人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:市関連行事参加( 66 )

2019年2月27日(水)

c0133422_23121698.jpg 池田市立ひかり幼稚園がこの春から呉服保育所と一緒になりひかりこども園に生まれ変わります。

 今日は閉園式に出席しました。来賓のみなさんが「おはようございます」というと子どもたちから「おはようございます!」と返ってくるのが幼稚園らしい。

 長時間の式典は持ちませんので、一部二部形式で行われました。一部は園長先生のご挨拶、PTAに相当する育成会会長、市長、議長のご挨拶のあと子どもたち全員が歌を歌ってくれました。

 幼稚園はかつて11小学校区すべてにありましたが、なかよしこども園を含む4つの幼稚園に統廃合され呉服幼稚園や北豊島幼稚園などは売却され民間の保育所や老人施設などに変わりました。

 ひかり幼稚園は神田小学校の敷地に建設され16年になります。呉服保育所の老朽化に伴いひかり幼稚園の園者に隣接して保育施設等を建て、待機児童対策も兼ねて保育所部分の定数を増やし(その分幼稚園部分の定数減)、4月からはひかりこども園として新たなスタートを切ります。

c0133422_23151032.jpg 休憩中に、子どもたちの展示作品を見せていただきました。ペットボトルやトレイ、ぷりんのカップなど家にある不用品と思われるものを使って作り上げた作品は、大人の予想を越える発想がいっぱいで感動しました。年長さんは将来自分がなりたいものを、年少さんたちは動物をつくったようです。ライオンやキリン、ラッコもいます。サッカー選手やお巡りさんをイメージした作品もありました。なかなかユニークな材料使いでこんなにいろんなものをつくるんだと驚きです。

 第2部の記念音楽会は、知る人ぞ知るグループ・ジュネス・ファミリーアンサンブルの演奏(写真がないのが残念)。ドラえもんの歌やミッキーマウス・マーチに子ども達は大喜び。まんぷくの主題歌も…の子どもたちが朝ドラを観ていると手を挙げました(^^)

 資料と一緒に園児の制服ストラップが入っていました。こども園になると制服が無くなるため保護者の皆さんが作られたそうです。可愛いですよ。

 3月22日にはひかりこども園としての竣工式や内覧会が行われる予定です。
by michiko_fujiwara | 2019-02-27 23:18 | 市関連行事参加
2018年2月13日(水)

c0133422_1053769.jpg

 今日は平成30年度第2回の社会人落語実行委員会が落語ミュージアムで開かれました。

 主催者である市長のあいさつ、顧問の前田議長、大会統括の桂文枝師匠が挨拶をされ、社会人落語日本一決定戦の事業報告、決算報告がおこなわれました。
 台風で決勝選が12月迄延びた為若干の赤字となりましたが、延期になったにもかかわらず、多くの落語ファンが集まり、第10代チャンピオンが誕生となりました。ずいぶんメディアにも取り上げられたようです。
 
 今年行われる社会人落語には笑福亭鶴瓶師匠の参加もありとのこと。80周年を記念して文枝師匠には、(池田にいたかどうかわかりませんが)忍者をモデルにした創作落語を語っていただくことになるようです。せっかくの記念大会、歴代のチャンピオンの話をもう一度聞きたいところですが、そんな企画はできないのかな~?

 さて、今日は斬新な「桃太郎」を演じたチャンピオンが2位、3位の方たちと五月山駐車場で桜の植樹が行われました。第1回から毎年植樹され10本目となります。年々成長する大きさに合わせているのか、植樹するには大きめの桜の木で、すぐに花をつけそうです。
 午後はその3人の落語会も開かれ満席になったようです。わずかな当日券を求めて朝一番に並ばれたのは、東京からこられた方だったそうです😁そういえばチャンぴオンは東京の方だったっけ。でも応援団はすごいですね~。
by michiko_fujiwara | 2019-02-13 23:29 | 市関連行事参加
2019年1月14日(月)

c0133422_0232486.jpg 今日は成人の日。池田市ではプレ市制施行80周年記念と銘打って、池田市民文化会館・アゼリアホールで「成人の集い」が開かれました。毎年各校区から選ばれた実行委員のみなさんが準備をされています。

 今年は男性560人、女性532人、合計1092人が成人の日を迎えられました。かつては女性が多かったですが最近は小中学校の卒業式などを見ても男性の方が少し多い傾向にあります。
 石橋小学校区が143名と一番多く、次いで北豊島小校区141c0133422_0252698.jpg名、秦野小校区126人、池田小校区120名、神田小校区113名と続きます。、石橋南98名、呉服93名、五月丘88名、緑丘83名、細河46名、伏尾台41名となっていますが、現在の各校の人数と比べるとかなり違いがあるようです。

 大きな流れは例年通りでしたが、漫才は、当初「フースーヤ」というコンビが来る予定でしたがインフルエンザに罹ったらしく、かわりのコンビが2組来ることになったそうです。ところが今朝になってまたそのうちの1組がインフルエンザで交代するという思わぬアクシデントがありました。

 キーパーガールズはウオンバットの歌でのミニライブ。今年は一人抜けて2人のコンビとなりました。歌って踊ってですが、舞台のそでにでもせっかく作ったウオンバットのぬいぐるみ・ウオンちゃんを出演させてあげたかったな…。その代りふくまるくんは4体登場していました。

 昨年から新成人企画として、小中学校の担任の先生のビデオメッセージが取り組まれていますが、これが一番心あたたかくなります。いつまでも、恩師は恩師なんですね。見知った先生の顔が写ると会場から歓声が上がっていました。

 抽選会は今年は1回にまとめられ、市内企業から提供された、本柘植の印鑑セット、ペア航空券、チキンラーメン半年分、商品券、デジタルカメラ、旅行券などを競って大抽選会となりました。例年ですと、旅行券は誰と行かれますか?などと尋ねると「両親にプレゼントします」といった親孝行な答えが返ってきておりましたが、今年は「有難うございます」がほとんどで、ちょっとどう使うの?と聞いてみたいところでした。ちょっと残念(笑)

 今年はお持ち帰りのプレゼントや資料の中に、骨髄バンクのドナー登録を進めるチラシが同封され、会場でもそうした呼びかけがありました。この取り組みを夕方の時間帯でテレビ大阪が放映をされ、インタビューに答える姿など紹介されていました。

 ドナー登録できる方は、18歳以上54歳以下ということで残念ながらご協力できないな~(;'∀')
 登録は、2ミリリットルの採決で済むそうです。心ある方のご協力をよろしくお願いいたします。
by michiko_fujiwara | 2019-01-14 23:56 | 市関連行事参加
2019年1月6日(日)

c0133422_0155361.jpg 今日は、猪名川運動公園で消防出初式でした。

 今年は市制80周年ということでプレ企画としての記念イベントになりました。ご挨拶も例年ですと寒いため短めですが、今年はいつになく長め。

 今年は、池田市吹奏楽団に加え宣真高校のダンスバトン太吹奏楽部、太鼓集団疾風、ゆるキャラはふくまるくんにウォンちゃc0133422_01654100.jpgん、チキンラーメンのぴよちゃん(池田市観光大使)と総出です。

 式典は例年通り、参加人員や機械車両の報告の後市長と議長の視閲があり、市長の式辞、表彰、来賓祝辞、答辞と続き訓練が行われました。

 例年ですと、お餅をのどに詰めたシーン、とか、火災から市民をc0133422_0194273.jpg救うといった訓練が行われていましたが、今年はプレ企画ですから、忍者が登場する夢物語。

 レスキュー忍者ショー「巻物を取り戻せ!」と題して、物語を設定。

 災害が続いた平成30年が終わり、台風で吹き飛ばされた蔵の巻物c0133422_0204810.jpgが見つからぬまま新年を迎えた池田城主の初夢に、仙人が現れ、猪名川河川敷に出現する城の天守閣に失われて巻物がある。それを手に入れた実を幸せにせよ…とのお告げがあり、今日その通りに城が出現したというシチュエーション。

 城主から「巻物を取り戻せ」との人を受けた池田忍者「影龍」以下3人が立ち上がり、池田市消防特別救助隊と協力し、さまざc0133422_0215632.jpgまな難関に立ち向かって巻物を取り戻すというお話です。

 無事巻物を取り返しましたので、池田市の民は今年幸せな暮らしができることを、実現しなければなりませんね。

 さて、今年の優良消防団員の市長表彰は6分団(呉服、神田、鉢塚、秦野、池田、北豊島)の6人に、団長表彰も6分団6人、豊能地区支部長表彰は呉服分団と鉢塚分団の2人、支部長特別表彰は神田分団の班長さんと団員さん6名に送られました。

 市内小中学生の防火作品入賞者表彰は図画の部6人、習字の部8人が入賞者と入選者として表彰されました。
c0133422_023034.jpg
 みなさんおめでとうございます。

 最後は猪名川に向けて各分団の一斉放水でした。

 ところで、平成30年の火災と救急の出場状況は、火災件数25件(前年・12件)、救急件数は6,030件(前年.5,619件)とc0133422_026677.jpg増加傾向にあります。新年度はお互い十分気を付けましょう。
c0133422_028186.jpg
c0133422_0284474.jpg
by michiko_fujiwara | 2019-01-06 23:33 | 市関連行事参加
2018年12月28日(金)

c0133422_9292584.jpg 市役所の御用納めで、市長訓示の後各部長さんたちのあいさつ回りがあり、議長・副議長も各会派や事務局にご挨拶。夕方から各消防団の歳末特別警戒に激励訪問。

 朝から急な冷え込みの中、宇保・八王寺の自主防災隊への激励を皮切りに、消防本部でご挨拶の後、消防本部の先導で、市長・副市長の車、議長・副議長車と列をなして、神田分団、北豊島分団、鉢塚分団、秦野分団、呉服分団、池田分団、細河分署、細河分団を回りました。

 各分団の詰め所前で、消防団の皆さんに、市長、議長から激励のご挨拶が行われました。

 婦人会や子ども会も一緒に参加されている分団もあり、豚汁やぜんざい、丁稚羊羹、おでんやカレーうどんなどを団員さんたちと歓談しながらいただきました。朝から準備されていたところもあるようで、あたたかい歓迎を受けました。

 歳末の警戒活動は28日から30日までの3日間行われるようです。寒い中、皆さんのおかげで安心して年末年始が迎えられそうです。

 災害続きの年でしたが、来年が希望あふれる年になるようにと願うばかりです。
 そのためにも、憲法に変えるのではなく、憲法に沿った政治が行われるように、消費税増税ではなく税の集め方、使い方が庶民のために行われることを求めます。
by michiko_fujiwara | 2018-12-28 23:58 | 市関連行事参加
2018年11月19日(月)

c0133422_1174816.jpg 池田市少年の主張発表大会で最優秀賞に輝いたのは2人おられたようです。

 そのうちの一人は「私の吃音」と題して発表された中学1年生。

 「私には吃音があると。理由は分かっていない…」と語り始めた彼女は吃音があるとはほとんどわからないくらい堂々と語りました。彼女曰く、1%の人に吃音があるとのこと。彼女の在籍している中学1年生は246人いるので、その中で2~3人は持っているのかもしれないと言います。

 小学2年生から本格的に吃音について学んだそうです。通級指導教室に通い、指導してくれた先生に感謝していること、いまでも当時のクラスメイトと考えを交換しているとのこと。彼女は感情をこめて文章を読むのが好きだけれど、どもるとぶち壊しになる。魅力的な話し方、音読できないのも吃音だから…と言って、話す事、会話は止めない。うまくできなくても(話すことが)好きならやめない。先生や共に学んだ友人のおかげで強い心を持つことが出来た。

 お願いが2つあります。一つは、からかわないで下さい。もう一つはアドバイスをしないで欲しい(ゆっくり落ち着いて…など)。こうした応援では治らないから。

 吃音は自分の話すことを邪魔するけれど、強さを与えてくれる。全て抱えて生きて行きたい。ハンデを持つ人の気持ちが分かる人になりたい。

 といった内容だったと思います。

 通級指導教室の先生との出会いが、彼女の生き方に大きな影響を与えている様でした。
 心無いいじめがなかっとは言えません。辛い思いをしたことも何度もあった事でしょう。良かれと思って手を差し伸べることが、決してその人のためにならないことも含めての自己分析、大したものですね。決して卑屈にならず、前向きに考えようとする強い意志を感じます。

 それでも学校では守られている部分がありますが、社会に出たときもっと理不尽なことも体験するでしょうが、これからも自然体で強く人生を生き抜いて欲しいものです。エールを送ります。
by michiko_fujiwara | 2018-11-19 23:59 | 市関連行事参加
2018年9月9日(日)
c0133422_1472495.jpg


c0133422_1484181.jpg 「宝くじスポーツフェア はつらつ ママさんバレーボール in 池田」が五月山体育館で開催されました。主催は大阪府、池田市、一般財団法人自治総合センターです。

 宝くじの社会貢献広報事業として、日本バレーボール協会の協力のもと、オリンピック経験者、世界選手権などの経験者などで編成されたドリームチームが来池。市内のママさん選抜チームとフレンドリーマッチが行われました。午前中はバレーボール教室で指導を受けたようです。

 開会に先立ち北摂チアリーディングクラブのディアーズが開会に花を添えてくれました。アクロバットさながらに子どもたちが宙を舞います。ポンポンで「ガンバレ」とメッセージ。

 池田在住の金メダリスト大古誠二元全日本監督(五月山体育館の名誉館長)や東京オリンピック金メダリストの谷田絹子さんも出席のもとで開会式が行われました。

 ドリームチームメンバーを一人ひとり紹介し、私たちともハイタッチ。江上由美さん、川合俊一さん、ヨーコゼッターランドさん、坂本清美さん、多治見麻子さん、佐々木みきさん、宝来麻紀子さん佐野優子さん…このあたりまではオリンピックや世界選手権などTVで試合を見てましたから名前にも聞き覚えがあります。落合真理さん、吉澤智恵さん、藤田夏未さん、鳥越美玖さんはまだ若いメンバーです。

 池田市選抜チームとの試合は9人制で行われましたが、コートが狭い。みんな背が高くネットにつくと高い壁となります。アタックも強いし切れがいい。川合俊一さんがコメンテーター。最初は選抜チームの緊張感が伝わるようでしたが、徐々に動きが良くなり、5点は取りたいと聞きましたがラリーが続く中でなんと15対9と大善戦。得点するたび大きな歓声が上がりました(^^)
 狭いコートで人口密度が高いと勝手が違うようでした(笑)

 レベルの高い練習を受けたママさんたちは、大きな収穫が得られたことでしょう。



 
by michiko_fujiwara | 2018-09-09 23:58 | 市関連行事参加
2018年9月2日(日)

c0133422_1163542.jpg 昨日・土曜日は、水月公園で「いけだ夢燈火2018」が開催されました。
 南の空は晴れているのに、開会時間が近づくと西側から黒雲が…やっぱり私は雨女か?にわかに傘の花が開きます。しかし参加者の皆さんの熱気で雨を吹き飛ばし,何とか点火できました。

 2001年6月8日の大阪教育大付属池田小学校児童殺傷事件で8人c0133422_1184817.jpgの児童の命が奪われました。子ども達の平和と安全を願って開始された「いけだ夢燈火」が今年で17回を数えます。手作りのキャンドル約1000個にみんなで灯をともしてきました。教育大付属池田小学校や緑丘小、石橋小の生徒たちもろうそく作りに参加されたようです。 LOVE PEACE の灯が見えるでしょうか 😅
 今年もみやぎ夢燈火から、養護学校の生徒たちが作ったろうそくを持って石川先生が出席され「おばんです」とご挨拶いただきc0133422_1195387.jpgました(^^)

 セレモニーの後は、ほのあかりコンサート。太鼓演奏に始まり、子どもたちのダンス、池田クレモナモダンタンゴラボラトリーの歌と演奏・・・雨はすっかり上がったようです。


c0133422_1214646.jpg 今日・日曜日は市民健康フォーラムが保健福祉総合センターで開催されました。

 講演は市立池田病院の白内障手術について10分~15分程度で済むこと、眼内レンズの由来、手術の内容、設備、手術のタイミング、手術室の様子など丁寧なお話でした。

 フロアでは生活体力チェックなどが行われ、私のバランスc0133422_1224976.jpgチェックは満点の50点・40才のバランス度だと言われやった~ ✌。動体視力反応は51才、心と身体のバランスは58点でリラックス度40%…全体的にほぼバランスが良い状態。しかし部位毎に見ると崩れているらしい。
頭部と左肩に交感神経優位とありましたが、これに該当する方へのお薦めは「癒し型のストレス解消法」…少しの時間、横になって休む…とあります。えっ血圧は高い?ヤバい!
by michiko_fujiwara | 2018-09-02 23:59 | 市関連行事参加
2018年8月18日(土)

c0133422_1542728.jpgc0133422_1572241.jpg 今日は猪名川の花火大会でした。今年で70回を数えます。
 猪名川の両岸、池田市と川西市の共催ですから、両市長のご挨拶で始まりました。

 カウントダウンで始まるオープニングは迫力満点。約4000発の花火が打ち上げられました。
 今年のテーマは「猪名川Innovation創造と革新」だそうです。光の波動と紹介されましたが、上に打ち上げる花火に加え、横に光が波打つような花火は確かに去年にはないものでした。ちょっとオーロラのように…。

 今年は、関西エアポートのキャラクターの「そらやん」も登場(あれかな、うんきっとあれだ!)たっぷり1時間の打ち上げ花火を堪能しました。

c0133422_1582210.jpg 猪名川の花火大会は戦後まもない1949年(昭和24年)に、猪名川に感謝をささげる水の祭典として数百発の打上げ・早打ち・仕掛け花火を実施したことが起源なのだそうです。当時の新聞報道によると、京阪神各地からの来場客数は約10万人。池田市の人口丸ごと猪名川に集まったかと思うとすごいですね。

 ところで、日本で花火が打ち上げられたのっていつ頃なんでc0133422_1591884.jpgしょう、「かぎや~」「たまや~」ドラマなんかで見ると、江戸時代からはありましたよね。

 ついでに調べてみると、花火の元となる火薬が日本に伝わったのは1543年の種子島に流れ着いたポルトガル人の影響だったと言われています。

c0133422_20737.jpg そして1613年に徳川家康が日本人で初めて花火を見んだそうな。徳川家康が見たのは打ち上げ花火で、それがきっかけで将軍や大名の間で流行し、やがて江戸の町民にまで広まったらしい。

 実際に“花火大会”として花火があがったのは1733年のこと。

 前の年に大飢餓とコレラが流行し大勢の死者が出たそうで、将c0133422_211493.jpg軍徳川吉宗は慰霊と悪霊撤退、人々の無病息災を願って、川開きの5月28日(陰暦)に隅田川で水神祭を行い、花火を打ち上げたのだとか。そうか暴れん坊将軍吉宗の時代に民の命や暮らしをまもろうとしたんですね
c0133422_221464.jpg
 これ以来、川開きの日に花火が打ちあがることが定番となり、全国で夏の花火が定着したのだそうです。

 教育大付属の児童殺傷事件があった年、自粛の意味であらゆる行事が中止されましたが、開催するかどうか意見の分かれるところがありました。亡くなった子どもたちの慰霊と事件を繰り返さないことを願って、開催しても良かったのかもしれませんね。

 さて今年は、ふるさと納税の返礼としての座席指定は125席になったそうです。打ち上げの正面に当たる特等席です(*^^)v
by michiko_fujiwara | 2018-08-18 23:48 | 市関連行事参加
2018年7月1日(日)

c0133422_1131158.jpg 池田の伝統行事「ガンがら火祭り」の作業所開所式に出席しご挨拶させていただきました。

 8月24日の地蔵盆の日に愛宕神社の火を1本90㎏ほどの大松明に点して燃え盛る松明を市内で引き回す勇壮な行事です。これから本番までに松明が作られることになります(^^)

 がんがら火祭りは、江戸時代(1644年・正保元年だそうです)から受け継がれてきた歴史ある行事です。火事場装束で火の粉を受けながら松明を担ぐ様は見る人に感動を与えます。城山町の保存会では愛宕神社からの火をもらって、がんがらがんがらと半鐘を鳴らし子どもたちが歩く姿も見ることが出来ます。また京都5山の大文字焼き同様、五月山へ小さな松明を持って「大一」と縦に焼く大文字焼き、建石でも「大」の字の大文字焼きが行われます。

 かつては、猪名川の花火大会と同じ日で、どちらを観ようかと悩んだ末、松明の付け替えをする新田本店さんの前で、がんがら火が着くのを待ちながら花火を見ていたものです。最近では別の日に花火大会が行われますから2倍池田の夏の風物詩を楽しめることになりました。

 ところが、最近では材料となる肥松がなかなか手に入らない、担ぎ手が少なくなっているという新たな悩みがあるようです。

c0133422_1134739.jpg 午後はくれは音楽堂へ。
久し振りに「勝ち猫」さんのロックンロール劇場を観ました。最初にミュージックバルで聴いた時はメンバーが2人でしたが、今は4人になり、一段とエンターテイナーになっていました(^^)
#クレモナ・モダンタンゴ・ラボラトリーの演奏とのコラボで、楽しいひとときを過ごしました。
by michiko_fujiwara | 2018-07-01 23:52 | 市関連行事参加

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara