人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:大震災・災害対策( 34 )

2018年8月23日(木)

c0133422_139303.jpg 台風20号が瀬戸内海に抜けのまま北上しそうです。池田市では、午後1時43分に暴風警報が、午後3時50分に大雨警報(浸水害)が発表され風は強くなっていましたが雨はそれほどでもなく午後6時過ぎに自宅に帰りつきましたがようやく夜中になって風雨が強まり台風到来という状況です。この先の進路が気になるところです。

 先日、大阪府市議会議長会総会がKKRホテル大阪で行われ、もろもろの総会議案の後、災害対策についての研修会がありました。
 「想定を超える災害にどう向かい合えばいいのか~危機に主体的に備えるために~」と題して東大大学院情報学環・特任教授の片田敏孝氏の講演です。

 キーワードは、災害の激甚化…6月には大阪北部地震が震度6弱でしたが、東日本大震災以降火山の噴火が多いこと、海水温度が異常に高い(これは膨大な雨が降ることを意味する)、台風の巨大化が心配です。7月の豪雨災害では死者が220名行方不明10名という被害が出ました。堤防が必要だけれどそれだけでは守り切れるものではない。特別警報、数十年に一度、などこれまでに経験したことの無いような重大な危険が差し迫った異常な事態にある…と語られます。

 行政からの情報提供・ハザードマップは住民はあまり見ていないし活用されていないとのこと。日本の防災は行政主導だけれど、広島の土砂災害を見ても「我がこと感」を持っていなかった。災害過保護はひ弱な住民をつくる。自然災害に関しては、自助・共助・公助が一体となって地域社会として自然災害に立ち向かう社会の構築が必要だと述べられました。

 これからの地域防災を考えるにあたり、アメリカ型防災における住民避難とキューバ型防災における住民避難、そして日本における住民避難について紹介されました。

 アメリカでは、砂漠のようなところにとてつもない雨が降ると海のようになるそうです。高波による浸水の恐れがあり380万人に避難命令が出ると実際には650万人が避難したとか。必要のない内陸部の人まで移動するんだとか。避難命令が出ると道路は大渋滞となり時間がかかるため、早めに逃げる…自分の命は自分で守る文化があるそうです。

 キューバは防災先進国と言われているようですが、そこにはキューバ共和国の国民と政府の関係性がある…と。2005年のハリケーンカトリーナは、アメリカで1836名の死者を出したがキューバではゼロだった。
 キューバは医療費無料、教育費無料、食糧の配給、年金支給、乳幼児死亡はアメリカの10分の1、医大がいっぱいあり高度医療が施されている、憲法で国民に健康と最高の幸せを保障すると謳い、有機農法を使うなど、政府が健康を守ってくれるといった信頼感のもとで何の不安もない暮らしが背景にあります。災害で住家が壊れてしまったら国が資材を届けてくれるそうです。
 だからこそ、政府の姿を国民が信頼し、「政府も頑張っているから我々も頑張る」となる。民の徹底的な信頼関係+地域の一大事に官民挙げて共に向き合う連帯連携関係によって、みんな豊かに、みんな幸せに…が共通目標になっているとのことでした。

 日本だって同様の素晴らしい憲法を持っているのに、その通りにしているかどうか、ですね。

 そして日本における住民避難は…。昨年7月の九州北部の豪雨災害で死者40名行方不明2名の被害となりました。その後住民と市が協力をして自主防災マップを作り、みんなで逃げよう、みんなで入れない避難所を無くし、この間記録的短時間大雨情報が7回も出されてきたが一人も死ななかった。それは避難開始の決断は個人では判断が難しい…「自分は大丈夫」という心理的な抵抗、「そろそろ止むでしょう」との正常化の偏見がある…と言います。
 なので地域でルールを決め地域で判断することが大事。みんなに声を掛け合う、地域みんなで周囲を観察し見つかった情報を非難に生かしてみんなで逃げることだそうです。

 釜石では、「みんなで逃げる」を子どもたちにも徹底していたことです。幼稚園児も災害が起きたら直接逃げるとお母さんが知っていたら、お母さん自身もそれを信じて逃げることが出来る。確か地域では「津波てんでんこ」って言うんでしたね。それで子どもも母親も助かったということを思い出しました。

 私たちは、どうすべきか、もちろん、行政の災害対策はもちろんですが、住民一人ひとりが自らの命を守るためにどうすべきか、行政も地域も一緒にどう避難行動をするのかを日常的に考えていくことが大事だと思います。今の生活状況、働き方などによっても避難の仕方は違うかもしれませんが、昨今の災害の多さに、身につまされる思いです。 

 
by michiko_fujiwara | 2018-08-23 23:31 | 大震災・災害対策
2018年7月30日(月)

c0133422_041286.jpg 台風12号は愛知県から西日本を逆走し、被災地を不安に陥れました。

 池田でも台風直撃かと、各地のお祭りも中止し、雨戸を閉め、土のうを積むところもあったようですが、それぞれが備えをしながら暴風の夜を過ごしました。

 幸いにも雨量は総量で50ミリ強程度にとどまり浸水被害は免れましたが、3つの中学校で倉庫の屋根が吹き飛ぶ(フェンスに引っかかって、道路をふさいだり、民家や建物への被害なし)、別の学校ではフェンスの支えが浮き上がりフェンスが傾き、もう一か所は倒木で通路を塞ぐなどの被害がありましたが、それぞれ手早く処理されました。屋根のなくなった倉庫や傾いたフェンスは処分を検討中。

c0133422_045193.jpg チキンラーメン館の銅像の前の花水木は倒れ掛かっていたようで、すぐに撤去されました。台風の直後ですがラーメン館には見学客の列が続き、普通の休日の様相。

 地震、豪雨、台風とあまりにも続く災害に、なすすべもない状況を見ると、自然との共存の難しさを感じます。必要以上に自然を壊してきた人間への警告でしょうか。

c0133422_165931.jpg 今日ある教室に行くといつも10人ほどの方たちが、今日は4人。クーラーを低くしすぎて足を痛めた方、クーラーをつけないで体調を壊す方様々です。男性用の日傘が流行っているようですが、炎天下の時間帯はできるだけ涼しい場所で過ごされるのがよろしいかと…(*^^)v
by michiko_fujiwara | 2018-07-30 23:41 | 大震災・災害対策
2018年7月6日(金)

c0133422_042939.jpg c0133422_051557.jpg








 昨日から激しい雨が降り続いており、土砂災害の危険が高まっています。

 6日20時現在の市対策本部からの情報によりますと、五月丘5丁目1番の一部で土砂災害発生の恐れがあるとして、今すぐ五月丘小学校へ避難するよう避難指示が出されました。

 23時現在避難指示の対象となっていた世帯はすべて非難されたそうです。土砂災害が発生する恐れのある個所については、今後対応の予定とのこと。

 また、その他避難勧告により避難されている方は、午後6時段階で、秦野小学校、池田会館、五月丘会館に合計5世帯16名の方たちが避難されている模様。5日にほそごう小学校や人権文化交流センターのおられた方々は自宅に帰られたようです。

c0133422_074925.jpg 夕方、猪名川の様子を見てきました。降雨量の多さからか、一庫ダムからの放流を午後1時6分に150㎥から300㎥に増量したためか、再びグラウンドが冠水していました。平成26年の時よりは低いかなと思いましたが、川と河川敷の区別はかすかな緑の木々が点々と見えること、一部濁流のように流れの激しいところがある場所で判断できる状況で、広い川と化していました。土手にまでは届いていませんでしたので少し安心したところです。

 市内道路の一部で冠水が発生しているらしい情報もあります。
 また、五月山ドライブウエイの秀望台付近で土砂崩れや倒木があり、通行止めは現在も続いています。旧山の家の下のがけに亀裂が確認されたそうです。ご近所の方はご注意下さい。

 地域の行事やイベントも軒並み中止となっていますが、「ノーモアヒロシマ、ノーモアナガサキ」と毎日各自治体を歩いておられる平和行進が、明日池田に到着し、集会後川西に向けて出発します。大阪から、兵庫につなぐ日として毎年7月7日に通過します。東京から広島根の幹線コースですが、全国各地で網の目のように行進して平和を訴え、幹線コースに合流しています。雨が降りつづく中ですが、核兵器のない社会をめざし、一歩でも2歩でもご一緒に歩きませんか?
 私も参加する予定です。
by michiko_fujiwara | 2018-07-06 23:58 | 大震災・災害対策
2018年6月30日(日)

 6月18日の大阪北部地震直後には、気づかなかった亀裂が雨が降り続く中で今頃気づくということが往々にしてありますが、伏尾台の幼稚園周辺の擁壁に大きな亀裂が入っていることがわかり、調査の結果危険宅地という判定が下されました。幼稚園は29日に臨時休業をし、29~7月1日の3日間で旧伏尾台小学校に仮移転することになりました。

 伏尾台は造成地ですから、切土、盛土など地域によって違いますが、同様の擁壁に亀裂が入っていることも考えられるため、職員の「被災地宅地危険度判定士」が伏尾台地域全体の擁壁点検を行うことになりました。事故になる前に気がついてよかったですが、他の地域でも同様のことがあるかも知れません。是非ご注意ください。また、再点検するぐらいの注意が必要ですね。

c0133422_0324360.jpg 知人のうちも大した被害はないと思っていたようですが、今頃になって門柱が、V時の形にぱっくりと割れているのに気がつきました。取り替えざるを得ない状況です。ついでに耐震診断をしてもらいたいとの声が寄せられました。

 数日経って気づくことがあるという例ですが、梅雨時期に重なったことで、雨が降って屋根が傷んでいたことが分かったり、雨のせいで地盤が緩んだりと新たな変化が見えてくるものです。改めて身の回りの変化がないか注意しましょう。c0133422_03348100.jpg 
by michiko_fujiwara | 2018-06-30 23:38 | 大震災・災害対策
2016年9月4日(日)

c0133422_0122996.jpg 荘園で第1回の防災訓練が行われました。午前9時に災害発生、荘園会館に避難するという想定です。

 災害が発生したら、役所の人が来るのを待っていたのでは間に合いませんから、日常的にどう避難すればいいのか、減災対策は、要援護者といわれる人を誰が避難誘導するのか、病人やけが人への処置はなどなど訓練はとても大切です。

c0133422_0132461.jpg 今日は、荘園会と荘園自主防災会主催で、池田市危機管理課、池田市消防本部、池田警察の協力を得ていくつかのプログラムを実施。

 危機管理課からは日頃の心構えが大事だと何をすべきか講習がありました。
 池田は津波は想定されてなく地震を想定している。阪神淡路大震災の時には9割が家屋の倒壊、家具が倒れて亡くなc0133422_0142872.jpgるという状況だった。対策さえしっかりしておけば死亡ゼロも不可能ではないとおっしゃっておられました。

 まずタンスチェック。終身場所に家具を置かない、出入り口に家具を置かない。家具やインテリアは、倒れたり、飛んできたりとても危険です。家具は倒れないように固定し、棚の中身が飛び散らないようガードや金具を取り付けることも災害対策の一つです。

c0133422_0164351.jpg また、昭和56年以前の耐震基準は不十分なため耐震診断を受けること、池田市では耐震診断、耐震設計、耐震工事に補助金が出ます。リフォームのついでに耐震工事もぜひして下さいとのこと。

 災害では火災の発生が多く、電化製品からの火災発生防止のためには災害時にブレーカーを落としておくことも大事、てんぷら油火災などには強化駅タイプの消化器が良いそうc0133422_018667.jpgです。備蓄もローリングストックで使った分だけ補充をする。少なくとも1週間分は備蓄をしましょう。

 その他消防士さんからはAEDの使用方法についての説明があり、熊本地震での炊き出しの経験…子ども食堂を準備しておられたアジサイ食堂の岡村泰治(上地流空手道4段・武術活気術師)さんが衛生面を重視して6万食提供したこと、子どもたちの協力が高齢者を和ませていたこと、などプロc0133422_0204061.jpgジェクターで報告を聞きました。

 要支援者の救助、避難誘導など実施し、アルファ米による炊き出し給食をいただきました。私たちが会館に集まっている間、要支援者の安否確認、警察による空き巣防止パトロールなどしていただいたようです。キッズ隊の皆さんも誘導班や給水・給食班として元気にお手伝い。会館がいっぱいになる住民参加でした。準備されたスタッフの皆さんお疲れ様でした。
by michiko_fujiwara | 2016-09-05 00:24 | 大震災・災害対策
2015年5月8日(金)

c0133422_0235755.jpg 今日は、定例宣伝を活用して、ネパールの地震による被災者支援募金活動も行いました。

 4月25日、マグニチュード7.9の地震で大きな被害を受けたネパールでは建物倒壊などで7千人近くの死者、1万6千人もの負傷者がが出ているそうです。病院も医薬品が不足。54万戸の倒壊にテントや防水シートも不足。支援物資もとても足りない様子。

 阪神淡路大震災の時も、東日本大震災の時も世界各国から支援をいただきました。今度は日本からネパールへ暖かい心を送りましょうと訴えてきました。今日は女性の方が多く募金していただきました。有難うございました。

 議会は今日、新人議員の研修会が行われていました。議会のルール等説明会と午後は市の施設見学と一日がかりのようでした。そういえば私たちも「本会議質問は3回できますが、2回目、3回目はより深く質問するように」と言われていたのを思い出しました。

 主な施設は連れて行ってもらいましたが、その他の施設の場所もよくわからなかったため、会派で施設めぐりをしたこともありました。

 市政の内容は、これから市民の皆さんの声が届けられるようお互いに勉強しながら市民要求実現のために頑張ってもらいたいものです。

 
by michiko_fujiwara | 2015-05-09 00:28 | 大震災・災害対策
2015年1月17日(土)

 阪神淡路大震災から20年。死者6434人、家屋全半壊約47万世帯。死者のうち約8割の方々が倒壊したがれきの下敷きになっていたと言われています。

 20年という歳月が、あの時の危機感を忘れかけていましたが、川向うの兵庫県ほどではなくても池田でも多くの家屋が被害を受け、道路に亀裂が走り、水道管が切れ、全国の皆さんからお見舞いをいただきました。その前年の集中豪雨による水害に続いての災害で、しばらくの間は服を着たまま寝たり、備蓄品を集めたりしたものです。

 当時勤務していた民主商工会でも、婦人部の人たちと炊飯器を持ちより、お結びを握って、単車で兵庫の人たちに届けるために男性事務局が走った事を思い出します。

 NHKの特集ドラマ「20歳と1匹」を見ました。震災で両親を亡くし祖父母に育てられた青年が、災害救助犬・キューと出会い、そのハンドラ―(訓練士)になるドラマです。危険と隣り合わせの救助現場に出かけるため祖父母に反対され、本人も就職のための腰掛のつもりで中途半端な活動をしますが、自分が、訓練場のがれきの中に落ち込み、キューに助けられるところから真剣に訓練士をめざします。

 主人公の名前が「藤原君」ということで、ついつい見てしまいました。NPOのレスキュードッグ協会で訓練士になっていく設定ですが、こういったNPOも貴重な存在です。運営が大変で寄付金を集めながら活動をしていますが、ドラマだけではなく実際にもこうした活動をされている人たちがおられます。

 つい先日安倍政権が発表した予算案の中で、史上最大4兆9800億円の軍事費、しかもオスプレイ5機や水陸両用車30両購入する予算を組んでいますが、これら他国を攻め入るための武器を購入することよりも、この予算があれば公的レスキューを増やし、NPOを支えることが出来るし、阪神淡路の被災者が住んでいる復興住宅を追い出すようなことにはならないのではないかと怒りも感じるところです。

 
by michiko_fujiwara | 2015-01-18 01:35 | 大震災・災害対策
 2013年10月18日(金)
                                     c0133422_1541944.jpg
 「地震からこどもを守るハンドブック」第2弾、9月4日の続きです。

 「こんなときどうする?」前回は自宅で被災した時でしたが、今回は“外出先”で被災した時です。

 まず、普段から用意しておくもの・・・ベビーカーの時もおぶいひも(おんぶひも)を用意すること。そして、ミルクセットとおむつは常に1回分多めに持つ。マスクもこども用と自分用を用意、但し赤ちゃんは息が詰まりやすいのでマスクは使わないほうがいい…とあります。
                                 
 さて、地震がおきたら、①まず最初の揺れから身を守る…落下物のある場所(ガラス、吊り天井等)を避け、背の低い什器のの横に伏せ、だんごむしのポーズをする。
                                    c0133422_1585356.jpg
 ②落ち着く…揺れがおさまったら、一呼吸おき手持ちのお菓子をこどもと自分の入れる(血糖値を上げデマにまどわされにくくする。
 おんぶしているこどもには(おかあちゃんがいるから大丈夫よ!と言いながら声をかけて安心させることが大事です。その際、リュックならひもをゆるめ少し歩ける子が迷子の危険あり。
                                    
 ③ベビーカーは邪魔にならないところにいったんおき子どもを抱っこ。誘導に従いこどもとあるいは避難する、いちばん大切なのは絶対にはぐれないこと。

 ④安全を確保してからメール・・・災害用伝言板ダイヤルは171。携帯各社など伝言板を活用。

 ⑤海や川のそばに近づかない。大阪市内でも津波の危険はあります。3階以上の頑丈なビルに避難しましょう。

 ⑥電車はしばらく止まります。1泊することを覚悟する。疲れないうちにデパートなど帰宅困難者対策の整った施設をさがす。同じようなこども連れを探し、一緒に行動する⇒犯罪から身を守りやすい。お互いに協力し合える可能性が高い…としています。

 家族とはなれて被災したときどうするかも話し合っておきましょう。
 夫の勤務地が20km以上はなれているときはムリに帰らない。交通が復旧するまで、元気なら連絡のみとり合い、避難所で働いたほうがよい場合がある。公務員、医者など職業によっては配偶者が帰れないことを覚悟しておく。

 また、園や学校、ならいごと先と万一の場合の対応を確認。無理にお迎えに行ったために被災してしまうこともある、ということのようです。
by michiko_fujiwara | 2013-10-19 02:01 | 大震災・災害対策
 2013年7月12日(金)

 福島第1原発の汚染水がどんどん拡がっている様です。

 先日はわずか3日間で地下水のセシウムが91倍に急増しているとの記事が出ていましたが、今日の夕刊では建屋の海側の地中に放射性物質の汚染が拡大している可能性があるとのこと。

 東電は今日、これまで放射性物質が検出されていた観測井戸より200メートルほど南の井戸からも11日採取の水からストロンチウムなどの放射性物質が検出されたと発表。3号機タービン建屋の海側にある観測井戸「3」で採取した水から、ストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質が1リットルあたり1400ベクレル検出されたそうです。これまでは検出限界値を下回っていたようですから今回の結果は汚染の広がりの可能性があるということです。

 継続してデータを分析する必要はあるかもしれませんが、高濃度の観測が確認されている観測井戸「1」と「3」のほぼ中間にある井戸「2」でも同様の放射性物質が1400ベクレル(9日の時点では910ベクレル)検出されています。8日に採取した水から1700ベクレル検出していたとの報告もありました。

 海側の地中にも汚染水が流れ出ているとすれば、海にも流れ出ている可能性もあり、海の幸にも影響がでてきます。
 一方、福島県の市町村が行う除染予算、6割以上も使われていなかったことも明らかになりました。私たちの復興増税分は一体どこへ使われているのか。25年も庶民から取り上げて復興に使われないんじゃ増税するなと言いたいですね。

 福島第1原発事故は「収束」どころか一層深刻になっているじゃないですか。これまでよりも厳しい安全基準などと言いますが、原発に安全な原発はないし、ひとたび事故が起きれば収束すらできない、被害者への救援も放置したまま、何が再稼動申請ですか、なんで恥ずかしげもなく輸出しようというのか。

 つまり企業の利益、アメリカの利益第一で国民の命はどうでもいいと考えているのが政府与党ということですね。危険な原発は止めると言っていたのは一時のことだったようです。

 脱原発の願いは、この自公政権には届かないと言うこと。自民党政治に正面から対決する日本共産党を躍進させる以外に再稼動を止め、原発を廃炉にすることなどできません。

 福井でもし大きな地震がきたらどうなるか、大阪の水がめ琵琶湖も、池田の水がめ一庫ダムも余野川も猪名川も汚染され使えなくなる可能性があります。事故が起きてからでは間に合いません。原発再稼動NO、自然再生エネルギーへの転換をはかりましょう。
 。
by michiko_fujiwara | 2013-07-13 00:12 | 大震災・災害対策
 2013年4月13日(土)

 明け方5時半頃グラグラッと大きな揺れに身がすくみました。阪神淡路大震災を思い起こすような揺れにどきっとしましたが、物が壊れる音もなく、余震もないようなのでそのままウトウト…。

 でも布団の中で揺れが収まるのをただじっと待つ自分を思い起こすと、もし家が壊れるほどの地震だったら私は間違いなくその下敷きになっていたでしょう。いざというとき中々機敏に動けないものだと思い知りました。まだ1週間は余震がおきる可能性があるそうです。

 あとでニュースを見ると、淡路島で震度6弱、マグニチュード6.3とあり津波の心配はなし、大飯原発に異常はなかったとのこと。大阪府では岬町の震度5弱の他はほぼ震度4。被害者は兵庫、大阪で18人、岡山、徳島、福井を合わせると23人が怪我をされたとのこと。心からお見舞いを申し上げます。

 阪神淡路の余震の可能性があるとも言われていますが、18年たっても余震というんですね(鳥取地震では40年後に余震があったとか)。ただ、今回は「逆断層型」で「横ずれ断層型」の阪神とは自身のタイプは違うとのこと。

 案の定、東日本大震災で被害を受けた大阪府の咲洲庁舎(旧WTC)ではエレベーター32基中22基が一時停止したそうです。やっぱり府庁は地盤のしっかりした元の庁舎に戻すべきではないでしょうか。
 
 いよいよ学校耐震化を急がなくてはなりません。学校だけでなく各施設、個人住宅を含めて耐震化が急がれます。そのためにも住宅への耐震補助の内容ををもっと市民に知らせる事、リフォーム助成制度の創設で市内業者からの営業を兼ねた宣伝も効果的だと思うのですが…。
by michiko_fujiwara | 2013-04-14 00:29 | 大震災・災害対策

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara