人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

広島被爆67年

 2012年8月6日(月)

 今日は広島に原爆が投下されて67年を迎えます。アメリカの原子爆弾で一瞬のうちに広島の町を焼き尽くしました。その年の末までに14万人の尊い命が奪われました。今もまだ放射線の影響で苦しめられている人々がいます。この1年間で新たに死亡が確認された原爆死没者は5729人、合計で28万959人になったとのこと。

 私の父親も、広島に徴用で駆り出されている時にこの日を迎え、建物の下敷きになって被爆したそうです。その7年後に白血病で亡くなりました。私は、幼い頃病弱な子(?)だったようで、母はいつも父の被爆の影響を受けているのではないかと心配をしていたようです。母親が被爆をしたのであれば影響があったかもしれませんが…。

 それだけに、ノーモアヒロシマ、ノーモアナガサキは活動の原点であり、ノーモアフクシマの思い、脱原発の旗は下ろせません。「核」による被害はこれ以上出してはなりません。

 野田首相は、平和記念式典で白々しくも「核兵器の廃絶と世界の恒久平和の実現に向けて、日本国憲法を遵守し、非核3原則を堅持していくことを、ここに改めてお誓いいたします。~~原爆の後遺症により、現在も苦しんでいる方々ね目を向けることも忘れてはなりません。原爆症の認定を待っておられる方々を一日でも早く認定できるよう最善をつくします。~~」と挨拶をしています。

 しかし、その後の記者会見では、広島で降った放射能物質を含む「黒い雨」の援護地域拡大について、科学的根拠がない以上、難しい」と延べ、救済を求める人たちの願いに背を向ける発言を行いました。地域を限定することなく被爆者認定を行い援護する必要があるのではないでしょうか。戦争をおこした責任は誰が取るのでしょう。

 福島原発事故の対応にも共通する政府の姿勢が見られます。再稼動はやっぱり許せません。緊急にかつ計画的に自然エネルギーに切り替えることが求められます。
by michiko_fujiwara | 2012-08-06 20:28 | 原発・平和問題

ツイッターで集会

 2012年8月4日(土)

 7月末、ツイッターが世界規模でシステム障害をおこし、「つぶやく」ことができない利用者が続出したとのこと。ちょうどそのときオリンピック・サッカーで日本がスペインに勝利した時間と重なったらしい。

 ツイッターは全世界で1億4千万人が利用しているそうです。1日の投稿数は3億4千万件。日本では2000万人以上が活用。

 ある大学の研究者が行ったアンケート調査では、3月から毎週金曜日に行われている官邸前抗議行動の参加者の約4割がツイッターで行動を知ったと答えています。

 最初の行動は3月29日。ツイッターで呼びかけて350人から始まった抗議行動は、スマートフォンを操作しツイッターで実況中継。週を追うごとに参加者が増え、20万人余の大集会に発展しています。抗議行動は、官邸前に連帯して全国各地に燎原の火のごとく広がっています。

 ツイッターフェイスブックなどのソーシャルメディアは中東の激変でも大きな役割をはたしているそうです。時とともに手段も変わっていますが、集まっている人たちの思いは変わらず、「再稼動反対」の声が広がっているのです。
by michiko_fujiwara | 2012-08-05 01:03
 2012年8月3日(金)

 昨日は体操、今日はテニス。ついついオリンピックを見て寝不足になります。

 体操個人総合はついに内村選手が金メダルを獲得。テニスは錦織選手が大善戦…ベスト8には進めませんでしたが格上の選手と互角に渡り合っていました。

 見ているほうは失敗しないかとドキドキハラハラ、まるでサスペンスドラマを見ているようでとうとう終りまで見てしまいました(いかんいかん)。これからバドミントンの女子ダブルス藤井・垣岩ペアでベスト4をかけてデンマークと闘い勝利した試合が放映されます。そのあと準決勝をライブ放送とのこと。このペアは一度敗退していましたが、対戦相手がその後無気力試合で失格となり復活しました。

 ロンドンオリンピックは、判定が覆ったり無気力試合などいろいろありますね~。

 さて、昨日は生活相談が続きました。

 「もう死ぬしかないと思っていた」「不安で眠れなかった」と、収入が少なく精神的に追い詰められておられた方が2組。どちらも高齢ですでに夫を病気でなくされていました。年金のみの生活で月額にすると9万円、7万円の収入で5万円前後の家賃を払うと生活費が足りず、「預金がそこをついた」「売れるものは売った」と限界であることを訴えられました。

 お一人は、生命保険(すでに借りており、利息を払わなければならない状態)を解約すること。1人暮らしのためご兄妹にまずは相談すること、もう少し家賃の低いところに移れるかどうかなど確認することを指示されました。

 もう1人は、過去に労災で手を負傷し後遺障害が残ったため仕事に就けない息子さんと二人暮らし。その息子さんに少し働いた期間があるため、離職者への「住宅手当」の申請を試みることになりました。

 また、「今アルバイトをしているが、夫の扶養家族であり続けるにはどの程度の収入が限界となるのか」との相談もあり。「納税猶予の相談にのってほしい」との電話。「入院していた妻が転院し、近いうちに退院できそうだけれど、家に手すりをつけなければならないので、介護認定の申請をした」との報告、などなど今日は慌ただしい一日。

 年金だけでは生活できない実態が明らかとなりました。野田政権は「税と社会保障の一体改革」法案を成立させようと躍起になっていますが、消費税は増税、社会保障は改悪で負担増の法案です。今でも生活できない人たちにとって消費税増税は追い討ちを掛けるようなもの。介護保険はますます利用しにくくなり、医療は受けたくても受けられない人たちがもっと増えることになります。

 政府は、民の声を聞け!と言いたいですね。

 

 
by michiko_fujiwara | 2012-08-03 02:21 | 生活相談

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara