人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:市関連行事参加( 71 )

2020年1月13日(月)

今年の新成人は1168人 希望ある未来への第一歩を_c0133422_01304931.jpg

 
今年の新成人は1168人 希望ある未来への第一歩を_c0133422_01221292.jpg


 
 今日は成人の日。池田市民文化会館・アゼリアホールで2020年度の成人式が行われました。 1900年代の最後の年に生まれ、千年紀をまたいで21世紀に生きて来た池田の青年達が成人式を迎えました。池田では1168人(男性614人、女性554人)が新成人だそうです。成人式と結婚式の主役は女性と言われるほど華やかな晴れ着姿に目が和みました。


 各小学校区から選出された12人の実行委員のみなさんの手で進められました。

 最初のミニライブは、池小、池中に通っていたという「有咲りん」さんの澄んだ歌声。
 新成人と同じ20歳で晴れ着を着てギターを持ち、「大学に通いながらシンガーソングライターをしています」と自己紹介。高校3年生の時につくったという卒業をテーマにした歌を披露してくれました。
 吉本興業(毎年吉本ですね~)の「トット」「マルセイユ」の漫才(もう私には新しい芸人さんの名前が分からない…)。引き続く抽選会にも参加。
 
 もう一つのお楽しみ、「抽選会」は市内企業等から商品が提供され、印鑑入れ、ペア旅行券、チキンラーメン半年分、3万円のギフト券、水中撮影も可というデジタルカメラ、2万円、3万円、5万円の旅行券を引き当てると歓声が上がっていました。例年名前を呼ばれても席にいなくて他の人に権利が写ったりしていましたが、今年は全員一度でゲット。かつては旅行券が当たっても「両親にプレゼントします」な~んて可愛い答えが返っていましたが…。


 数年前から始まったビデオレター。ガンバ大阪の選手達からのビデオメッセージもありましたが、私は小中学校卒業時の担任の先生達からの励ましのメッセージが良かったな(^^) 
 すでに退職された先生、転勤されている先生、出産で産休中の先生等々、自分達の担任が出てくると「わ~!」っと歓声が上がってました。先生冥利につきますね。

 ともあれ、新成人のみなさんおめでとうございます。大人への第一歩。責任もついてきます。スエーデンの環境活動家グレタさんや、高校生のケンさんのように自分たちの声を聞いてと受験生に苦難を強いる「大学入試改革」をストップさせたこと、性暴力を許さない#MeTooやフラワーデモなどジェンダー平等を求める運動など、もう黙っていられないと声をあげる人たちが政治や社会のあり方を問い直し変えていく力となっています。

 おかしいと思うことには声をあげ、希望の持てる未来への扉を開きましょう。



by michiko_fujiwara | 2020-01-13 23:52 | 市関連行事参加
2020年1月12日(日)

猪名川運動場に消防車両集結🚒_c0133422_01014133.jpg 今日は消防の出初式でした。お天気が危ぶまれましたが何とか猪名川運動場で開催することが出来ました。冷え対策でお腹にも腰にもつま先にもカイロを貼って参加しましたが、例年よりは暖かったような…(*^^*)

 入場行進は消防職員、各地域の消防団員、市内企業の自衛消防団など総員210名と消防自動車・救急車など各種車両14台。本部テント前を通り抜け整然と整列。猪名川運動場に消防車両集結🚒_c0133422_01132510.jpgその間を市長と議長がオープンカー(コペン)で視閲。

 市長の式辞のあと、優良消防団員への表彰や市内小中学校児童生徒が描いた防火作品(図画や習字)にも表彰がありました。図画の部の優秀作品は大阪でも最優秀賞を受賞されたそうで、そのように紹介されると「おお~!」とどよめきが…。しかし今日は残念ながら欠席でした。

猪名川運動場に消防車両集結🚒_c0133422_01025565.jpg 式典終了後は総合訓練、毎年いろいろな想定で訓練が行われますが、今年はビル火災で助けを求める声に救急車やレスキュー、40メートル級のはしご車などが出動し、消火、救助活動をするという訓練が行われました。

 その後は猪名川に向かって消防団員さんたちの一斉放水。七色ではないけれど一気に何メートルも高く放水する姿に集まった子どもたちが駆け寄っていきます。

猪名川運動場に消防車両集結🚒_c0133422_01034935.jpg 毎日のように救急車の音が市内を走っていますが、昨年の火災や救急出動は一昨年に比べいずれも減少している様でした。

 国では公立・公的病院の再編の動きがありますが、市民の命に直結している救急車や消防車、市民病院などの充実こそ市民の命を守ることになります。今年も市民の安全の守り手として頑張っていただきたいですね。

by michiko_fujiwara | 2020-01-12 22:41 | 市関連行事参加
2019年9月2日(月)

第18回 いけだ夢燈花 1000本の手作りキャンドルで「LOVE PEACE」 _c0133422_16580599.jpg 「いけだ夢燈花」は、2001年6月の教育大附属小学校児童殺傷事件で8人の子どもたちの命が奪われるという悲惨な事件をうけ、2002年8月に、NPO法人北摂こども文化協会主催で開催され、以来地域住民、市民団体などの協力で実行委員会が立ち上げられ毎年続けられています。早いもので、あれから18年になります。
  
 今年も9月1日(日)午後6時から水月公園で「第18回いけだ夢燈花」実行委員会の主催で開催されました。約1000本のキャンドルや竹灯籠は、この日に向けて、緑丘小学校、石橋小学校、大阪教育大学付属池田小学校の子どもたちなど地域の子どもたちや大人がが手作りしてきたものです。今年は例年よりもたくさんの参加があったように見えました。

 

 宮城からは養護学校の元校長・石川健さんが今年も「おばんです」と宮城の子ども達が作ったキャンドルを届けに来て下さいました。今年は宮城の子どもたちだけでなく山形の子どもたちからも手づくりキャンドルが寄せられたそうです。


第18回 いけだ夢燈花 1000本の手作りキャンドルで「LOVE PEACE」 _c0133422_16573131.jpg また今年は、宣真高校書道部によるパフォーマンスで、部員たちが音楽に乗って「絆」の文字をその場で書き上げ、セレモニーに花を添えてくれました。

 みんなで点火した後の「LOV E PEACE」 の文字が見えるでしょうか(^^)


 パンフレットに掲載された、実行委員会のメッセージをご紹介します。


第18回 いけだ夢燈花 1000本の手作りキャンドルで「LOVE PEACE」 _c0133422_16574816.jpg 1994年、日本は「子どもの権利条約」を批准したにもかかわらず、子どもたちが安全に暮らすことのできる現状をつくりだせていないのが現状です。

 池田市においては、2001年に子どもを標的にした残虐な事件が起こりました。この事件で尊い命を失った子どもたちをはじめ、心に深く傷を負った子どもたちは数知れません。今年の5月には、川崎市で通学中の子どもたちが犠牲になる事件が起こりました。世界に目を向けると地震被害、津波被害等の天災で、多くの子どもたちが命を亡くしています。更には未だ戦火に追われ、自由を奪われ、不当な扱いを受けている子どもたちも多くいま第18回 いけだ夢燈花 1000本の手作りキャンドルで「LOVE PEACE」 _c0133422_16570355.jpgす。

 「いけだ夢燈花」は、そんな世界の子どもたちの、平和と安全を考えるきっかけになればと願っています。

 被害者となった子どもたちの冥福を祈り、世界の子どもたちの平和とすこやかなる成長を祈る。子どもたちにとって安全な地域環境とは何か、地域の大人たちは何をすべきか、何ができるのかを考え、実行にうつす。そして地域コミュニティに関心を持ち、自分のコミュニティに積極的にかかわりを持つ大人、若者、子どもたちの参加の場所を提供し、市民による市民自治の関心を高める。

 こういった思いを持つ様々な方のご支援のもと、毎年、夏の恒例行事として行っています。


by michiko_fujiwara | 2019-09-02 17:02 | 市関連行事参加
2019年9月1日(日)

健康フォーラムに参加してきました。生活体力チェックOK!_c0133422_17224573.jpg

 池田市保健福祉総合センターで開催された「健康フォーラム」に参加して来ました。 開会セレモニーの後、生活体力チェックで、左右均等に立てているか(左右体重計)、アキレスが伸びているか(15度、20度、30度の傾斜大に乗る)やバランス度(左右に体重移動、回転)は100点をいただき、40歳代だと言われてにんまり(^^) 日頃の運動不足でどうなるかと思いましたが、生活体力はなんとか健康フォーラムに参加してきました。生活体力チェックOK!_c0133422_17223292.jpg

キープしているようです。

 
 鍼灸マッサージ師会のコーナーも同じ4階にあり、短時間マッサージ…もっと時間欲しい(笑)呼吸が浅いようだとか、首・肩のコリ、腰の痛みなどについて壁に全部くっつくように立つような練習をしてみたらとアドバイスいただきました。 5人の先健康フォーラムに参加してきました。生活体力チェックOK!_c0133422_17230681.jpg


生がおられたようですが、待合では結構何人も並んでいました。


 歯科コーナーで歯磨きの仕方など教わり、ふくまる健康教室~脳と体のエクササイズへ。
椅子に座ったまま手と足をバラバラに動かしますが(手は右、左と動かしながら、足は開いて閉じてを繰り返す)途中から参加すると体が動きに馴染めず、手に集中したら足がついていかない😅 それを笑いながら体を動かすのがいいですね。

 先日、福祉バス視察をしましたが、その時隣に座られた方から「地域包括センターを通じ、ふくまる体操教室に参加しているが、時間がうまくズレているので脳トレ教室にも行きたいと申し込んだら、どちらか一方しか参加できないと言われた。以前は参加できたのに何故だめなのか、両方参加できるようにして欲しい」との要望が出されました。
 早速今日、担当部長にその旨を伝えると、「以前両方受けられるようにしていたが、参加者が固定化され、受けたい人が受けられなくなるから」という理由で重複を避けているようです。

 こうした教室を、受けていただく方が元気な高齢者を増やすことになり、断るのではなく、身近な場所で自主的に地域の人達と参加できるよう、体操ができる機会を増やすことが大事ではないかと伝えておきました。


 全部のコーナーは参加出来ませんでしたが少し汗を流して、くすのき学園の焼そばを買って帰りました(^^)


by michiko_fujiwara | 2019-09-01 17:25 | 市関連行事参加
2019年8月26日(月)

地域コミュニティはこれからどうなるのか? 学童保育での出来事に一同びっくり!_c0133422_01562725.jpg
 昨日の市長のタウンミーティング、呉服会館で開かれたご意見です。

 まずは、地域コミュニティの役員さんから、「1点目は、6月23日に会長会議が開かれ、市長から課題がいくつかあると言われたが、税の配分の不均衡について聞きたい。2点目は、まちづくり・にぎわいについて、チキンラーメン記念館に来られる年間80万人の来館者に対し、税収アップにつながる政策を聞きたい」と質問が出されました。

 市長からは「地域分権について改変は必要。いいところもあるが課題もある。コミュニティ推進機能は残したい。拠点機能は地域のどなたかにお願いしたい。防犯・防災の共助、拠点整備、多様な文化活動ができるような拠点活動は伸ばすが、予算提案権はやめる。これまで税配分の不均衡、制度不(未?)完成のままお願いしてきた政治(行政?)側に問題がある。地域分権に約1千万円の予算を出している。公選で選ばれた僕(市長)が会長を選ぶと間接選挙となるが、今は4年任期で話し合いで決まる。(この)仕組みに問題がある。私(市長)が指名すれば民意が反映されるが(市長の意のままになる?ことが民意?)多くの民意が反映された予算執行なのか、すみずみの全員が納得できるものになっていない。1円でも無駄なく公平公正に使いたい。成り立ちも行政側に問題ある。公益性を担保しなければならない。ところが予算を提示し提案権を有益に使ってくれというのは順番が違う。年100万円位の一括交付金で最低限事務費だけ出すと言う箕面などの例もある。拠点整備を進めたい」「チキンラーメン記念館への道路は80万人が通る道。満寿美公園がつくられる。保健所を移転し日清食品とも連携したいと話している。界隈にお金が落ちる仕組みをつくるため、若手の職員4名が手をあげてくれプロジェクトチームをつくった。石橋、池田の再開発チームで今から(意見を)上げようとしている。お金が落ちる仕組みを作りたい」…と自らの思いをたっぷり。

 呉服小学校の放課後児童健全育成事業「なかよし会」に子どもを通わせている若いお母さんは、改善要望をされました。「池田の〝なかよし” をどう思っておられますか?とても評判がよろしくない。改善について子育て支援課にも伝えたが、なかよしの先生方(支援員)は何人かいる。一生懸命頑張る方もいるが『私たちにはできない、上に言ってくれ』と言われる。安心して仕事に行きたいと預けているが、以前、学童からプールに行き、プールから学童に戻る(というとき)…子どもが迷ってわからなくなり、知人が見つけて家に連れてきたが、『学童の事業じゃない、関知しません。他の子は帰ってますよ』と言われ、うちの子が悪いかのように言われる。子どもにしわ寄せが行くのはいけないんじゃないか、30分経っても学校に帰らない、これをおかしいと思わないことが問題ではないか。イベントがあるときには人数カウントや誘導が必要。事が起こり得ることを大人が予想し防ぐ。先生の人数を増やす予算が必要ではないか。こんな状況だから利用人数が減るのではないか。(何故やめるのか)減少割合の把握をして欲しい。今後も利用する人に満足度アンケートを取って欲しい」と訴えられました。

 市長からは「支援員が連れ添うような指示をしたい。現況調査に動いてみたい」との答え。

 池田のなかよし会は、他市の学童保育のような、カリキュラムをつくって子どもたちを育て学ばせる(遊び方も含め成長させる)というものでなく、いまだに「見守り」という位置づけにとどめていることが問題だと思います。指導員ではなく支援員であり、何らかの有資格者(保育士、教員、社会福祉士など)は1クラスに1名であとは子育て経験や若干の研修を受ければよいことになっているため、パートさんが1~2名配置されています。放課後の時間をケガの無いように預かっている…という状況です。このような実態の中で、今回発言されたような事態が起きたということではないでしょうか。現況調査をするだけでなく、学童保育とはなにか、なかよし会の在り方についても、きちんと検証し改善させていただきたいものです。
 

by michiko_fujiwara | 2019-08-26 23:24 | 市関連行事参加
2019年2月27日(水)

ひかり幼稚園の閉園式に出席しました。_c0133422_23121698.jpg 池田市立ひかり幼稚園がこの春から呉服保育所と一緒になりひかりこども園に生まれ変わります。

 今日は閉園式に出席しました。来賓のみなさんが「おはようございます」というと子どもたちから「おはようございます!」と返ってくるのが幼稚園らしい。

 長時間の式典は持ちませんので、一部二部形式で行われました。一部は園長先生のご挨拶、PTAに相当する育成会会長、市長、議長のご挨拶のあと子どもたち全員が歌を歌ってくれました。

 幼稚園はかつて11小学校区すべてにありましたが、なかよしこども園を含む4つの幼稚園に統廃合され呉服幼稚園や北豊島幼稚園などは売却され民間の保育所や老人施設などに変わりました。

 ひかり幼稚園は神田小学校の敷地に建設され16年になります。呉服保育所の老朽化に伴いひかり幼稚園の園者に隣接して保育施設等を建て、待機児童対策も兼ねて保育所部分の定数を増やし(その分幼稚園部分の定数減)、4月からはひかりこども園として新たなスタートを切ります。

ひかり幼稚園の閉園式に出席しました。_c0133422_23151032.jpg 休憩中に、子どもたちの展示作品を見せていただきました。ペットボトルやトレイ、ぷりんのカップなど家にある不用品と思われるものを使って作り上げた作品は、大人の予想を越える発想がいっぱいで感動しました。年長さんは将来自分がなりたいものを、年少さんたちは動物をつくったようです。ライオンやキリン、ラッコもいます。サッカー選手やお巡りさんをイメージした作品もありました。なかなかユニークな材料使いでこんなにいろんなものをつくるんだと驚きです。

 第2部の記念音楽会は、知る人ぞ知るグループ・ジュネス・ファミリーアンサンブルの演奏(写真がないのが残念)。ドラえもんの歌やミッキーマウス・マーチに子ども達は大喜び。まんぷくの主題歌も…の子どもたちが朝ドラを観ていると手を挙げました(^^)

 資料と一緒に園児の制服ストラップが入っていました。こども園になると制服が無くなるため保護者の皆さんが作られたそうです。可愛いですよ。

 3月22日にはひかりこども園としての竣工式や内覧会が行われる予定です。
by michiko_fujiwara | 2019-02-27 23:18 | 市関連行事参加
2018年2月13日(水)

昨年の社会人落語チャンピオン、2位、3位のみなさんによる植樹祭_c0133422_1053769.jpg

 今日は平成30年度第2回の社会人落語実行委員会が落語ミュージアムで開かれました。

 主催者である市長のあいさつ、顧問の前田議長、大会統括の桂文枝師匠が挨拶をされ、社会人落語日本一決定戦の事業報告、決算報告がおこなわれました。
 台風で決勝選が12月迄延びた為若干の赤字となりましたが、延期になったにもかかわらず、多くの落語ファンが集まり、第10代チャンピオンが誕生となりました。ずいぶんメディアにも取り上げられたようです。
 
 今年行われる社会人落語には笑福亭鶴瓶師匠の参加もありとのこと。80周年を記念して文枝師匠には、(池田にいたかどうかわかりませんが)忍者をモデルにした創作落語を語っていただくことになるようです。せっかくの記念大会、歴代のチャンピオンの話をもう一度聞きたいところですが、そんな企画はできないのかな~?

 さて、今日は斬新な「桃太郎」を演じたチャンピオンが2位、3位の方たちと五月山駐車場で桜の植樹が行われました。第1回から毎年植樹され10本目となります。年々成長する大きさに合わせているのか、植樹するには大きめの桜の木で、すぐに花をつけそうです。
 午後はその3人の落語会も開かれ満席になったようです。わずかな当日券を求めて朝一番に並ばれたのは、東京からこられた方だったそうです😁そういえばチャンぴオンは東京の方だったっけ。でも応援団はすごいですね~。
by michiko_fujiwara | 2019-02-13 23:29 | 市関連行事参加
2019年1月14日(月)

今年のいけだの新成人は1092名でした。_c0133422_0232486.jpg 今日は成人の日。池田市ではプレ市制施行80周年記念と銘打って、池田市民文化会館・アゼリアホールで「成人の集い」が開かれました。毎年各校区から選ばれた実行委員のみなさんが準備をされています。

 今年は男性560人、女性532人、合計1092人が成人の日を迎えられました。かつては女性が多かったですが最近は小中学校の卒業式などを見ても男性の方が少し多い傾向にあります。
 石橋小学校区が143名と一番多く、次いで北豊島小校区141今年のいけだの新成人は1092名でした。_c0133422_0252698.jpg名、秦野小校区126人、池田小校区120名、神田小校区113名と続きます。、石橋南98名、呉服93名、五月丘88名、緑丘83名、細河46名、伏尾台41名となっていますが、現在の各校の人数と比べるとかなり違いがあるようです。

 大きな流れは例年通りでしたが、漫才は、当初「フースーヤ」というコンビが来る予定でしたがインフルエンザに罹ったらしく、かわりのコンビが2組来ることになったそうです。ところが今朝になってまたそのうちの1組がインフルエンザで交代するという思わぬアクシデントがありました。

 キーパーガールズはウオンバットの歌でのミニライブ。今年は一人抜けて2人のコンビとなりました。歌って踊ってですが、舞台のそでにでもせっかく作ったウオンバットのぬいぐるみ・ウオンちゃんを出演させてあげたかったな…。その代りふくまるくんは4体登場していました。

 昨年から新成人企画として、小中学校の担任の先生のビデオメッセージが取り組まれていますが、これが一番心あたたかくなります。いつまでも、恩師は恩師なんですね。見知った先生の顔が写ると会場から歓声が上がっていました。

 抽選会は今年は1回にまとめられ、市内企業から提供された、本柘植の印鑑セット、ペア航空券、チキンラーメン半年分、商品券、デジタルカメラ、旅行券などを競って大抽選会となりました。例年ですと、旅行券は誰と行かれますか?などと尋ねると「両親にプレゼントします」といった親孝行な答えが返ってきておりましたが、今年は「有難うございます」がほとんどで、ちょっとどう使うの?と聞いてみたいところでした。ちょっと残念(笑)

 今年はお持ち帰りのプレゼントや資料の中に、骨髄バンクのドナー登録を進めるチラシが同封され、会場でもそうした呼びかけがありました。この取り組みを夕方の時間帯でテレビ大阪が放映をされ、インタビューに答える姿など紹介されていました。

 ドナー登録できる方は、18歳以上54歳以下ということで残念ながらご協力できないな~(;'∀')
 登録は、2ミリリットルの採決で済むそうです。心ある方のご協力をよろしくお願いいたします。
by michiko_fujiwara | 2019-01-14 23:56 | 市関連行事参加
2019年1月6日(日)

消防出初式には沢山の親子連れが参加され、訓練や一斉放水に拍手や歓声が上がりました。_c0133422_0155361.jpg 今日は、猪名川運動公園で消防出初式でした。

 今年は市制80周年ということでプレ企画としての記念イベントになりました。ご挨拶も例年ですと寒いため短めですが、今年はいつになく長め。

 今年は、池田市吹奏楽団に加え宣真高校のダンスバトン太吹奏楽部、太鼓集団疾風、ゆるキャラはふくまるくんにウォンちゃ消防出初式には沢山の親子連れが参加され、訓練や一斉放水に拍手や歓声が上がりました。_c0133422_01654100.jpgん、チキンラーメンのぴよちゃん(池田市観光大使)と総出です。

 式典は例年通り、参加人員や機械車両の報告の後市長と議長の視閲があり、市長の式辞、表彰、来賓祝辞、答辞と続き訓練が行われました。

 例年ですと、お餅をのどに詰めたシーン、とか、火災から市民を消防出初式には沢山の親子連れが参加され、訓練や一斉放水に拍手や歓声が上がりました。_c0133422_0194273.jpg救うといった訓練が行われていましたが、今年はプレ企画ですから、忍者が登場する夢物語。

 レスキュー忍者ショー「巻物を取り戻せ!」と題して、物語を設定。

 災害が続いた平成30年が終わり、台風で吹き飛ばされた蔵の巻物消防出初式には沢山の親子連れが参加され、訓練や一斉放水に拍手や歓声が上がりました。_c0133422_0204810.jpgが見つからぬまま新年を迎えた池田城主の初夢に、仙人が現れ、猪名川河川敷に出現する城の天守閣に失われて巻物がある。それを手に入れた実を幸せにせよ…とのお告げがあり、今日その通りに城が出現したというシチュエーション。

 城主から「巻物を取り戻せ」との人を受けた池田忍者「影龍」以下3人が立ち上がり、池田市消防特別救助隊と協力し、さまざ消防出初式には沢山の親子連れが参加され、訓練や一斉放水に拍手や歓声が上がりました。_c0133422_0215632.jpgまな難関に立ち向かって巻物を取り戻すというお話です。

 無事巻物を取り返しましたので、池田市の民は今年幸せな暮らしができることを、実現しなければなりませんね。

 さて、今年の優良消防団員の市長表彰は6分団(呉服、神田、鉢塚、秦野、池田、北豊島)の6人に、団長表彰も6分団6人、豊能地区支部長表彰は呉服分団と鉢塚分団の2人、支部長特別表彰は神田分団の班長さんと団員さん6名に送られました。

 市内小中学生の防火作品入賞者表彰は図画の部6人、習字の部8人が入賞者と入選者として表彰されました。
消防出初式には沢山の親子連れが参加され、訓練や一斉放水に拍手や歓声が上がりました。_c0133422_023034.jpg
 みなさんおめでとうございます。

 最後は猪名川に向けて各分団の一斉放水でした。

 ところで、平成30年の火災と救急の出場状況は、火災件数25件(前年・12件)、救急件数は6,030件(前年.5,619件)と消防出初式には沢山の親子連れが参加され、訓練や一斉放水に拍手や歓声が上がりました。_c0133422_026677.jpg増加傾向にあります。新年度はお互い十分気を付けましょう。
消防出初式には沢山の親子連れが参加され、訓練や一斉放水に拍手や歓声が上がりました。_c0133422_028186.jpg
消防出初式には沢山の親子連れが参加され、訓練や一斉放水に拍手や歓声が上がりました。_c0133422_0284474.jpg
by michiko_fujiwara | 2019-01-06 23:33 | 市関連行事参加
2018年12月28日(金)

市内各消防団の歳末特別警戒に激励訪問_c0133422_9292584.jpg 市役所の御用納めで、市長訓示の後各部長さんたちのあいさつ回りがあり、議長・副議長も各会派や事務局にご挨拶。夕方から各消防団の歳末特別警戒に激励訪問。

 朝から急な冷え込みの中、宇保・八王寺の自主防災隊への激励を皮切りに、消防本部でご挨拶の後、消防本部の先導で、市長・副市長の車、議長・副議長車と列をなして、神田分団、北豊島分団、鉢塚分団、秦野分団、呉服分団、池田分団、細河分署、細河分団を回りました。

 各分団の詰め所前で、消防団の皆さんに、市長、議長から激励のご挨拶が行われました。

 婦人会や子ども会も一緒に参加されている分団もあり、豚汁やぜんざい、丁稚羊羹、おでんやカレーうどんなどを団員さんたちと歓談しながらいただきました。朝から準備されていたところもあるようで、あたたかい歓迎を受けました。

 歳末の警戒活動は28日から30日までの3日間行われるようです。寒い中、皆さんのおかげで安心して年末年始が迎えられそうです。

 災害続きの年でしたが、来年が希望あふれる年になるようにと願うばかりです。
 そのためにも、憲法に変えるのではなく、憲法に沿った政治が行われるように、消費税増税ではなく税の集め方、使い方が庶民のために行われることを求めます。
by michiko_fujiwara | 2018-12-28 23:58 | 市関連行事参加

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara