人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 1489 )

2019年2月25日(月)

c0133422_1424511.jpg 今日から3月議会スタートです。

 8件の即決議案の後、倉田市長の平成31年度施政及び予算編成方針演説、田渕教育長の教育方針と主要施策演説が行われました。

 市長の主要施策の概要は、「活力」の分野で、「駅周辺を中心とした市街地の整備」として老朽化対策や地域交流の促進強化のために共同利用施設池田会館と栄本町のコミュニティセンターを統合した「(仮称)池田地域交流センター」の整備を検討するとあります。しかも池田会館の敷地に建設する予定だそうです。市民にとって池田会館は国道に面し敷地も狭い。地域の交流を促進するならなおのこと、交通量の多い池田会館ではなくコミュニティセンターの方が安全で人も集まりやすい場所ではないのでしょうか。

 以前コミュニティセンターの売却の話を耳にしましたが、それもあながち嘘ではなかったのかなどと思ってしまいます。

 石橋地域の活性化として、石橋駅前会館に図書館や集会施設などの機能を複合させ、阪大生をはじめ石橋に集う人々が交流できる場として拠点施設整備のための設計を行うそうです。

 「細河地域の活性化」に関しては、以前、東山町付近(給食センター建設予定地周辺)に工場を誘致できるように総合計画を変えた経緯がありますが、産業立地ゾーンとして土地活用の検討を進めるとあり、役所の中にも土地活用のための課がつくられる予定です。

 12月議会で提案された旧細河小学校に防災備蓄倉庫新設の予算が4億700万円計上されています。

 大規模自然災害により損壊した住宅の修繕にかかる費用の一部を補助するとしている「一部損壊等住宅修繕補助事業が新規事業となっていますが、何故か予算は年間8万円のみ。防災備蓄倉庫に比べ、本当にやる気あるのかと思う数字です。

 敬老会館周辺の福祉施設などの再構築として産官学連携による敬老の里プロジェクトチームを中心に検討を重ねて策定した基本構想に基づき、「多世代交流の地域づくり施設」の構築に取り組むとしています。この中で石橋保育所は無くすのではなく構想の中に位置づけるといった答弁もありましたが…。

 これらの根底には立地適正化計画があり、複数の施設を取りまとめて建設すれば補助金・交付金が使えるという国の誘導策も大きく影響していると思われます。       
                                   (続く)

 
 
by michiko_fujiwara | 2019-02-25 23:15
2019年1月28日(月)

c0133422_1223851.jpg 26日、NHKの土曜スタジオパークの公開生放送が、池田市民文化会館のアゼリアホールで行われました。

 そうです。朝の連続テレビ小説「まんぷく」の舞台が池田に移り、いよいよチキン出汁の即席ラーメンに挑戦するところまで来たところで、ヒロイン・福子役の安藤サクラさんをゲストに迎えました。司会は渡辺直美さんと,足立梨花さん,大阪市在住のアナウンサー・原口雅臣さん。

 4500件の応募者のうち当選者は450人、会場には900人が参加しているとの説明がありました(当選ハガキ1枚で2人は入れる?)。

 共演者の長谷川博己さん、松井玲奈さん、瀬戸康史さん、松坂慶子さんのインタビューを舞台後ろの大きなスクリーンに映し出し、撮影の知られざる舞台裏、素顔のサクラさんについて語ります。さらに、五月山動物園や落語ミュージアムなど池田の各地で街頭インタビューが行われ、「安藤サクラさんはどんな女優さんだと思われますか?」との問いに、女優さんっぽくなく親しみの持てる素敵な女優さん…というのが大方の感想でした。

 こうしたインタビューを受け、共演者の舞台裏の素顔を紹介されたり、大阪弁をどうやって覚えたのか、という質問には「音階で覚える」などと会話している途中で、九州で震度5弱との地震のニュースが入り、放送はニュースに変わりました。録画は中断され、お客さんとゲームでもしようかなどと、予期せぬ事態をどう過ごすべきかといった突然のアクシデントとなりました。

 急遽待ち時間の間、会場の参加者からの質問に答えることに。サクラさんは何味のラーメンが好きですか?(昔ながらの中華そばだそうです)、あのダネイホンのコマーシャル「美味しい美味しい、ダネイホン~」をやってもらったり、ダネイホンの味はどんな味?、スパゲッティラーメンは美味しいのかなどの質問にも答えていただきましたが、結局放送は後日放映されることになり、再度録画することになりました。放送日はインターネットでお知らせするそうです。

 参加者にとってはめったにない池田での公開録画、ハプニングが重なり、さらにまたサクラさんの素顔が見られて楽しい時間となりました。

 
by michiko_fujiwara | 2019-01-28 23:49
2018年1月13日(日)

 厚生労働省が、勤労統計調査結果を偽装された内容で発表していた問題で、2004~17年に賃金の支給額が実態より0.6%低かったとする調査結果を発表しました。

 雇用保険や労災保険などで過少給付されていた人はのべ2000万人、金額にして537.5億円に達するとのこと。具体的には、雇用保険で約1900万人、約280億円。労災保険では、傷病や障がいなどの年金給付で約27万人、約240億円に上るとか。このほかに雇用調整助成金で、30億円の過少給付もあったそうです。

 毎月勤労統計は、雇用や賃金、労働時間の変動を全国的にあきらかにするもので、「基幹統計」とされた国の統計調査にも活用されているもの。500人以上規模の事業所についてすべて調査することになっています。ところが東京都では04年から調査対象の3分の1を抽出した調査に切り替えられており、大規模事業所の調査数が減ったことで賃金水準が低下したとみられています。

 昨年6月には神奈川、愛知、大阪の各府県に全数調査でなく、今回問題になっているような抽出調査を行うと連絡していたそうです。

 基準となる数値が低く抑えられていたなら、それに基づいて計算される失業給付や傷病手当、育児休業給付、介護休業給付など16種類に影響が出ることになります。

 当然、最低賃金や人事院勧告などの指標となりますから、12月議会で、民間の給料に比べて低く抑えられていた公務員の賃金が少し引き上げられたばかりですが、本来ならこれももっと引き上げなければならなかったことになります。

 新たに是正した予算を組むようですが、これまで失業給付やけがなどで受けておられた休業給付などの受給者に正しく追加給付が行われなければなりません。

 公文書改ざん、隠蔽など大きな問題となっていた安倍政権が、またもこのような指標となるべき数字さえも低くしていた事、さらにそれをひた隠しにしてそっと訂正しようとしていた事は、もう国の政治を行う資格がないと言わざるを得ません。これ以上、国民の命・暮らしを守るべき政府の仕事を任せることは、国民自らの首を絞めることにつながります。さらに改ざんも隠蔽も許してしまうことになります。

 今年は選挙の年、国民の手でキッパリ審判を下しましょう。
by michiko_fujiwara | 2019-01-13 23:35
2018年1月2日(水)

c0133422_321310.jpg 毎年元日は、家の片づけをしながら(いつも年を越してしまいます)実業団駅伝を見てから五月山にお墓参り。その足で八坂神社に初詣と神仏混合、八百万の神に今年も幸あれと詣でてきました。
 実業団駅伝は旭化成が3連覇を飾りました。夜は久しぶりに親子そろって食事会。みんな池田にいてたった3人なのに、こんな時しか全員揃うことがありません(笑)

 2日は議員団の新春宣伝の日。小林議員の宣伝カーに、白石c0133422_331644.jpg議員と私、そして今年は山元前市議も加わって市内一周。年末から冷え込んでいる上、窓を開けて走るため、いっぱい着込んでもやっぱり寒い! それでも手を振って下さる方がいると励まされます。

 家に帰ると今日は箱根駅伝、朝の出発前には1区で大東文化大学がアクシデントでかろうじて母校のタスキを渡したところまで見ていきましたが、帰ってくると早や5区の山登り。どうやら4区で昨年総合優勝の青山学院大学を交わして東洋大学が先頭に立っていました。このところ往路優勝は東洋大学が栄冠に輝き復路で青学に交わされるというパターンでしたが、今年は後続との差を広げた東洋に対し、6位に後退した青学が復路で逆転できるかが、明日の見どころのようです。

 まだ2018年の片付けは、終わっていませんが、明日にしよ(笑)
by michiko_fujiwara | 2019-01-02 23:42
2019年1月1日(火)

c0133422_119193.jpg 2019年、新春のお慶びを申し上げます。

 旧年中は多くの皆さんに支えられ大変お世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。

 今年は選挙の年、統一地方選挙、参院選、知事選、市長選とひとまとめにしてやってくる感じです。市民と野党の共闘、日本共産党の躍進で政治の流れを国民の暮らし第一に変えていきましょう。
 昨年実施した市民アンケートは1240通もの返信がありましたが、社会保障の充実、子育て支援策の充実を求める声が多く、働き方も低賃金・長時間労働で健康面が心配とのご家族の声が寄せられました。

 私たち日本共産党は、サラリーマンの健康保険制度よりも高い国保料を引き下げるため1兆円の国税をつぎ込み、均等割(被保険者の人数に応じて増える)、平等割(世帯にかかる)を無くし、所得に応じた保険料にして、せめて協会けんぽ並みの保険料に引き下げることを提案しています。

 これは、例えば消費税が上がるたびに法人税を引き下げ400兆円を超える内部留保金を生み出すような優遇をやめ、応分の負担をしてもらうこと、アメリカ言いなりに1基100億円を超えるような戦闘機を100機も買うことをやめれば十分に実現します。そのためには、政治の大元である国政を変えることが大切です。

 財力・税収に差がある地方自治体のどこに住んでいても、国民として同じ暮らしが出来る様にするために交付税という形で国税の再配分機能があるにもかかわらず、それが十分に機能しきれていないところに社会保障と言いながらその保険料に押しつぶされる状況が生まれています。

 子どもの医療費助成の拡充にしても、国が国民の命を守るという立場で医療費を無料にすれば、すぐに解決することです。

 私たちが支払っている税金の使い方を、どこに一番重きを置くかの考え方が、今の政権と私たち庶民と大きく乖離していることが問題です。だからこそ私たち国民には選挙で審判を下すチャンスが与えられているのであり、これを行使するチャンスが今年の一連の選挙だと思います。

 子どもたちに笑顔を、若者に夢を、高齢者に安心を…これが私のモットーです。市民のみなさんの声を議会に届け、その実現のために頑張ること、市制のチェック機能を果たす事、こうした議員としての役割を果たすため、今年も頑張っていきたいと思います。

 本年も変わらぬご支援、宜しくお願いいたします。
by michiko_fujiwara | 2019-01-01 23:24
2018年12月31日(月)

c0133422_22481577.jpg 2018年も残すところ1時間となりました。家の片づけはまだまだ続きます(笑)

 今年は各地で災害に見舞われた年、池田も例外ではなく、6月の大阪北部地震はあわや建物が倒壊するのではと思うほど阪神淡路大震災以来の怖さを感じました。その後も猪名川が冠水するほどの豪雨、台風21号で家が揺れるほどの暴風雨に樹木がなぎ倒され、トタン屋根やお店の看板が飛び、池田に住んで40年を超えますが初めて長時間の停電を経験しました。台風24号はそれほど大きな被害とはならなかったものの、今年の言葉が「災」となったのも頷けます。

 異常気象が異常ではなくなるほどの多発、地震や火山活動の活発化が指摘される中で、「災害に強い国・市にするため、災害対策を強めること、環境破壊につながる行為をやめることが求められます。

 政治は、安倍政権のもとで何が正義か、民主主義とはなにか、民意はどこへといった混沌とした状況に国民が巻き込まれています。庶民には来年10月には消費税を10%に引き上げると言いながら、1機100億円もするステルス戦闘機を100機も平気で買う?憲法違反ではないのか、消費税が導入され街の中小業者の数は毎年のように減少し、景気は回復できないままに増税などとんでもないと言いたいです。増税のたびに減税してきた大企業は減税だけでなく輸出戻り税でも儲かる仕組みで、内部留保金が増えるばかり。軽減税率やカード決済に対応できない零細業者はまた切り捨てられます。

 来年は選挙の年、国政に対しても府政にも市政にも、国民の手で審判を下すことが出来ます。

 お金がないのなら、何故戦闘機を買う必要があるのか、何故設けている大法人に減税するのか、お金がないのではなく、税金の集め方、使い方が問題です。沖縄の民意も無視…それは沖縄だけの問題ではなく国民すべてに及ぶ問題です。これほど民意無視で政権の私物化というひどい政権はありません。国民の手で変えていきましょう。

 新しい年は、希望の持てる年になりますように、みなさんと共にがんばりたいと思います。
 皆さん良いお年を、お迎えください。c0133422_22504230.png
by michiko_fujiwara | 2018-12-31 22:56
2018年12月30日(日)

c0133422_0355277.jpg
c0133422_0364439.jpg

 2018年も明日1日を残すのみとなりました。

 年賀状の準備をしてながら、富士山女子駅伝を見ていると、今年の女子駅伝日本一に輝いたのは、愛知の名城大学でした。名城大学は全日本大学女子駅伝と2冠だそうです。2位は大東文化大学、3位には昨年までの覇者立命館大学。

 なんと名城大学のアンカーは、池田出身の高松智美ムセンビさんでした。この間まで高校駅伝で見かけていましたが、早や大学生になっていたんだ。今期主要トラック競技3冠の黄金ルーキーとテロップにありました。スーパールーキーのムセンビさんがゴールテープを切りました。2位も1年生ランナーでした。5位の松山商業も7人中5人が1年生でしたが、1年生の活躍が目につきました。

 しかし、1年生だけでなく今回で引退することになっている4年生はじめ3年生、2年生、それぞれが、心ひとつに頑張った結果、日本一に結びついたのでしょう。

 もう一つ目を引いたのは、母校からの出場とはならなかったものの、出場できなかった学校からの全日本選抜チームが1区、2区共に区間新でトップを走ったことです。

 つまり、優勝チームや上位チームだけではなく、それぞれのチームに素晴らしい走りをして順位を上げるランナーがいるため、3人、4人のみならず、9人も抜き去る醍醐味も見られました。

 年が明けると、実業団や箱根駅伝なども楽しみです。


 
by michiko_fujiwara | 2018-12-31 00:42
2018年12月1日(土)

c0133422_04673.jpg 今日は、北豊島小学校と呉服小学校の餅つき大会を見学して、商工会議所で開かれていた更生保護茶会に行ってきました。

 餅つき大会は、今年からPTA主催になったとか。朝早くから準備され、餅つき、丸め方、かまど番の蒸しかたなど保護者や、地元の大先輩、先生方から指導受けながら子どもたちが楽しんでいました。つきたてのお餅と、豚汁を美味しくいただきました。

c0133422_052822.jpg 先輩方はさながら、餅つきマイスター。杵の持ち方、小餅のちぎり方、丸め方など手際よく指導。こうして子どもたちに引き継がれるといいですね。しかしPTA主催になったため生徒たちは代休にはならないそうです。学校で学ぶことが多すぎるためゆとりが無くなっているのでしょうか。


c0133422_073679.jpg 更生保護茶会では、刑務所でつくられた革製品(かばんや小銭入れ、靴など)や支援者の人たちの手作り作品など展示販売。丁寧な仕上がりで、靴を買われている方も…。私はバッグや、ハンカチ、手作りのブーケなどを購入(*^^*) お抹茶も美味しくいただきました。
by michiko_fujiwara | 2018-12-01 23:11
2018年11月26日(月)

 24日の夜中、2025年万博が大阪に決まったとのニュース。

 TVでは大喜びをしている知事の姿や大阪市民の姿を映していましたが、そんなにもろ手を挙げて喜んでいいのか。

 万博の会場予定地は大阪湾に埋め立てた人工島「夢洲」。5月3日から11月3日の6か月間、2800万人の来場を見込むと言います。そのため今後、夢洲周辺のインフラ整備を本格化させ総額2千億円近くにも上るという整備事業費に国税や府税が使われることになります。

 マスコミが多くの喜びのコメントを述べる中で「歴史的意義がない」と懸念の声も紹介されていました(朝日・夕刊)。そのコメントは次の通り。

 神戸女学院大学名誉教授の内田樹さんは、「『え』と絶句『金が欲しい』以外に何の動機もない万博の開催がどのような悲惨な形で終わるのか、想像すると悲しくなってきます」とツイート。「今回の目的は経済波及効果だけで、世界に伝えたいメッセージや未来へのビジョン、歴史的意義がない。開催後に残るのは廃墟だけ。長きにわたって負債に苦しむことになる」と語っています。

 コラムニストの小田嶋隆さんは「賛否があってしかるべきだと思うが、開催地に決まった瞬間、報道が『よかった』『おめでとう』という声に染まったことに違和感を覚える」「東京五輪についても言えるが、招致の段階では両論併記だったのが、決まった瞬間に反対意見がなかったかのようになる。自分の意見より空気に従順なことが大切にされることに怖さを感じる」と語っておられます。

 70年万博に4~5回通ったという東京の会社員の女性は「ネット時代の今では事情が違う。あの時と同じ感動はないかもしれない」との感想。

 私は、地震や台風で使い物にならなくなった関空のように、東北地震の時に被害を受けた現舞洲庁舎のように、莫大な税が災害に弱い軟弱な埋め立て地に湯水のごとくつぎ込まれること、そして何より万博を隠れ蓑にしてIR(カジノ)誘致を目指していることが問題だと考えます。

 かつて私も千里で行われた大阪万博に2度ほど行きました。宇宙開発が始まったばかりで、アメリカ館やソ連館など入るのに長蛇の列でしたが、人類の未来に対する夢が見られるものでした。しかし格差が広がる中でいま万博に莫大なお金をかける意義はあるのか「公衆の教育を主たる目的」とする万博にカジノがその目的に値するのか?

 今でもギャンブル依存症に悩む人たちが大阪に特に多いとされている中で、パチンコや競輪・競馬とは比べ物にならない危険が潜んでいます。社会と遮断され24時間ギャンブルに浸り続ける、その場で預金を下ろし、借金までできるカジノはギャンブル依存症を増やし、日本人をターゲットにカジノ業者が利益をひとり占めし本国へ持ち帰るという百害あって一利なしです。

 「カジノより防災」「カジノより福祉に」「カジノより教育へ」「カジノより中小業者」と言いたい!

 
by michiko_fujiwara | 2018-11-27 02:29
2018年11月23日(金)

c0133422_2353316.jpg 毎年恒例の、みかん狩りでした。昨年同様、南部後援会と女性後援会2つのバスが、みかん園で合流しました。バスの中では脳トレクイズ(コストカッターって何?…などと時勢を写すクイズも)や懐メロの合唱など、ワイワイガヤガヤ。

 今年は台風の影響と猪の被害で大変だったとのことでしたが、いつも訪れる橘香園は沢山のグループが入れ替わり来られて盛況c0133422_2355026.jpgでした。

 私たちはいつもの通り、国華園で菊の花の絵巻物を愛で、バスの到着時間を当てるクイズ商品の花鉢を買い、岸和田の橘香園に向かいます。国華園の建物に入ると何種類もの花鉢が並び、壁際には菊の花でつくられた絵巻物、むせかえるような菊の香りです。今年も園芸高校の作品が出展されていました。七福神がいる宝船が作品のイメージでした。

c0133422_235619.jpg そこで先着していた女性後援会と合流し、お弁当タイムの前に少しご挨拶をさせていただきました。みかんはちょっと小ぶりでしたがどれも甘く酸味は少ない感じ。少しいつもより甘味が緩い感じがしたのは何度も押し寄せた台風の雨風のせいでしょうか。参加者は籠からあふれんばかりにみかんを取り、食していました。

 どこかの体育研究会というゼッケンをつけた子どもたちの集団もc0133422_23564818.jpgみかん園のおじさんの話を熱心に聞いていました。「みかんの花は何色?」「みかんは小さい方が甘い?」などクイズ方式で案内されていました。

 みかん園を後にして泉佐野漁港へ。青空市場(かつては本当に屋根のない青空だったそうです)と大きな看板のある交叉点を回り漁船の並ぶ海を見ながら市場に到着。
 とれとれの鮮魚が並びます。目と目が合うとどーんと値下げするc0133422_2358849.jpgから買ってと言わんばかりに値段が下がりますが、何せ大量。漁港ですが、漬物もあれば、茶碗や刃物もある。花やさんまであります。いつも行列になるのが、注文するとその場であげてくれる天ぷら屋さん。乾物もあります。参加者の今晩のおかずは?などと想像しながら帰途につきました。

 何よりもお天気で、迷子にもならず、無事に帰ってくることが出来ました。皆さんお疲れ様でした。
by michiko_fujiwara | 2018-11-24 00:01

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara