人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2018年 11月 16日 ( 1 )

2018年11月16日(金)

c0133422_2511257.jpg 15日、大阪国際空港航空機事故対策総合訓練が大阪空港第7エプロンで行われました。

 参加機関は空港運営者の関西エアポート(株)、空港設置者の新関西国際空港(株)をはじめ、行政機関、消防機関、警察機関、医療関係機関、大阪国際空港内の事業所(航空機会社)、(株)NTTドコモ関西支社など55機関、630名、参加車両59台、c0133422_252141.jpg航空機・日本航空・エンブラェル170型機1基、ヘリコプター4機、大型バス2台。池田市、池田消防本部、池田市医師会もこの中に含まれています。

 訓練は、ABCD航空機2018便、エンブラエル170型機が大阪国際空港に着陸した後、B滑走路中央部付近で擱座し、第2エンジンより出火炎上。乗員・乗客に多数の負傷者が発生したc0133422_2532714.jpg…という想定です。一応、那覇から伊丹に到着し搭乗者は乗員4名、乗客33名(看護学校の生徒さんが協力)都の設定。

 飛行機から煙が出て広がり、消防車が駆けつけ消火活動を行い、乗客を救出。見慣れたふくまるくんの絵が描かれた池田市の車両が放水し消火。さらにセンサーのようなもので航空機の車体を外側から調査し、飛行機の中に乗客が残っていないことを確認。救出した乗客はトリアージを行い重症患者、軽症患者などに分けたテントに搬送。

 テント内で、死亡確認の報告が行われたり、家族が遺体確認に駆けつけるなどと言うやり取りがマイクで紹介され映像がモニターに映し出されます。しかし逆光でよく見えない(笑)実際には遠すぎて音声での説明で想像していました。

 病院へ搬送するための救急車両や、ヘリコプターが上空から降りてきます。時折本物の飛行機も飛んでいくのが見えます。沢山の消防車両や救急車が何台も音を立てて走るわけですが、本物の飛行機の乗客たちは、何か事故でもあったのかと飛び立つ機内から眺めておられたのではないでしょうか。

 お天気は良かったですが、障害物の少ない広いひろい屋外ですから、テント内は結構冷え込みました。温かくして来るようにと情報をいただいていたので、真冬のコートを着て行きましたが正解でした。途中でテントの外へ出ると太陽の力はすごい。温度差が結構ありました。

 準備、設営から受け付けのみならず、案内係まで消防職員さんにしていただき有難うございました。訓練のような事故が起こらないことが当たり前ですが、いざという時の各機関との連絡体制なども確認しながら訓練されていたと思います。しかし、実際の乗客は一般市民ですから、私たちが体験しいざという時に備えられるような訓練があっても良いのでは…などと思う私でした。参加された皆さん、お疲れ様でした。
by michiko_fujiwara | 2018-11-16 23:53 | 議員活動

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara