藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2018年 05月 21日 ( 1 )

2018年5月21日(月)

 17日、一日で臨時議会が終わり、18日は朝から北摂各市の議長さんたちにごあいさつ回り。

 箕面市、豊中市、茨木市、高槻市に伺い、山越えをして豊能町、能勢町を訪れ、川西市と伊丹市に寄せていただきました。

 池田市のように、一日で役員選挙が終わるところもあれば、数日間かけて選挙をされるところ、議長、副議長と日を分けて選出されるところ、6月議会の冒頭に選出されるところなど様々です。中間選挙のところもあり、時期がずれるところもありますが、新たに選出されると、私たち同様にご挨拶に来られるようです。

 今日は空港活性化協議会総会後の懇親会に出席してきました。兵庫県や大阪出身の国会議員府議会議員、伊丹、豊中、池田、宝塚の市長や議長さんたち、活性協に参加する商業団体などの代表の方たちが伊丹シティホテルで懇親会に集まっておられました。

 大阪国際空港(伊丹)が住宅地にある空港として騒音対策が大きな問題となり、午前7時から午後9時までの国内線の就航空港となり、関空が国際便の就航する空港として棲み分けされる様になりましたが、利便性の関係からか、旅客数が減少していました。

 伊丹としては国内線だけになっても、一番利益を上げる空港として利用され、騒音が心配されるジェット機の低騒音機化が進んだことで長距離国内便が増えたこともあわせ、少しずつ旅客数が増えつつあります。

 先日の空港リニューアルで空港利用者だけでなくショッピング街や展望デッキなど新たな楽しみ方に訪れる方も増えるでしょう。

 今、伊丹に近距離国際便を望む声が高まっています。韓国や中国等であれば国内便と変わらない距離にあり、低騒音機で飛ぶことが出来れば、利用者の利便性は高まり、利用者がさらに増える可能性があります。ただし、そのために飛行時間が延長になれば、離発着の真下に住む人たちに騒音時間が続く心配もあります。同じ時間内で離発着をふゃせるのか、時間延長を認めるのか地元自治体としても十分検討が必要です。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2018-05-21 23:58 | 議員活動

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara@wombat.zaq.ne.jp


by michiko_fujiwara