人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

戦没者追悼式

 2010年3月20日(土)晴れ夜半に雨
                                     c0133422_23464859.jpg
 午前中は、池田市主催の戦没者追悼式に参列しました。

 市長の式辞、来賓者の追悼の辞の後、参列者の献花です。遺族会の方々の高齢化が目立ちました。参列者も年々少なくなっているのでは…。北摂各市の遺族会の方も来られていました。

 エレベーターでご一緒した女性は、「昨年は具合が悪くて来れなかったけれど今年は何とか来れました」と仰っていました。

 60余年の時を超え、ひとり、また一人と戦争を体験された方たちが亡くなっていくと、戦争の悲惨さ、2000万人もの被害者の苦しみまで風化しないだろうか、また再び戦争へとひた走る輩が出てこないだろうかと心配します。

 75名の戦没者と仰っていましたが、どのご家庭でも多かれ少なかれ戦争とのかかわりは持っておられると思います。兵士だけが被害にあうのではなく戦争は何の罪もない子どもや女性たちも巻き込まれてきました。

 日の丸のもとで、「天皇陛下万歳」と言って敵に向かわせられた時代、天皇が「もう一戦果挙げてから」と言って終戦を延ばしたためにヒロシマ、ナガサキの被害は起きました。その天皇の世がいつまでも続くようにと歌う「君が代」…本当に日の丸・君が代が日本の国旗でいいのでしょうか。国民が納得できるような、世界に恥じることのない国旗・国歌に変えるべきではないでしょうか。

                                  c0133422_23472332.jpg
 午後は、池田駅前公園で、豊能暮らしと雇用を守る総決起集会が開かれ参加しました。

 集会ではダイハツ工業が2000人ものリストラを進めてきたこと、ダイハツで働く中国人の派遣労働者からまたも相談を受けているという話、仕事はないはずはないのに雇い止めになるといった生々しい話が報告されました。

 中小業者の実態も、融資の申し込みが増えており、2年前に借り替えた人が今年もまた融資を受けたいと、資金繰りの苦しさを訴え相談に来る人、事業主が病気になって仕事が出来ないため借り入れをしたくても返せない人など生活もままならない状況が続いていると深刻な状況が報告されました。

 その上消費増税などとんでもない。大企業の減税になっただけである。企業が社会的責任を果たし、雇用の確保や仕事の発注などすべきであることなどなどリレートークが続きます。

 豊中市長選に出馬の決意をされた、堀田明美さんからも連帯の挨拶がありました。

 雇用の安定がなければ景気の回復などありえません。国は企業への応分の負担を求めるべきですね。
by michiko_fujiwara | 2010-03-20 23:43 | 議員活動
 2010年3月19日(金)晴れ
                                   c0133422_034111.jpg
 昨日に続き、今日は幼稚園の卒園式(修了証書授与式)、ひかり幼稚園に出席しました。いつもは委員会の只中で幼稚園の終了式に参列するのは初めてでした。

 終了児は3クラス、男児41名、女児36名、合計77名の子どもたちが神田小学校の体育館での式典に臨みました。

 名簿を見ますと、最近の子どもはみんな名前が凝っていて、同じ名前はほとんどなく、誰一人「子」のつく子はいませんでした。一時期は世相を反映して結構同じ名前が集中していましたが、有名人に影響されることなく個性豊かな名前になってきましたね。

 私たちは、入場前の子どもたちより先に会場に入りますが、大きな声で揃って「おはようございます!」と迎えられました。思わず頬が緩みます。
                                   c0133422_0473469.jpg
 子どもたち一人ひとりが園長先生に「おめでとう」と言われながら、「ありがとう」と修了証書を受け取り、証書の筒を大事そうに胸に抱いて席に戻る姿がなんとも可愛いんです。

 来賓からも「おめでとう」と言われると、全員が「ありがとうございます」と答えてくれて、私たちのほうが心癒されます。

 修了証書授与の後、園長先生の挨拶、来賓からのお祝いの言葉、お別れの言葉(全員集団で)とプログラムは進みました。
                                  c0133422_0352783.jpg
 子どもたちの歌う歌詞もユニークです。「6年前に生まれた私たち~♪ みんなと一緒に私たちは大きくなったよ~雨の日も、風の日も、雪の日も~、ありがとう、心からありがとう、そしてさよなら♪」とこんな感じでした。(途中の歌詞が分かりません)

 もう一曲退場前に歌った歌は、「♪1年生になります、心配しないでください、だけどちょっとは心配してください♪」…思わずみんなの顔が緩みます。

 参加されたご両親もさすがにみんな若いですね。お別れの言葉で壇上に勢ぞろいした時は一斉にカメラやビデオが向けられました。

 中学生は中学生なりに、小学生は小学生なりに、そして幼稚園生らしくそれぞれ感動を与えてくれました。

 子どもたちの未来に幸あれ!
by michiko_fujiwara | 2010-03-20 00:39 | 議員活動

夢一途

 2010年3月18日(木)その2
                                  c0133422_0482731.jpg
 今日は市内11小学校の卒業式。今年は神田小学校にお邪魔しました。

 30回の節目の卒業証書授与式は卒業生と在校生との対面式で行われました。在校生(5年生)や父兄、教職員が待つ中を、男子36名、女子52名、合計88名の卒業生が壇上から2人ずつ降りてきました。

 ひとりずつ、将来の夢、中学生になったら…と発表して、中央で待つ校長先生から卒業証書を受け取ります。

 昨年伺った呉服小学校も式のスタイルは同じでしたが、服装はびっくりするほど自由でした。神田小学校は制服かしらと思うほどみんなおそろいの黒のジャケットを着ていました。

 みんなの夢は、サッカー選手、プロ野球選手(メジャーリーガーという子もいました)。「陸上選手で金メダルを取りたい、オリンピックに出たら応援してください」と笑わせてくれました。バスケットボールの選手、バレー、バドミントン、などのスポーツを夢見る子、TVカメラマン、プログラマー、設計士、ゲームクリエーター、面白いのは「深海魚を取る猟師になりたい」というのもありました。「世界を旅して遺跡を見たり建築物を見、建物の研究をしたい」などなど…。

 女の子は、パテシェ、スタイリスト、料理人、保育士、幼稚園の先生、薬剤師、美容師、、エレクトーンの先生、医師、獣医師、ペットにかかわる仕事、オーケストラの一員、声優、漫画家、小説家等などTVなどの影響もあるのでしょう。結構色々な業種が上がっていました。

 「社会に貢献できるよう勉強したい」「きちんと働いて自立したい」「先生になってこの学校に戻って来たい」「いい高校、いい大学に入り親孝行をしたい」などと親を喜ばせるような言葉もありましたよ。

 校長先生は「夢一途」という言葉を送りたいとはなむけの言葉を送られました。

 どんな道をすすむのかは自由だけれど夢や希望を実現するには苦しいこと、辛いこともあるだろうが一生懸命頑張らなければならない。周りの人をよく見て自分を見つめていくこと、振り回されることなく一途に歩んで下さい。夢は途中で変更があっても、自分で決めたことは自分の責任で進んで下さい。
 
 もう一つは感謝の気持ちを忘れないようにして下さい。人は自然の恵みや多くの人々に生かされている。感謝するから幸せになれる。この6年間の思い出、勉強してきたことはすべて君たちの財産であり宝物です。1枚の卒業証書にはその思いが詰まっている。大切にしてください。

 しっかり勉強しなさい。身体を大事にしなさい。周りの人を大事に、家族を大事にしなさい。額に汗し、世のため人のため、しなやかに、したたかに生きなさい。君たちの将来に幸多かれと祈る。

 子どもたちは、どう受け止めたでしょうか。大人になるほど夢が失われていきます。今の気持ちを大切に一歩一歩歩んで欲しいですね。
by michiko_fujiwara | 2010-03-19 00:46 | 議員活動
 2010年3月18日(木)朝のうち晴れのち曇り一時雨

 後期高齢者医療制度の会計は、広域連合の出先機関的状態ですから、被保険者から保険料を預かり、国・府・市からの補助金などを足して広域連合に送る役割のための予算となっています。

 医療制度そのものは広域連合が決めますので、池田でどうこうする事はできませんが、値上げされた保険料を含む予算ですので反対しました。

 大阪府の保険料は、所得割が現行8.68%⇒9.34%へ、均等割(一人当たり)現行47,415円⇒49,036円に引き上げられ、一人当たりの平均は現行76,833円⇒80,728円へと3,895円(5.07%)値上げの予定です。

 府平均が5.07%の値上げだといわれていますが、池田の予算は保険料収入として、21年度11億8187万6千円に対し、22年度は13億8136万5千円と前年比116.9%の増となっています。大阪府の平均が5%アップなのに池田でその3倍にもなるのか、平均の3倍もの所得差があるとは思えないのですが、池田の所得が高いこと、広域連合が組んだ予算だとの答弁でした。

 対象人数は何故か昨年と同じ10,500人ですから、所得の違いしか考えられませんが、3倍も高い率になるでしょうか?
by michiko_fujiwara | 2010-03-18 18:35
 2010年3月17日(水)その4
                                   c0133422_2349674.jpg
 匂いスミレが花をつけました。これも何年か前に一株買ったのが増える増える…です。

 厚生委員会の続きです。

 介護保険会計予算は、総額60億5659万1千円と前年より2億4,817万4千円多い予算となっています。1号被保険者(65歳以上)の数は22,345人と昨年より649人の増で高齢化がすすんでいます。

 国保は小泉構造改革路線で、老健法の改悪などにより老人医療費の年齢を65歳から毎年引き上げ70歳以上にしてしまい医療を受ける人が多い65歳~70歳までの人は老健から一般の国保になりました。そのことが国保の医療給付費を増大させ国保料の引上げをしても赤字になるようになりました。

 一方介護保険は制度導入以来ずっと黒字が続いています。介護保険は3年分ずつ事業計画を立てますから昨年が4期目のスタートでした。3期までは全国的に黒字でしたから、厚労省の通達により、基金に積み立てた黒字分は、保険料を払ってきた被保険者に返還するようにと指示があり、池田では約半分の3億6千万円を3期目の保険料引き下げに使うようにしました(私たちは基金の全額取り崩しを求めましたが…)。その結果保険料は平均年間60円の値下げとなりました。

 ところが、提出された資料によりますと、21年度は、保険料は予算よりも1120万円も多い収入となっていますが、保険給付費等の総支出は予定より3億3109万円少なく済んでおり、基金の取り崩し額は予定の9609万8千円を大きく下回り1376万6千円となっていました。

 3年間で3億6千万円の取り崩しを約束していたわけですから、今年の予定額をきちんと繰り入れて計算するなら8233万2千円の黒字となる内容でした。…資料は繰入しない段階で収支を組んでいますからあたかも赤字であったかのように書かれていました。(担当者は赤字だといっていますが)

 給付実績は21年度予算どころか20年度の予算よりも下回る実態が続いているのに、22年度も修正することなく21年度の予算を上回る予算が組まれています。給付費が高ければ保険料にも影響するため、もっとシビアな予算を組み保険料を引き下げるべきではないかと質しました。

 また、このままいくと3億6千万円の繰入約束が果たされないことになりますが、どこでつじつまを合わすのかと聞きますと、次の第5期事業計画で保険料引き下げに使うとの答でした。これって被保険者に還元すべき約束の先送りじゃないでしょうか。

 一人当たりのわずかな保険料引き下げのために多額の電算委託料をかけるわけには行かないと言っていましたが、毎年所得の変動があれば保険料区分の見直しがあるのですからそのときに精算すれば良いのではないかと思います。保険料を多めに計算して集め、余ったら手続きにお金がかかるから返さないで溜めておくというのは民間なら信じられない考え方です。
by michiko_fujiwara | 2010-03-17 23:38 | 議員活動

議員の海外出張?

 2010年3月17日(水)その3
                                    c0133422_2342239.jpg
 近所の家のミモザが立派に花をつけましたので思わずパチリ!最初は小さかったのですが今では屋根まで届くほど大木になりました。

 さて、総務委員会の午後は一般会計予算。

 議会費の中に特別旅費として、姉妹都市であるオーストラリアのローンセストン市の45周年事業に議長はじめ8人の旅費を計上しています。

 中国蘇州市へは蘇州の国際友好30周年事業として41都市に案内が来ているようですが、池田市からは、議長と随行者2名分が予算化されています。

 池田市では、海外視察は議会で自粛を申し合わせているにもかかわらず、5年前にも我が党以外の議員が参加しています。周年事業ですから相手市に礼を失しない程度に議長・副議長・随行者程度にとどめ、税金を使って他の議員が参加すべきではないと思うのですが、他会派ではもう誰が参加するかを決めているようです。参加するのなら市民のみなさん同様に自費で行くべきではないでしょうか。
by michiko_fujiwara | 2010-03-17 16:15

総務委員会から・・・

 2010年3月17日(水)その2

 今、総務常任委員会が行われています。私たちは控室で音声で聞いたり傍聴をしたりしています。

 午前中は条例関係5件の審議と財産区の予算について審議されました。

 条例のうち、新たな条例提案として、「池田市世界に誇れる安全で安心なまちづくり条例の制定」とそれに付随して「池田市世界に誇れる安全で安心なまちづくり基金条例の制定」について一括審議が行われました。新しい条例制定ということで、ホームページを通じ、パブリックコメントが実施され3人の方から13件の意見が寄せられ、8件については修正を加え、5件は趣旨を説明し、理解をしていただいたと説明がありました。

 これまでにあった、「池田市市民安全条例・平成12年)」を廃止して、新たに市民や地域団体、関係機関が一体となって安全安心のまちづくりをつくろうとの主旨ですが、それぞれの責務、情報の提供と共有などより強調され、理念条例にとどめず実効性ある条例にしたいとの市長の思いが前に出た条例提案となっています。

 条例案には前文があり、阪神淡路大震災や教育大付属小学校の児童殺傷事件を経験したしとして他の誰よりも先んじて安心なまちづくりが責務だと書かれています。ただ、文中の接続詞が、「しかし、この間…」と2重に重なり、これまでの市の努力を否定した文章に取られかねない部分があるので「しかし」を削除してはどうかとの提案がありましたが、結局原案通りとなりました。

 パブリックコメントに寄せられた市民の声には真摯に耳を傾け、修正もしているのに、いったん議会に出されるとなかなか修正されないのは何でかなぁ?新しい条例を作るときは、誰もがよりよいものにしたいと思って意見を上げるわけですから、こんなところで何でも構えて対決する必要はないと思うのですが…。
 
 なんとなく地域コミュニティと議会との関係に似ています。
 地域コミュニティから出された提案は、市はまったく精査せずそのままフリーパスで議会に提案され、市民の暮らしに係る予算などは部長査定、副市長査定、市長査定をうけ、予算が厳しいとして削減を余儀なくされています。

 もちろん市民の声を反映させることは良いことですが、議員は市民から選挙で選ばれ市民の声を代弁すべく信託されているわけです。本来は議会での討論が最も生かされなければならないと思うのですが…比べると議会でのハードルは高いように思います。
by michiko_fujiwara | 2010-03-17 15:50
 2010年3月17日(水)晴れ

 国会では「こども手当て」法案が衆議院で可決したそうです。
 池田市では15日の厚生委員会で一般会計の中で予算化されていました。

 こども1人月額13,000円を、6月、10月、2月に4か月分まとめて振り込まれる予定です。中学3年生まで所得制限はありません。
 住民票を基準に保護者に支給されるため保護者が国外にいる場合は対象外となること、しかしDVなどの場合は住民票がなくても支給されることなど確認しました。

 児童手当の制度・考え方を踏襲していますので、すでに児童手当を受給しておられる方は、今あるデータを移行するため手続きせずとも自動的に6月から支給されるそうです。中学生など児童手当を今貰っていない方には申請書を郵送するとのこと。


 また委員会では、こども園の調理業務を民間に委託する案が出されました。昨年、すでに民間委託されている保育所で調理中に異物が混入していたという事件が3日連続してありました。この問題の事実説明を求めるとともに、当初から調理業務の民間委託には問題があると指摘していたにもかかわらず強行してきた結果の事件であり、問題が明らかになっているのに何故こども園にも調理を外部委託するのかと質しましたが問題のあった業者ははずすと言うにとどまりました。

 問題は、厚労省そのものが外部委託を認める通知を出していることが明らかになったこと、しかしその通知でも安全面・衛生面・質の高さが求められており、まさに安全面に問題が生じたのではないか、こどもの安全より厚労省の通知の方を大事にするのかと質しました。
by michiko_fujiwara | 2010-03-17 12:59 | 議員活動
 2010年3月16日(火)朝のうち雨、曇りのち晴れ

 国民健康保険事業特別会計予算は、今年も保険料の値上げを含んだ提案となりました。

 総予算は、106億5,943万5千円。対象世帯数は15,790世帯、被保険者数・27,285人。これは昨年の予算と比べると、4億2847万9千円多い予算です。

 保険料の値上げについては、平均保険料、医療保険分69,646円(3364円アップ)、後期高齢支援金21,224円(1431円マイナス)、合計90,870円(1,933円アップ)。介護納付金21,576円(3,427円アップ)を加えると、112,446円となり5,360円の値上げとなります。

 後期高齢者支援金は、制度導入時の65歳~74歳の障がい者のかたが後期高齢者医療制度に撤回届けを出して国保に加入したため、その分国保の医療給付費が増大し大幅な赤字を生みました。その分の国からの精算金が約3億5000万円が入るため今回は引き下げとなりました。この引き下げがなければもっと大幅な値上げになっていたかも知れません。

 しかし、昨年の値上げはそのときの赤字分も原因の一つでした。それなら、今回精算金が入るんだから値上げすべきではなかったのではと、質しましたが、収納率との関係で赤字が埋まらないとのことでした。

 最高限度額も4万円引き上げられます。しかし政権交代で国会審議が遅れているため、条例提案できないまま委員会を迎えました。議会中に国会で決定されれば追加議案として出されますが、間に合わなければ市長の専決となってしまいます。臨時議会を開くことなども提案しましたが、4月からの実施となるため、それ以降の実施は、不利益になるものは遡及できないという原則があり専決しか仕方がないとのことでした。ウ~ム…。

 国会での遅れが自治体にこんな影響を与えるのですね。本当なら来年まで値上げしなければ良いんですが…。

 国保加入者の5割が所得100万円以下、75%が200万円以下、87%が300万円以下という所得の中で所得の1割を超える保険料はとても重く、厳しい生活を強いられています。これ以上の保険料値上げはすべきでないと反対をしました。国が国庫補助を引き下げてきたことが高い保険料を余儀なくしてきました。「命を守る」と24回も所信表明された鳩山内閣なら、国庫補助を引き上げるべきですね。
by michiko_fujiwara | 2010-03-16 18:41 | 議員活動

厚生委員会

 2010年3月15日(月)曇りのち雨
                                     
 今日は厚生常任委員会でした。

 付託された議案は、条例改正案3件、国保会計予算、老人保健医療会計予算、介護保険会計予算、後期高齢者医療会計予算、そして一般会計予算の厚生関連部分の審議で、午後9時30分ごろ終わりました。

 乳幼児医療費の助成については、1子目が就学前まで入院・通院ともに引き上げられました。しかし引きかえに所得制限を設けました。この制限は、3子目の小学3年生まで、4子目の6年生までの子どもたちにも適用され、229人の子どもが助成から外されることになります。

 これによる軽費効果は約600万円、それならいっそ所得制限をはずしてはどうかと質しましたが、経済状況を見極めてできるだけ早い時期に所得制限をはずしたいとの答弁でした。

 いまや全国の流れは義務教育終了まで広がっており、18歳まで引き上げる自治体も増えつつあるといいますと、市長からは、状況が安定すれば、全国平均並みに引き上げたい所得制限もはずしたいとの答弁がありました。7月には一定見極めができるのではないかとのことでした。

 一般会計の中には妊婦健診の助成額引上げが含まれています。2500円の14回でしたが500円アップの3,000円・14回で一人42,000円に上がります。女性特有のがん検診(乳がん・子宮がん)事業は今年も延長して実施されます。

 赤ちゃんステーションは保育所・幼稚園・共同利用施設などにオムツ換え用台等を設置し、授乳するときはパーティションで区分しておこなうとの答弁がありました。
by michiko_fujiwara | 2010-03-16 01:05 | 議員活動

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara