人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

本会議3日目です

 3月9日(月)曇り

 3日、6日に続いて本会議でした。今日は委員会に付託され審議する議案についての本会議質問でした。4件の条例制定、10件の条例改正、池田市道路線の廃止と認定、病院、水道、下水道の企業会計、国保、老人保健、介護、後期高齢者の特別会計、そして一般会計の予算について質問されました。

 全議案に質問するのは日本共産党だけ、自民同友会は4件、民主市民連合も4件、公明党は1件しか質問しませんでした。

 今日の質問を受け、11日からの委員会で審議されます。

 私の所属する厚生委員会は、12日に5つの条例、4つの特別会計、一般会計のうち福祉、衛生、環境、労働、農業、商工などについて質疑・討論します。さらに、介護保険について社保協から請願署名が出ていますのでこれについても賛否について審議し討論を行います。

 ちょっとハードです。


 WBCはやっぱり韓国に負けましたね~。1点が取れない、韓国ピッチャーを打ち崩せない、これまたストレスたまりますね。
by michiko_fujiwara | 2009-03-10 01:08
 2009年3月8日(日)晴れ

 今日はずい分暖かくなりました。Qちゃんこと高橋尚子選手のラストラン「名古屋国際女子マラソン」を見たいな~と思いつつ、明日の本会議に対する質問準備のため、市役所の控室へ。
 時折インターネットで、マラソンニュースを見ながらの作業。これではなかなか集中できませんね。

 マラソンは、藤永佳子選手(以前高校駅伝で群を抜いた走りという印象があります)が1位で、上位すべて日本選手。Qちゃんは29位、2時間52分23秒だったそうです。沿道に手を振りマラソンを楽しみ、「走り終わるのがもったいない気分だった」とゆっくりフィニッシュしたとか。

 Qちゃんはなんだか彗星のように現れ、アジア大会で優勝したと思うとその後はいつも笑顔で日本記録、世界記録を塗り替えオリンピックまで一気に金メダル、実に楽しそうに走る選手だろうと思っていました。当時は引退など考えられないと思っていましたが、ついにその時が来たんですね。ちょっと残念ですが、今後は別の形で活躍されることを期待しましょう。


 明日は、またまた本会議。

 日本共産党議員団は委員会付託案件について、5件づつ質問を分担します。それぞれ自分の所属する委員会付託分は質問できませんから、私は、「職員の勤務時間に関する条例の一部改正」「水本教育基金条例の一部改正」「池田市道路線の廃止と認定の一括議案」さらに、「水道企業会計」「下水道企業会計」について質問することになりました。

 詳細は委員会で審議されますので、ポイント的な質問で良いといわれますが、何がポイントなのか議案を読み取るのも一仕事です。…ポイントになっているのかな~?

 中2日おいて12日が厚生委員会ですが、議案5件、特別会計4件、請願1件、そして一般会計とそれぞれ討論も加えるとかなりハードなスケジュールです。間に合うかしら…?
 いつも件数の多い厚生委員会はもう少し後の日程にしていただきたいものです。・・・と愚痴をこぼしつつ議案書を開いているところです。
by michiko_fujiwara | 2009-03-08 23:09

本会議の続きです

 2009年3月7日(土)晴れ

 昨日の本会議は、各派からの代表質問がありました。

 日本共産党の白石啓子議員は、トヨタ九州が派遣社員を全員直接雇用し正社員にするといった最新のニュースを引用し、ダイハツにも市長自ら申し入れてはどうかと質しましたが、市長は一企業にそこまでは言えないと答えました。  定額給付金を委託する先には新たに臨時雇用するよう伝えるそうですが、ダイハツには言えないようです。

 生活保護の対応については、住民票を要件とせずとも厚労省の指示通り受給の対象とすることが確認されました。

 また学校警備員については、あの痛ましい教育大付属池田小学校の事件を抱える池田市だからこそ、どこの市がやめようとも最後まで警備員の配置を行うべきで、政府が追加経済対策としてマンパワー対策の交付金を使ってでも続けるべきだと主張しました。(この件に関しては本会議終了後朝日新聞の記者が取材にこられていました)

 この問題で、以前フライング的に1学期でやめるとの記事が新聞に出たことで、学校PTAなどが署名運動をはじめたとの情報もあります。

 「幼稚園の通園バス有料化を検討する」とした教育長に対しては、市民の反対を押し切って幼稚園を統廃合し、歩いて通える幼稚園をなくしたためやむなく通園バスを利用せざるを得ない子どもたちに、バスの利用を「受益」とみなすなど言語道断だと述べました。

 介護保険のため込み基金は被保険者に返すこと、認定のための新テキストは寝たきりの「全介助」の人まで「自立」と判断させるようなものになっていることなどについて見解を求めましたが、判断基準を示すテキストの話なのに、認定項目の削減や二次判定の問題としての答弁になっているなど、かみ合わない部分もありました。

 続きは委員会で答弁を得たいと思います。 
by michiko_fujiwara | 2009-03-08 01:07

定額給付金 池田は…

 2009年3月6日(金)雨のち曇り

 今日の本会議は、最初に「定額給付金」に関する追加議案の討議が行われました。

 日本共産党は、国会では1回限りの定額給付金は税金を使った選挙買収であり、消費税増税とセットにして後で何倍にもして国民から取り上げること、2兆円は雇用対策や福祉政策などもっと有効に使うべきだと反対してきました。しかし、自公が数の力で(3分の2)再議決してしまいました。ひとたび国会で決まってしまえば、受給権は国民にあり、それを議会が取り上げることはできないと賛成しました。

◆ 給付対象者…今年2月1日現在、住民基本台帳に記録されている人 外国人登録されている人
◆ 給付額は … 1人12,000円、但し65歳以上と18歳以下は1人20,000円 

 また、別に「子育て応援特別手当」が支給されます。

◆ 2月1日現在、3歳以上18歳以下の子が2人以上おり、平成14年4月2日~平成17年4月1日生まれの子がいる場合の第2子以降 となっています。(1人36,000円)

 ややこしいですね。何人該当するのでしょうか?

 今月末から手続きのための案内文書を発送し、実際に口座に振り込まれるのは4月中旬になるだろうとのことでした。

 垣田千恵子議員の質問に対し、ホームレスなど住民票を持たない人は、2月1日現在池田に住んで(?)いれば、補正リストで管理し支給対象とするするとの答弁でした。案内文書が返送されてもできる限り追跡するとのこと。
 また、生活保護受給者には支給額を収入とみなさないとし、他の方同様受け取っても、市に返す必要はないことが確認されました。

 一連の作業は民間に委託(3700万円)するそうです。関連して市はアルバイトを10名前後雇うそうですが、業務も民間委託しなければ、市で直接臨時雇用をもっと確実に増やすことができるのに、委託先に対し雇用の創出を要請するにとどまりました。

 池田市は、給付金を地域振興に使ってほしいと、「ふくまる商品券」第2弾を計画しており(今議会で審議決定されます)、経済効果を上げたい、さらに、学校の耐震化対策など目的指定の寄付金(ふるさと納税)募集などを考えているとの答弁もありました。

 さて、あなたは何に使われますか?
by michiko_fujiwara | 2009-03-06 22:52
 2009年3月5日(木)晴れ

 新潟県長岡市で市役所を名乗り家族構成などを聞き出す不審な電話が相次いでいるとのニュースがありました。一部は「給付金に関するアンケートです」と質問しているそうです。電話は録音された女性の声で、同居の高齢者の有無や使用する交通機関など数項目を質問していたとか。
 市が電話で個人情報を尋ねることはなく、県警は振り込め詐欺などに悪用される恐れがあるとして、注意を呼び掛けています。

 国会で「給付金」財源法案が成立したため、池田市でも追加議案が出ました。明日の本会議で審議し即決されます。2月1日を基準日とし、給付金が支給される予定です。詳細は明日の審議で明らかとなります。

 また、明日は3日におこなわれた市長の施政方針と予算編成方針、教育長の教育方針に対し、各会派からの代表質問が行われます。日本共産党からは白石啓子議員が質問に立ちます。

 「給付金」関連の追加議案審議のあと、公明党、民主市民連合、自民同友会、日本共産党の順(抽選により)に行われます。日本共産党は、いま社会問題となっている雇用問題、削減され続けてきた社会保障の問題、子育て支援、教育、環境、行革問題など45分の持ち時間を使って質問する予定です。ぜひ傍聴にお越し下さい。
by michiko_fujiwara | 2009-03-06 00:24
 2009年3月4日(水)曇り

 昨日から民主党の小沢代表のニュースが紙面を賑わしています。公設第1秘書が政治資金法違反で逮捕されたことによるものです。

 事件は、準大手ゼネコン「西松建設」が小沢一郎民主党代表の資金管理団体「陸山会」に違法献金したとされるもので、大久保秘書は西松建設に金額を指定した上で企業献金を要求した疑いがあるとのこと。
 2006年4月までの4年間で、西松建設からの寄付と知りながら、ダミーとして使われた「新政治問題研究会」など2団体から計2100万円の寄付を受けたとする虚偽の内容を収支報告書に記入したとされています。

 西松建設には陸山会から請求書が送付されていたといい、東京地検特捜部は既に押収。大久保秘書がダミーの政治団体を装った同社の企業献金と認識していた証拠とみて調べを進めているそうです。

 小沢代表は、今回の逮捕を「政治的にも法律的にも不公正な国家権力、検察権力の行使だ」と批判していますが、逆にこの時期の逮捕というのは余程確証がなければ動けないだろう、という評論家の声もあります。

 政党助成金制度をつくった時に企業献金はやめると言っておきながら今では堂々と復活させています。企業からの献金は必ず見返りが期待されるものであり、企業の政治買収となります。政党であれ議員個人であれ企業献金を廃止しないからこんな事件が起こるわけで、それを受取る自民党も民主党も同じ穴のムジナといわれても仕方ありません。

 直ちに企業献金をやめるべきです。当然政党助成金も廃止しましょう。 事件については1日も早い全容解明が必要ですね。

 
 さて、今日は社会保障協議会からの中間報告が届き、介護保険料のため込みについて府内各市の取り崩し額が明らかになってきました。100%取り崩している自治体は報告のあった自治体24のうち10自治体に上ります。
 今議会に提案されている池田市の取り崩し額は、現段階では24自治体のどこと比べても、最低の取り崩し率となっています。これは厚労省の通達にも反するもので大きな問題です。まずは全額被保険者に返すのが筋というものではないでしょうか。

   
by michiko_fujiwara | 2009-03-04 22:27
 2009年3月3日(火)曇り一時雨

 トヨタ自動車九州が現在1000人強いる派遣社員を全員直接雇用に切り替え、いったん期間社員として雇用した上、正社員の登用するとのニュースを見ました。国民の大きな批判についに企業が動いたということでしょうか。 軽自動車のシェア日本一というダイハツも見習うべきです。

 労働者の首切りをして、一時期企業は利益が守られるかもしれませんが、労働者が職を失うということは、同時に消費者を失うことになるわけですから、景気はどんどん悪化し企業だって収益が減少するのはだれが考えてもわかることなのになぜ企業は雇用破壊をやめようとしないのでしょう。

 今や世界的恐慌で海外での利益ものぞめないわけですから、労働者の暮らしを守り地域社会に貢献するという社会的責任を果たすことが求められます。

 EU諸国のように、政府が企業に対する規制を行うことが必要です。規制緩和を繰り広げてきたことが弱肉強食の格差社会を作り上げてきたのですから…。


 3月議会が始まりました。

 今日は、介護報酬3%アップに伴い、その2分の1を交付金として国が補助する、「介護従事者処遇改善臨時特例交付金」をいったん基金に受け入れるための条例提案がありました。

 3%アップといっても一定の条件を満たしていなければもらえない仕組みになっており、なかなか介護従事者の給料アップにつながらないことも明らかとなりました。保険料に跳ね返らないよう国の責任で介護報酬の引き上げをもっと図るべきですね。

 また、病院、水道事業、下水道事業、国保、介護、老人保健、後期高齢者医療、一般会計の20年度補正予算についても審議のうえ、即決となりました。
 水道、下水道、介護保険の各事業は20年度も黒字のようです。

 市長の施政方針・予算編成方針、教育長の教育方針演説も行われました。
by michiko_fujiwara | 2009-03-04 00:07

いよいよ3月議会

 2009年3月2日(月)晴れ

 いよいよ明日3日から3月議会が始まります。

 明日は、08年度の補正予算8件と条例制定1件が審議のうえ即決となります。また、新年度に対し、市長の施政方針、教育長の教育方針演説が行われます。

 日本共産党議員団はすべての議案に対し、分担して質問をすることになっています。

 私は、明日は介護保険事業特別会計の補正予算と後期高齢者医療事業特別会計の補正予算について質問する予定です。

 どちらも、人件費のマイナス補正と、電算委託料。制度の見直しのたびに出てくる電算委託料は、結構バカになりません。後期高齢者医療制度に関しては全額国からの補助金がありますが、介護保険のほうは約半分しか補填されません。電算会社と国は結託しているのではないかと思うほど、毎議会ごとに出てくる電算委託料。優秀な専門家を雇い入れるほうが安上がりではないかと思うのは素人考えでしょうかね。

 水道事業は、使用給水量が少なかったようで下方修正。人口は微増であっても増えているはずなのに給水量が減るというのは、節水意識なのか?節約のためなのか?

 病院も患者数減? などなど質問で明らかになっていくでしょう。
by michiko_fujiwara | 2009-03-03 01:22

無料低額診療事業

 2009年3月1日(日)晴れ

 尼崎医療生協が今日から「無料低額診療事業」をスタートさせました。 

 無料低額診療事業とは、社会福祉法で規定された、生活に困り、医療費の支払いが困難な人に対し(ホームレスも含む)、医療費の減額または免除を行う制度です。病院、診療所、老健施設などが実施主体となります。事業を行うには都道府県、政令・中核市の認可が必要です。のべ患者総数のうち無料・減額の人が10%以上など一定の条件を満たせば、認可されることになっています。

 患者は、医療機関や社会福祉協議会などと相談し無料(低額)診療券が発行されると、窓口負担が免除・減額されます。

 尼崎医療生協は昨年8月中旬から兵庫県に申請相談をしていましたが、厚労省の抑制方針を理由に届け出書類がもらえなかったそうです。

 この問題に関し、昨年9月29日付で日本共産党の小池晃参議院議員が質問主意書を提出しました。

 不況の長期化、格差拡大によって生活困難者は増加しており、無料低額診療事業の意義はいっそう大きくなっているにもかかわらず、1987年以来政府は、「社会情勢等の変化に伴い、必要性が薄らいでいる」として、無料低額診療事業の新規事業開始の抑制方針を出してきました。
 
 小池議員は、「料低額診療事業の抑制方針を転換し、国民の医療を受ける権利保障の事業として拡大を図るべきである」と 質問主意書を提出した訳です。

 これに対し、政府は「低所得者等に対する必要な医療を確保する上で重要」と、事業の重要性を認める答弁書を7日に閣議決定しました。答弁書では、事業の抑制を打ち出した01年の通知について「届出の不受理を求めるものではない」と明記。基準を満たした医療機関から届け出があれば「いずれも受理されるべきもの」としました。

 これを受けて、尼崎医療生協の届け出が受理され今日3月1日からこの事業をスタートさせることができたわけです。これで医療費が払えなくてあきらめていた人が医療を受けることができれば大きな前進だと思います。北海道でも北海道勤労者医療協会が実施しています。

 ちなみに大阪では25施設、ほとんど済生会病院で、大阪市内に集中しています。北摂では吹田、茨木の済生会病院と茨木の警察病院がありました。

 市民病院がこの制度を申請できないものでしょうか?そうすれば遠くまで行かなくても安心して医療が受けられると思うのですが…。
by michiko_fujiwara | 2009-03-02 00:06

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara