藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:「疑惑」( 13 )

2018年3月11日(日)

 森友学園をめぐる財務省の決裁文書改ざんの問題は、この数日間の間に急展開。

 日本共産党の小池書記局長が、「改ざんした書類があるのかないのか、ないと言えないのはあるということだ!」と厳しく追及していましたが、警察が資料を提供しても良いとのニュースが流れたと思ったら、早や改ざんを認める複数の書類があるとの発表。明日からの国会での展開がどこまで事の本質にまで迫れるか、いや迫って欲しいと国民の多くは思っているのではないでしょうか。

 内閣あげて安倍首相夫妻の関与や忖度がなかったかのように野党への答弁をごまかし続けた「疑惑隠し」は内閣総辞職に値する問題です。国会の権威と信頼は地に落ちました。

 東京新聞は「行政が国民欺く行為」と断じています。
 
 1面トップで東日本大震災関連の記事よりも大きくこの問題を報じ、「麻生氏 進退に波及も」との見出しも踊ります。解説記事では「安倍政権に深刻な打撃」と指摘し、「安倍晋三首相への忖度から公文書が改ざんされたのか」、首相や昭恵夫人の関与への疑念が「強まった」と指摘。

 そのうえで、「財務省が決裁文書を書き換えていたとしたら国民を欺く行為と等しく、行政の中立性は根底から崩れる」と厳しく批判。首相は「全容を解明する責任から逃げることはもはや許されない」とトカゲのしっぽきりに終わらせてはならない国民の思いを代弁しているかのように報じています。

 改変箇所についても「交渉経緯や『特殊性』といった文言が削除されていた」と指摘。3面では「誰が何のために」と、社会面では「疑惑の核心隠し」と大きく展開しており、問題点を明らかにしています。

 国会では徹底して問題点を明らかにし、責任を追及して欲しいものです。頑張れ野党!
[PR]
by michiko_fujiwara | 2018-03-12 00:14 | 「疑惑」
2018年3月9日(金)

 佐川国税庁長官が9日付で辞任したとのニュースが飛び交いました。

 森友問題で野党の追及から逃げ切った形で国税庁長官に就任しましたが、確定申告で国民からは厳しい抗議があり、国会ではなかったはずの資料が次つぎと明らかになり、ついには国会議員に提出された資料は改ざんされたものだったと報道されました。本当であれば安倍内閣総辞職に相当する重大な問題だとさらに6野党結束して真相追及に当たると意思統一していた矢先の辞任劇。直接の関与は分からなくても森友問題にかかわっていた近畿財務局の職員が自殺したというニュースもあります。一連の責任を取らされた形でしょうか。

 しかし疑惑は一段と深まったのではないでしょうか。国政を私物化している安倍首相夫妻、それを無かったことにしようとする安倍政権全体の責任です。トカゲのしっぽ切りで終わらせてはなりません。

 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2018-03-09 23:47 | 「疑惑」
2017年12月22(日)

c0133422_25831.jpg 12月議会も最終日を迎えました。

 突然ですが、羽田達也議員がようやく辞職願を出しました。遅きに失したという思いです。

 これまで、昨年10月の逮捕された時と起訴事実をほぼ認めたとして今年4月に保釈された時の2度に渡り、全会一致で辞職勧告決c0133422_27319.jpg議を挙げ、その後の全員協議会で議員全員の前で説得されても辞めないと言い切ったこと、その後今日まで報酬を受け続けてきたことも、決して本心から迷惑をかけたなどと思っていない状況でした。

 住民の代表の方たちが、もう許せないとリコール署名を集め始めてもまだ辞職の気配はありませんでした。少なくともこの時点でやめて欲しかったですね。

 新聞の記事によると、先日の公判で4年6か月の論告求刑があった事を理由にしているようですが、21569筆のリコール署名は有権者の4分の1に相当する数字で、決して少なくない数です。有権者の思いも、辞職への大きな力となったことは否めません。

 それでも、ここまで居座っていたのに辞職願を突然出してきた背景には、来年2月の判決が出るまでに議員を辞職して、社会的制裁を受けたとして執行猶予を狙っているとしか思えません。損保会社にはかなり返金したようですが、報酬を得てそれで返していたのであれば情状酌量だなどと言って欲しくない、というのが正直な思いです。

 判決がどうでるかはともあれ、1年半もの間、翻弄され続けた市議会としては、ようやく終止符を打てたことを喜びたいと思います。

 こうした市議会始まって以来の不祥事を払しょくするため、今日初の議場コンサート、呉服小学校吹奏楽団による演奏がありました。ドラえもんやヒットソングメドレー(恋ダンスも入ってました)ジャクソンファイブメドレーでは、ダンスも披露してくれて、かぶりつきの状態となった私たちは手拍子をしながら楽しませていただきました。

 来年も来てくれるかな?
[PR]
by michiko_fujiwara | 2017-12-22 23:59 | 「疑惑」
2017年12月19日(火)

c0133422_15304045.jpg 昨日、羽田達也議員の最終審理が地方裁判所331号法廷で開かれ、論告求刑が行われました。

 検察側からは、羽田達也被告が整骨院の不正請求を従業員にも指導し利益を得ていたことを具体的事実をあげて4年6ヶ月の求刑が行われました。

 「うちの事業所では全部やっているから」と事務員にパソコンでレセプトの作成を指導し、2~3日しか通っていない日数をマックスまで増やし請求するよう指示、治療部位も1部位のところを3部位にせよと不正指南を行い提出させていた。

 さらに不正請求を増やすため、自分の保険証や従業員や家族の保険証で受けていないのに治療を受けたことにして署名していたり、協力してくれる人を知り合いから集めてこいと指示を出し、保険証を貸してくれた人には5000円の謝礼を、紹介者を連れてきた従業員には3000円給料に上乗せしていた(従業員は雇われの身で従うしかなかった)。交通事故の水増し請求も傘下の整骨院で治療を受けたことにして不正請求を行い、JCBなどのギフトカードを協力者に渡す等従業員を巻き込み不正請求が常態化、常習犯行である。

 市議選当選後の平成27年5月20日に「ときはる総研」の代表を辞職した後も、父親を代表者にしているが父親名義の口座に振り込まれた給料を、数日後自分の口座に振り替えていたり、引き続きライン・ときはる報告を通じ不正の顧客を紹介していたことなどをあげ、事実上の主犯であり詐欺罪が成立すると断罪。

 弁護士側は、社長辞任以前は従業員が不正を行っていても、社長として道義的責任があり罪は認める、社長辞任後は無罪だと主張し、執行猶予を求めました。

 羽田被告にも、意見を述べる機会が与えられました。

 彼は、自分自身で不正をただすことができなくなっていたので、自分自身が会社を離れることだと思っていた。社会に貢献したいと会社を設立したが、縮小することもできず、いつしか会社を維持すること、安定できるならと不正を黙認してきた。不正をただしてから引き継ぐべきだったが、地元経済人と交流を重ねることで救われていたし、正当化させていた。多くの人を傷つけてきたが、解決できない問題はない、(自分には)正面から立ち向かい乗り越える力がある(?)。より堅実な人生を築きたい…と発言。

 なんだかよくわからない意見表明。自分では不正に流され、正せなかったが、乗り越える力がある?…支離滅裂のように聞こえましたが、他の傍聴人はどう受け止められたでしょうか。議員に出ることにならなければ反省もなく詐欺行為を続けていたのではないか。今でも石橋界隈で飲み歩いているとの話がリコール署名中にも聞かれました。法を犯した人間が償いもせず議員の席に居座り続けていて、本当に反省したといえるのでしょうか。損保会社に返金したお金はどこから出ているのか?不正で得たお金は運転資金と謝礼金に消えたと言ってましたが、家を買い、飲み歩き…議員報酬でお金を返してそれが情状酌量になるとしたら納得できませんね。
 
 聞くところによると、3年以上の刑であれば執行猶予はつかないそうですが、3年以下に引き下げ、執行猶予を付ける場合もあり、どうなるかわからないとのこと。

 来年、2月23日(金)の午後1:30~2:30が判決の日時となりました。ぜひ傍聴に行き、どのような判決が下されるのか見届けましょう。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2017-12-19 15:30 | 「疑惑」
2017年11月15日(水)

c0133422_248568.jpg リコール運動の真っただ中ですが、今日は羽田達也議員の公判を傍聴してきました。

 大阪地方裁判所・新館の331号法廷、予定通り13時30分~15時30分までびっちり2時間。3人の裁判官と2人の記録係を正面に、右手に検察官2人、左手に弁護士2人。被告席には今日のメインの羽田達也被告と、弁護士席の前に増田被告が座りました。

 検察官からの訴因変更、弁護人からは増田氏の府市職員組合、全国健康保険組合との示談、健康保険協会大阪支部への返還承諾書・228万9310円の返還金振り込み領収書の確認、損保ジャパン、エスビー損保、三井住友などとの示談交渉中の報告など事務的な手続きの後、羽田被告に対する被告人質問が行われました。

 最初に、前回の質問の答えについて健康保険を使っていたか、もう一度確認c0133422_2504971.jpgをと、弁護士からの質問。

 平成28年10月27日付起訴状によると、保険証を使って「いせさん」らと共謀し、平成23年12月22日~平成26年5月9日分まで29回にわたって不正請求があった。架空請求だったと前回答えた内容を訂正し水増し請求だったと言いたかった。自身の保険証を使っていたことは全く知らない、多く請求した認識はあったが具c0133422_2514688.jpg体的内容は知らなかったと答えていました。

 平成26年5月が最後になっているが、何故辞めたのかの問いに対し、(レセプトを取り扱っている)同友協会会長の“たぶちさん”から「目立つのでやめて欲しい」と連絡があって辞めた。裁判官からの「目立つとはどういう意味か」との問いに、「他ではやっていない事をやっているので目立っているのかと思った。不正に当たるのかと解釈したので、実際確認したらそうだったため止めるように会社に伝えた」と答えています。

 検察官や弁護士からもこの問題で質問があり、具体的に誰の不正請求か、何人分か、その中にあなたの名前はあったのかといった質問がありましたが、1人ではなかったが誰かは覚えていない、自分の名前が含まれているのかとの問いには、よく考えればあったと思う。「あなたの名前で不正請求していることを増田さんに確認したのか」「任せていたので記憶にない」…こんなやり取りで、言質を取られないようにするためか、終始あいまいな答えで、よくわからない、覚えていない、記憶にないの連発。

 この間の公判で、議員になって社長を交代し事業からは手を引いていると答えてきているようですが、ときはる報告(広告?)というライントークには、ずっとメンバーに入っており、患者さんの紹介をしている内容が具体的に紹介されました。検察からの「メールなどを見ると不正内容だと分かるものもある。退任の後もグループは外れていない。経営にディープに関わっているのではないか」と追求されていますが「処罰を受けるような認識はなかった」と答えています。

 紹介をしてくれた人への謝礼一人当たり3000円は、増田氏と2人で決めた。〝よしみさん”という方の取り調べによると、「謝礼を払うから患者を紹介してくれ」と頼んだとのことですが、これに対しては普通の患者さんの紹介のことで不正目的ではないと否認しています。他の名前の紹介者がまだありますが不正にかかわるかどうかという点では覚えていないと答えます。また、謝礼について税務処理はどうしていたのかの質問には、「交際費としてあるいは私への貸付返済」で処理。

 裁判官から、平成23年11月分~26年4月まで自身の施術目的で柔道整体士用の請求書を出しているが羽田氏自身の筆跡かどうかを確認され、「明らかに僕のものでないものもある」と答えています。

 内容を聞くと、子どもと公園で遊んで転び右ひざ関節負傷、友人と酒を飲んでふらつき転倒、子どもと公園遊具で遊んでいるとき…、駅の階段でバランスを欠いて負傷、ゴルフのスイングでバランスを崩して…、子どもを抱っこして落ちそうになったので力を入れたら…、またまたゴルフのスイングで…と言った療養費の請求一覧が表にされていましたが、1事例では2~3ヶ月のものが表にすると常時3種類程度の保険請求をしているような状況が見て取れます。負傷の事実については事実でないところもある、といいつつ具体的には覚えていない…です。自分自身の負傷なのに、日時は別としても負傷の状況を全く覚えていないというのは信じられません。

 役員報酬以外に収入はないと答えていましたが(後で株による投資があると訂正)個人口座に原資不明の入金がある。100万円、20万円、時には100万円を超える金額がまとまって入金されているが…との問いにも、円とドルの投資はあるが、よく覚えていない、わからない…でした。
 
 公判を通して、常に自分は不正の中心に居なかったかのように答えをはぐらかしていました。水増し請求は認めましたが、具体的な事は何一つ分からないの一点張りでした。

 次回は12月18日(月)午後1時半~3時迄、ここで審理を終えるそうです。判決迄にはもう少し時間がかかりそうです。

 メモをしているこちらが、肩をこらせ整骨院に通いたい気分(笑)
[PR]
by michiko_fujiwara | 2017-11-15 23:59 | 「疑惑」
2017年1月11日(水)

c0133422_2343650.jpg
c0133422_2334855.jpg
 

 元維新の会の市議・羽田達也容疑者が4度目の逮捕!

 10日付の夕刊によると、最初の疑惑、池田のときはる整骨院の時と同じ手口です。今度は羽田容疑者の友人・守口門真市消防組合消防士長三宅大貴容疑者が紹介したとされる交通事故に遭った後輩の消防士の治療で、2日しか通っていないのに59日間通ったことにして損害保険金を請求し約40万円詐取していたことによる逮捕のようです。「池田市議や消防士逮捕」に一瞬池田の消防士さんが協力していたのかとびっくりしましたがそうではなくてホッとしました。

 池田で発覚した時に、患者が「ここへ行けば水増しして請求を書いてくれると聞いた」と言っていたのを思い出しました。やっぱり他の整骨院でも同じ不正請求を常習的にしていたことが明らかになりましたね。しかも従業員家族の健康保険証だけでなく、友人まで巻き込んで紹介させていることを見ると、どこまで広がっていくのかわからないくらい悪質です。

 市政をチェックすべき議員が、不正請求・保険金詐取が明らかになった事業所を経営していて、自分は関与していないなどとよくも言えるものです。よしんば100%知らなかったとしても経営者としての責任は免れません。逮捕起訴され、拘留ですから全く議員活動ができないにもかかわらず、辞職もしない。

 維新の足立衆院議員は羽田議員が維新を辞めてしまっているので関係ないが一応お詫びする的な挨拶をしていましたが、自ら説得して選挙に担ぎ出したわけですから、責任をもって辞職させるべきではないでしょうか。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2017-01-11 23:59 | 「疑惑」
2016年6月16日(木)

c0133422_19362012.jpg 今日は朝からの雨で、外回りの新聞配達は明日に。紫陽花の美しい季節です。

 さて、昨日朝からの舛添都知事辞職のニュースがマスコミをにぎわしていますが、私たちにすれば「やっと決断したか」という感じです。日本共産党都議団が4月7日に高額海外出張の実態が明らかにし、その後、公用車の私的使用問題、政治資金の不正支出疑惑も発覚。あきれるほどの公私混同ぶり、しかも初めは不正はないと開き直っていたわけで、居直り続ける姿に誰もがうんざりしていました。

 志位委員長は15日夜の全国決起集会で、「舛添氏を知事にかつぎだし、全面支援した自民、公明の『製造者責任』が厳しく問われます」と発言。さらに甘利元大臣の口利き疑惑の問題も含め自民党の根深い金権体質が問われるとも…。

 いずれにしても、お金を返金し辞職をしたからということで問題は終わったわけではありません。これで決して幕引きとするのではなく、都議会で事実を解明してほしいものです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-06-16 19:27 | 「疑惑」
2016年5月26日(木)

c0133422_23182683.jpg またまた池田市で、不正疑惑のニュース。NHKのほっと関西610に池田が出ているとの連絡を受け、時間的に普段あまり見る機会のないNHK関西845をみました。

 ニュースの内容は、次の通り。

 池田市が出資している第三セクター「池田駅南開発」(大型商業施設「サンシティ池田」の管理を行っている)は、平成23年c0133422_23195215.jpg度決算で屋上の配管などの塗装工事(10月に支出)にかかった費用として570万円を支出したことになっていますが、外部の業者に依頼して調べたところによると、配管に塗装された後はなく実際には工事が行われていない疑いがあることが分かったとのこと。

 池田駅南開発は、サンシティ池田に入るおよそ100のテナントから年間約2億円の管理費を預かっているそうですが、こc0133422_23212221.jpgの工事費のほかにも会社の資金の管理に不正が疑われる恐れがあるとして内部調査を行っている様子。

 現社長の小山さん(昨年就任?)は「高額になっていく可能性がありますよね。工事は工事の内容としてみて金額と業者さんも含めて、私の立場として調べたい」と語っておられました。

c0133422_23224824.jpg テナントさんから何かと噂のあった池田南開発。これは明らかな不正経理と言わざるを得ませんね。このお金は、どこへ消えたのか?一体何に使われたのか?誰が処理をしたのか?当時の経理担当者は、社長さんは何といっておられるのか?ほかにも不正の疑いでもっと出てきそうとのことですがいつからずさんな管理が行われてきたのか明らかにして欲しいです。

c0133422_2323323.jpg この間、整骨院の保険金詐取で前維新議市議の関与があるのではないかとマスコミが沢山池田に来ていましたが、その問題と同時に、今度は出資者として職員も送り出している池田市の管理責任が問われます。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2016-05-26 23:24 | 「疑惑」
 2013年4月10日(水)

 午前中、池田市公共施設管理公社の補助金・委託金の管理状況等(契約のあり方など)を検証する第三者委員会が開かれました。マスコミ各社が会議室前でわんさか陣取っており、私達も傍聴しなくてはと思ったら、非公開。 え~っ!

 午後、担当部長に委員の名簿や会議の流れについて聞きに行って来ました。

 初回なので、会長を決め、公開か非公開かを審議。市の調査委員会がまとめた資料を配布したそうです。

 委員長は、神戸大学名誉教授(財務会計専門)の岡野孝好氏。副委員長は、府警OBで現在会社顧問の入江一郎氏。もう1人は、弁護士の田島義久氏で現在京都府や京田辺市の顧問弁護士をしているとのこと。

 委員会の案内は、8日付けHPで案内されていましたが、この委員会は他でもなく市民が究明を求め注目しているものであり、マスコミに連絡をするのであれば、市民の代表である議員にまず連絡すべきではないのかと質すと、今後は検討すると答えました。

 条例では公開が原則だったのに何故非公開になったのかと聞きますと、個人情報に関わる事と、マスコミがどっと入ると自由な意見が出しにくくなり会議の運営に差し障るということになったとか。しかしそれでは市民からは秘密利に事を進めようとしているように見え、新たな不信を生むのではないか、何らかの方法で公開すべきではないかと質しました。

 議事録の公表についても概要で済ますのではなく詳細なものを作成し、提出も求めたところです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2013-04-11 02:29 | 「疑惑」

記者会見は中止

 2013年2月22日(金)

 今日は公共施設管理公社が記者会見をすることになっていましたが、突然何の説明もなく中止になったんだそうです。TVを見ていた人から記者が怒っていたと連絡がありました。

 別のチャンネルを見ていた方からは、相見積りを出したとされる会社の方がTVで「青野スポーツ社から依頼されて白紙の見積書を預けた」と話していたとか。いよいよ見積書偽造が青野スポーツの手で行われたことが明白になってきました。

 しかしこんなことが日常茶飯事に行われていたとしたら問題です。だからこそ調査をして記者会見をすると言ってたのですが、調査が間に合わなかったのかそれとも何らかの事情ができたのか、理由もなく中止。理由を説明しなければまた不信を生むことになります。

 私たちの調査依頼に対しても真摯な回答を求めたいものです。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2013-02-23 01:13 | 「疑惑」

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara