったんですね。大雨が一段落したと思ったらまた余震かとなかなか落ち着きません。

 昨日は、まだ土砂災害の危険が消え去らぬ間の雨の平和行進。全国各都道府県で網の目行進が行われ、東京から広島までの幹線ルートを全国通し行進の方、府内通し行進の方が、ノーモアヒロシマ、ノーモア・ナガサキ、ノーモア・ヒバクシャの想いを乗せて、各自治体を歩き豊中から池田に到着しました。

c0133422_0242040.jpg 市役所前での集会は行いましたが、災害対策で多忙な中ですから、今年は市からの湯茶の接待については平和行進実行委員会が辞退をされました。それでも集会には市長からの激励のメッセージを市長公室長から紹介され、私も議長メッセージを代読しご挨拶をさせていただきました。

 本来ですと、通し行進の方たちからもご挨拶をされるところですが、行進の隊列が遅れて到着したため、あわただしい池田集会となりました。私も傘をさしながら川西まで行進。短い距離ですが、池田は大阪最後の地で、兵庫・川西市へつなぐ大切な一日。それぞれの団体旗も無事大阪から兵庫にバトン渡しされました。

c0133422_0251757.jpg 川西市役所前で、引き継ぎの集会が行われ、国際青年隊の通し行進者は今年はフィリピンの女性で流ちょうな日本語と英語でご挨拶。これから兵庫、岡山、広島へと原水爆禁止世界大会に向かわれます。

 国際的にはこの1年の間に核兵器のない世界に向けて大きく変化してきていますが、唯一の被爆国である日本がその先頭に立っていないことが情けない。一日も早く核兵器のない世界を気付き上げたいものです。

 ところで大雨の被害は、私の生まれ故郷でもとんでもないことになっている様子。私は愛媛県西予市の出身で大江という町で小学校まで過ごしました。その隣り町である野村町でまちの中心を流れる肱川が氾濫し、死者まで出たとのこと。日本列島が自然災害に見舞われています。人間が開発という名で必要以上に自然破壊してきた結果のしっぺ返しではないか、地球温暖化もしかりです。

 自然との共存を真剣に考える必要があります。

 少しお天気が戻るかも知れませんが、まだ余震の心配もあります。ご注意ください。地震のせいで建物に異常が出た方、罹災証明は1階の総合窓口で受け付けています。ブロック塀が心配な方も是非
耐震診断を受けて下さい。次に何時また起きるかもしれない災害への備えをしておきましょう。 
by michiko_fujiwara | 2018-07-08 23:56 | 平和へ
2018年7月6日(金)

c0133422_042939.jpg c0133422_051557.jpg








 昨日から激しい雨が降り続いており、土砂災害の危険が高まっています。

 6日20時現在の市対策本部からの情報によりますと、五月丘5丁目1番の一部で土砂災害発生の恐れがあるとして、今すぐ五月丘小学校へ避難するよう避難指示が出されました。

 23時現在避難指示の対象となっていた世帯はすべて非難されたそうです。土砂災害が発生する恐れのある個所については、今後対応の予定とのこと。

 また、その他避難勧告により避難されている方は、午後6時段階で、秦野小学校、池田会館、五月丘会館に合計5世帯16名の方たちが避難されている模様。5日にほそごう小学校や人権文化交流センターのおられた方々は自宅に帰られたようです。

c0133422_074925.jpg 夕方、猪名川の様子を見てきました。降雨量の多さからか、一庫ダムからの放流を午後1時6分に150㎥から300㎥に増量したためか、再びグラウンドが冠水していました。平成26年の時よりは低いかなと思いましたが、川と河川敷の区別はかすかな緑の木々が点々と見えること、一部濁流のように流れの激しいところがある場所で判断できる状況で、広い川と化していました。土手にまでは届いていませんでしたので少し安心したところです。

 市内道路の一部で冠水が発生しているらしい情報もあります。
 また、五月山ドライブウエイの秀望台付近で土砂崩れや倒木があり、通行止めは現在も続いています。旧山の家の下のがけに亀裂が確認されたそうです。ご近所の方はご注意下さい。

 地域の行事やイベントも軒並み中止となっていますが、「ノーモアヒロシマ、ノーモアナガサキ」と毎日各自治体を歩いておられる平和行進が、明日池田に到着し、集会後川西に向けて出発します。大阪から、兵庫につなぐ日として毎年7月7日に通過します。東京から広島根の幹線コースですが、全国各地で網の目のように行進して平和を訴え、幹線コースに合流しています。雨が降りつづく中ですが、核兵器のない社会をめざし、一歩でも2歩でもご一緒に歩きませんか?
 私も参加する予定です。
by michiko_fujiwara | 2018-07-06 23:58 | 大震災・災害対策
2018年7月3日(火)

 2年ほど前でしょうか、池田市菅原町にある「マテリアル菅原」についての質問をしました。

 その際、平成24年2月に建築確認申請が(民間検査機関に)7階建で出され、7月に完成してみると9階建てで建築されており、違反が発覚。市は平成25年8月に建築主に対し是正命令を発令、その後所有者が変わったため平成27年10月に2回目の是正措置命令を発令したものの、是正処理が講じられず、住民への周知を行うため、平成28年11月8日に命令をした旨の標識の設置を建物敷地内に行った。その後マスコミ報道もあった事により建築主と建物所有者は是正に向けて指導に応じている…との答弁がありました。

 この間、何度か是正状況について尋ねてきましたが、先日、ようやく是正が完了したことの報告があり、建物の壁に貼られていたレッドカードの標識が撤去されました。

 違反していた、8・9階の床の撤去、不明材料にて増築している8階バルコニー、9階ルーフバルコニーの撤去、内部の是正、消防法関係の是正など、平成30年6月8日の現地調査で是正完了を確認したとのことです。

 c0133422_130450.jpg是正前の写真(左)c0133422_1303467.jpg  是正後の写真(右) 
by michiko_fujiwara | 2018-07-03 23:59 | 議会報告

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara