藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:市関連行事参加( 60 )

2018年9月9日(日)
c0133422_1472495.jpg


c0133422_1484181.jpg 「宝くじスポーツフェア はつらつ ママさんバレーボール in 池田」が五月山体育館で開催されました。主催は大阪府、池田市、一般財団法人自治総合センターです。

 宝くじの社会貢献広報事業として、日本バレーボール協会の協力のもと、オリンピック経験者、世界選手権などの経験者などで編成されたドリームチームが来池。市内のママさん選抜チームとフレンドリーマッチが行われました。午前中はバレーボール教室で指導を受けたようです。

 開会に先立ち北摂チアリーディングクラブのディアーズが開会に花を添えてくれました。アクロバットさながらに子どもたちが宙を舞います。ポンポンで「ガンバレ」とメッセージ。

 池田在住の金メダリスト大古誠二元全日本監督(五月山体育館の名誉館長)や東京オリンピック金メダリストの谷田絹子さんも出席のもとで開会式が行われました。

 ドリームチームメンバーを一人ひとり紹介し、私たちともハイタッチ。江上由美さん、川合俊一さん、ヨーコゼッターランドさん、坂本清美さん、多治見麻子さん、佐々木みきさん、宝来麻紀子さん佐野優子さん…このあたりまではオリンピックや世界選手権などTVで試合を見てましたから名前にも聞き覚えがあります。落合真理さん、吉澤智恵さん、藤田夏未さん、鳥越美玖さんはまだ若いメンバーです。

 池田市選抜チームとの試合は9人制で行われましたが、コートが狭い。みんな背が高くネットにつくと高い壁となります。アタックも強いし切れがいい。川合俊一さんがコメンテーター。最初は選抜チームの緊張感が伝わるようでしたが、徐々に動きが良くなり、5点は取りたいと聞きましたがラリーが続く中でなんと15対9と大善戦。得点するたび大きな歓声が上がりました(^^)
 狭いコートで人口密度が高いと勝手が違うようでした(笑)

 レベルの高い練習を受けたママさんたちは、大きな収穫が得られたことでしょう。



 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2018-09-09 23:58 | 市関連行事参加
2018年9月2日(日)

c0133422_1163542.jpg 昨日・土曜日は、水月公園で「いけだ夢燈火2018」が開催されました。
 南の空は晴れているのに、開会時間が近づくと西側から黒雲が…やっぱり私は雨女か?にわかに傘の花が開きます。しかし参加者の皆さんの熱気で雨を吹き飛ばし,何とか点火できました。

 2001年6月8日の大阪教育大付属池田小学校児童殺傷事件で8人c0133422_1184817.jpgの児童の命が奪われました。子ども達の平和と安全を願って開始された「いけだ夢燈火」が今年で17回を数えます。手作りのキャンドル約1000個にみんなで灯をともしてきました。教育大付属池田小学校や緑丘小、石橋小の生徒たちもろうそく作りに参加されたようです。 LOVE PEACE の灯が見えるでしょうか ??
 今年もみやぎ夢燈火から、養護学校の生徒たちが作ったろうそくを持って石川先生が出席され「おばんです」とご挨拶いただきc0133422_1195387.jpgました(^^)

 セレモニーの後は、ほのあかりコンサート。太鼓演奏に始まり、子どもたちのダンス、池田クレモナモダンタンゴラボラトリーの歌と演奏・・・雨はすっかり上がったようです。


c0133422_1214646.jpg 今日・日曜日は市民健康フォーラムが保健福祉総合センターで開催されました。

 講演は市立池田病院の白内障手術について10分~15分程度で済むこと、眼内レンズの由来、手術の内容、設備、手術のタイミング、手術室の様子など丁寧なお話でした。

 フロアでは生活体力チェックなどが行われ、私のバランスc0133422_1224976.jpgチェックは満点の50点・40才のバランス度だと言われやった~ ✌。動体視力反応は51才、心と身体のバランスは58点でリラックス度40%…全体的にほぼバランスが良い状態。しかし部位毎に見ると崩れているらしい。
頭部と左肩に交感神経優位とありましたが、これに該当する方へのお薦めは「癒し型のストレス解消法」…少しの時間、横になって休む…とあります。えっ血圧は高い?ヤバい!
[PR]
by michiko_fujiwara | 2018-09-02 23:59 | 市関連行事参加
2018年8月18日(土)

c0133422_1542728.jpgc0133422_1572241.jpg 今日は猪名川の花火大会でした。今年で70回を数えます。
 猪名川の両岸、池田市と川西市の共催ですから、両市長のご挨拶で始まりました。

 カウントダウンで始まるオープニングは迫力満点。約4000発の花火が打ち上げられました。
 今年のテーマは「猪名川Innovation創造と革新」だそうです。光の波動と紹介されましたが、上に打ち上げる花火に加え、横に光が波打つような花火は確かに去年にはないものでした。ちょっとオーロラのように…。

 今年は、関西エアポートのキャラクターの「そらやん」も登場(あれかな、うんきっとあれだ!)たっぷり1時間の打ち上げ花火を堪能しました。

c0133422_1582210.jpg 猪名川の花火大会は戦後まもない1949年(昭和24年)に、猪名川に感謝をささげる水の祭典として数百発の打上げ・早打ち・仕掛け花火を実施したことが起源なのだそうです。当時の新聞報道によると、京阪神各地からの来場客数は約10万人。池田市の人口丸ごと猪名川に集まったかと思うとすごいですね。

 ところで、日本で花火が打ち上げられたのっていつ頃なんでc0133422_1591884.jpgしょう、「かぎや~」「たまや~」ドラマなんかで見ると、江戸時代からはありましたよね。

 ついでに調べてみると、花火の元となる火薬が日本に伝わったのは1543年の種子島に流れ着いたポルトガル人の影響だったと言われています。

c0133422_20737.jpg そして1613年に徳川家康が日本人で初めて花火を見んだそうな。徳川家康が見たのは打ち上げ花火で、それがきっかけで将軍や大名の間で流行し、やがて江戸の町民にまで広まったらしい。

 実際に“花火大会”として花火があがったのは1733年のこと。

 前の年に大飢餓とコレラが流行し大勢の死者が出たそうで、将c0133422_211493.jpg軍徳川吉宗は慰霊と悪霊撤退、人々の無病息災を願って、川開きの5月28日(陰暦)に隅田川で水神祭を行い、花火を打ち上げたのだとか。そうか暴れん坊将軍吉宗の時代に民の命や暮らしをまもろうとしたんですね
c0133422_221464.jpg
 これ以来、川開きの日に花火が打ちあがることが定番となり、全国で夏の花火が定着したのだそうです。

 教育大付属の児童殺傷事件があった年、自粛の意味であらゆる行事が中止されましたが、開催するかどうか意見の分かれるところがありました。亡くなった子どもたちの慰霊と事件を繰り返さないことを願って、開催しても良かったのかもしれませんね。

 さて今年は、ふるさと納税の返礼としての座席指定は125席になったそうです。打ち上げの正面に当たる特等席です(*^^)v
[PR]
by michiko_fujiwara | 2018-08-18 23:48 | 市関連行事参加
2018年7月1日(日)

c0133422_1131158.jpg 池田の伝統行事「ガンがら火祭り」の作業所開所式に出席しご挨拶させていただきました。

 8月24日の地蔵盆の日に愛宕神社の火を1本90㎏ほどの大松明に点して燃え盛る松明を市内で引き回す勇壮な行事です。これから本番までに松明が作られることになります(^^)

 がんがら火祭りは、江戸時代(1644年・正保元年だそうです)から受け継がれてきた歴史ある行事です。火事場装束で火の粉を受けながら松明を担ぐ様は見る人に感動を与えます。城山町の保存会では愛宕神社からの火をもらって、がんがらがんがらと半鐘を鳴らし子どもたちが歩く姿も見ることが出来ます。また京都5山の大文字焼き同様、五月山へ小さな松明を持って「大一」と縦に焼く大文字焼き、建石でも「大」の字の大文字焼きが行われます。

 かつては、猪名川の花火大会と同じ日で、どちらを観ようかと悩んだ末、松明の付け替えをする新田本店さんの前で、がんがら火が着くのを待ちながら花火を見ていたものです。最近では別の日に花火大会が行われますから2倍池田の夏の風物詩を楽しめることになりました。

 ところが、最近では材料となる肥松がなかなか手に入らない、担ぎ手が少なくなっているという新たな悩みがあるようです。

c0133422_1134739.jpg 午後はくれは音楽堂へ。
久し振りに「勝ち猫」さんのロックンロール劇場を観ました。最初にミュージックバルで聴いた時はメンバーが2人でしたが、今は4人になり、一段とエンターテイナーになっていました(^^)
#クレモナ・モダンタンゴ・ラボラトリーの演奏とのコラボで、楽しいひとときを過ごしました。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2018-07-01 23:52 | 市関連行事参加
2018年6月28日(木)

c0133422_23404271.jpg 池田観光案内所のリニューアルオープンセレモニーに参加しました。

 雨がぱらつきかけ心配しましたが、無事に式典が行われました。市長と議長のあいさつの後テープカット。蒸し暑い中、ふくまるくんも出動しました。角の電信柱がちょっと邪魔ですが車が飛び込んでくることはないでしょう。

c0133422_23431975.jpg 新たな観光案内所には、チキチキ探検隊が入り、池カラ(唐揚げ)やチキチキサイダー、ソフトクリームなどの販売を加え、窓際にベンチを置き、そこで食べられるようにしたようです。ふくまるやウォンバットグッズなどが置かれていますが、池田のお店紹介などは、駅のインフォメーションセンターとの棲み分けを図っているのでしょうか。

c0133422_234549100.jpg 観光案内所は、インスタントラーメン館への通り道ですが、ラーメン色になった外観から見ると、チキンラーメンに特化したような観光案内所のようにも見えます。食事ができるのも嬉しいですが、池田まるごとテーマパークとするなら、知られざる池田の名所旧跡を大きく映像で紹介するなど、観光案内所前でのアピールも欲しいなあ…などと思う私でした。


c0133422_23471686.jpg
c0133422_2348826.jpg


 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2018-06-28 23:51 | 市関連行事参加
2018年4月13日(金)

c0133422_126333.jpgc0133422_129216.jpg 昨日は、2015年から発掘調査し保護工事が行われていた「池田茶臼山古墳」の完成報告会が行われました。木が茂っていた古墳はすっかり様相が変わり、本来の前方後円墳の姿がはっきりしてきました。上空からの写真がパンフレットにありましたが、まさに古墳であることが分かります。(右の写真が以前の姿)

c0133422_128116.jpgc0133422_1335645.jpg 円墳の頂上まで登れる階段がつくられ、周辺の木々も間引くように伐採されたので市内が見渡せます。登り口には多言語対応の説明版が設置され、タブレットでユニボイス(QRコードみたいなもの)を写し取ると、英語や中国語、ハングル語で説明してくれます。

c0133422_1343653.jpgc0133422_1345975.jpg 案内板の説明には、大阪府史跡・昭和46年(1971)3月31日指定とあり、

 池田茶臼山古墳は、猪名川流域に点在する古墳時代前期(4世紀)の前方後円墳の一つ。昭和33年(1958)に発掘調査が行われ、全長6.35mの竪穴式石室を有し、埴輪列、埴輪円筒棺も確認されています。調査後は公園として整備されましたが、永年の風雨により墳丘が流され形が変わってしまいました。そのため、保存対策のため平成27年(2015)、平成28年(2016)に発掘調査が行われました。

c0133422_1362973.jpgc0133422_13729100.jpg 調査の結果、前方部端部の調査地では、古墳の裾に人頭大の基底石とその上に拳大の葺石が残っていることが、また後円部と前方部が接するくびれ部の調査地に接するくびれ部の調査地でも、古墳のすそ野に人頭大の基底石が残っていることが確認できた。さらに本来古墳に並べられていた円筒埴輪が転落状態で見つかりました。

 葺石・基底石・埴輪などを確認したことにより、古墳は当初石でおおわれ埴輪がめぐらされていたことや、全長59.5m、後円墳の幅34m、前方部の幅18mと古墳の正確な大きさが判明しました。

 平成29年(2017)、平成30年(2018)、これらの調査成果を基に、大阪府宝くじ社会貢献広報、市町村補助金を得て盛土や植栽を実施し、古墳の保護を行いました…といった内容が書かれています。

c0133422_1402798.jpg 古墳部分にはおかめ笹が植栽されており、その周辺は芝のようなヒメイワダレ草(写真)が植栽されています。夏ごろには地肌を隠すようになるらしい。ライトアップ用の照明も設置されています。普通お墓には夜近づきたくありませんが、遺跡となるとまた違うようで、観光名所の一つとして売り出したいようです。

 リニューアルされた茶臼山公園に是非お越しください。
 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2018-04-13 23:52 | 市関連行事参加
2018年4月10日(火)

c0133422_04747.jpg 今日は幼稚園の入園式。ひかり幼稚園に出席してきました。

 来年からは園庭に保育所部分を建て増しし、呉服保育所と一体化してこども園となるため、ひかり幼稚園としては最後の入園式となりました。「ひかり幼稚園の園歌」も最後なんだろうか?…と思いながら、あさだ げんきだ おひさまだ♬と歌いました。

 もも組さん・23名、ゆり組さん・22名の45名が新入生。年長さんは53名ですから8名少ない年少組です。豊島方面が少なめとのこと。来年認定こども園としてスタートすると通園バスが無くなるらしく、今年の新入生は1年間は通園バスがあるけど、来年は歩いてこなければならないためかな?などと深読みする私。

 かつては各小学校区に幼稚園も保育所もある全国的にも優れた街でしたが、幼稚園は15年前、4つに統廃合されうち一つは保育所と一体化してc0133422_062948.jpg〝なかよしこども園”になりました。当時は歩いて通える幼稚園を無くさないでと、ママたちが住民投票に足るハードルの高い署名を集めて議会に訴えました。しかし住民投票は提起されず、統廃合が実施され遠くの子どもたちは幼稚園バスで通うことになりました。

 ところが今度は、保育所と統合してこども園にすると同時に園バスを廃止とはどういうこと?

c0133422_082963.jpg だから定数を現在保育所と幼稚園に通っている子どもの総数よりも減らして220名にしたのかと思ってしまいます。保育所枠は増やすそうですが、それ以上に幼稚園の定員を減らすということになります。

 今年の新入生には、来年からはバスがないことを伝えているとの答弁がありましたが、自力で通わせられない家庭の子どもは別の民間幼稚園を探すことになるでしょう。

 保育所の待機児童対策c0133422_0123311.jpgの一方で公立から民間への流れをつくろうというのか、自ら民間幼稚園を選ぶという選択肢はあっていいと思いますが、公立に通わせたくても通わせられない状態はつくるべきではないと私は思います。

 なんてことを考えながら、帰りに夫婦池の八重桜で癒されてきました。花の力はすごい。もうすでに花見頃としては過ぎた感がありますが、数種類の八重桜、枝垂れ桜が姿の美しさ、一つひとつの花びらの可憐な姿を見せ、見る人の眼を和ませてくれました。c0133422_016319.jpg
c0133422_0165171.jpg


 
 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2018-04-10 23:58 | 市関連行事参加
2018年4月9日(月)

c0133422_11141988.jpg 今日は小学校の入学式。創立145年となる北豊島小学校に出席しました。

 もちろん桜はありませんが、子どもたちの歩む通路にはチューリップや菜の花などのプランターが並び花道をつくってくれていました。

 幼稚園やこども園、保育所を卒園した新1年生・69人。あと2人いると3クラスになるところでしたが、今年は35人と34人のぎりぎりの2クラスでした。パイプ椅子は足がつかずみんなブランブランしながら座っています。

 校長先生が、「おはよう、ありがとう、ごめんなさいの3つのことばをおぼえてください」といいながら「最初は何でしたか?」と聞かれると「おはよう!」と元気に声が返ってきます。「おめでとうございます」と挨拶をすると「有難うございます!」、6年生からの「学校生活を楽しんでください」の呼びかけには「はい!」といい返事。この年代でしか聞けないやり取りです。式典がとても和やかになりました。

 式典終了後、2年生が小学校生活について紹介するのが伝統になっています。来年は皆さんがやれるように頑張りましょうと先生に言われていましたが、こうして1年1年成長していくんですね。
 ほほが緩む入学式でした(*^^*)



 
[PR]
by michiko_fujiwara | 2018-04-09 11:20 | 市関連行事参加
2018年4月6日(金)

c0133422_11591495.jpg 今日は中学校の入学式。

 少し雨が混じる中、北豊島(きたてしま)中学校の第71回入学式に出席してきました。
 今年の新入生は4クラス142名。ちょっと大きめの真新しい制服に身を包み、保護者たちが見守る中を入場してきました。

 今年は校長先生も新任、新たな学び舎に大きな期待とちょっぴり不安を抱えた新入生たちに「要こそ北豊島中学校へ。沢山の出会いを大切に、新たな自分を発見して下さい。お互いはげまし、信頼関係を気付き親しくなってください。かけがえのない学校生活を、有意義に、自分のものにして行って下さい」とはげましの式辞が贈られました。

 PTA会長からは、「自分の得意な分野を伸ばす事と、苦手克服のための目標を持ち、騙されたと思って3年間頑張ってみて下さい。義務教育を終え、新しい分野に進むとき幅広い選択肢が得られるでしょう」と祝辞。幼児期を過ごした、幼稚園や保育所の先生方からの祝電披露、新旧性代表の誓いの言葉、在校生代表の歓迎の言葉が交わされ、担任やその他の教職員の紹介の後それぞれの教室へ…。

 一人づつ夢を語って小学校を卒業した子どもたちが、その夢に向かって新たな一歩です。

 校庭の桜はすっかり葉桜になっていましたが、八重桜が満開、花水木が白い花を咲かせようとしていました。知識だけでなく、人との絆を大切に大きく成長していってもらいたいですね。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2018-04-06 12:02 | 市関連行事参加
2018年3月25日(日)

c0133422_1352148.jpg 呉服小学校吹奏楽部の送別定期演奏会におじゃましました。

 昭和22年創設から今年で70年を迎えるそうです。12月には70周年記念公演がアゼリアホールで行われるとか。

 6年生21名を含む67名の演奏は、第1部から第3部まで約2時間強。アワーディレクターで始まり、3000人の吹奏楽で演奏された「世界に一つだけの花」や「ドラえもん」「GUTS]「友~旅立ちの時~」と聞き覚えのある曲を交えながら、きびきびとした挨拶とパフォーマンスです。

 第2部では、卒団生などで構成された幅広い年齢層の呉服おとな吹奏楽の演奏もあります。2018年のヒットソングメドレーは歌ありダンスありソロ演奏など趣向を凝らして参加者を楽しませてくれました。イン ザ ムード、ひまわりの約束など曲目のバリエーションも広く、呉小吹奏楽のテーマ曲とも言えるジャクソンファイブメロディーで和製ちびマイケルも登場し、楽しく締めくくりました。

 アンコールには6年生全員がソロでつなぐ「乾杯」で応えてくれました。このあと、くれは音楽堂で卒団式が行われた模様。
 小学校は4年生からクラブ活動があり、楽譜まだ読めなくて楽器も初めてというところから、顧問の先生方の指導で、6年生には一人ひとりがソロを吹くところまで成長するんですね。コーラスやダンスも音感やリズム感を身につけるようで、ショーを見ている様でした。


c0133422_1361930.jpg 夜は、中川部屋千秋楽打ち上げパーティーで不死王閣のグリーンホールへ。

 大相撲春場所も今日が千秋楽。池田出身の元旭里が部屋持ちとなり昨年から池田市内に宿舎を置いています。今年は不死王閣に宿舎をかまえ、プレハブの稽古場もつくられました。ちゃんこ鍋などの接待もあり、地域との交流が持たれて来ました。
 
 今年は、力士たちの勝ち越しは7人中2人にとどまりましたが、あと一歩の力士さんが多かったようです(^^) 大銀杏を結い、横綱の土俵入りの後弓取りをする力士さんもいたと聞きました。TV見てなかったな~残念!

 締めくくりは相撲甚句。29日以降地方巡業に出るそうです。

 10月18日には五月山体育館で秋巡業・池田くれは場所があるそうです。お楽しみに!
[PR]
by michiko_fujiwara | 2018-03-25 23:59 | 市関連行事参加

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara