人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2018年 05月 08日 ( 1 )

2018年5月8日(火)

c0133422_321063.jpg 今日の赤旗新聞に、オックスファムの報告書のポイントが掲載されていました。

 国際協力団体オックスファムは、極端な貧困をなくすには、極端な富を終わらせなければいけない…と世界経済の改革を提案しています。ここ数年、世界の格差がどれだけ進んでいるかというデータを報告書にまとめ、世界の実業家や政治家が集まるダポス会議(世界経済フォーラム年次総)に先駆けて発表してきました。今年の報告書は特に労働の分野に焦点を当てたとのこと。

 オックスジャパンの事務局次長・森下麻衣子さんは、2017年に世界で新たに生み出された富の82%が世界でもっとも豊かな1%の人たちのものになり、世界の下半分の37億人が手にした取り分は1%にも及ばない…富が平等にいきわたっていない、つまり現在の世界経済は、資産を保有する人を豊かにする仕組みになっていると言います。

 株主への配当やグローバル企業経営者への報酬が増えている一方、労働者の多くは長時間労働を強いられながら生活資金に満たない所得に甘んじている…と。

 なぜこれほど所得格差が生じるのか。それは大企業が株主利益を最大化するため容赦なくコストを削減し、各国の政策決定に過剰な影響力を及ぼし、労働者の権利保護を衰退させているからだと言います。しかし、こうした億万長者の増加は経済的な繁栄の表れではなく、破綻した経済システムの症状であり、ものをつくり、働く人たちは企業や裕福な投資家の利益を増やすために搾取されているときっぱり!

 報告書には、①裕福な国でも貧しい国でも労働条件の規制が削減され、賃金が低下している。②他国籍企業は最低コストの国を選んでグローバル・サプライチェンを構築する。各国を「底辺への競争」に追い込み、最も安い労働力を提供するよう強いる。製造業の外部委託と結びついて賃金を引き下げている。③新技術が雇用を削減し、労働者よりむしろ機械の所有者に利益をもたらしている。

 ④女性の低賃金と無権利が労働者の交渉力を低下させている。⑤企業に対する大株主の圧倒的支配によって、企業は株主の利益の最大化を目指すべきだという新自由主義が広がった。配当など株主の利益が増えている。⑥金融分野の拡大と、金融と資産の規制緩和で、資本が国境を越えて動き回る。これが金融市場に支配的な交渉力を与え、株主に利益をもたらしている。

 ⑦富裕な企業と個人が課税を逃れている。⑧富裕層への税率が劇的に低下している。⑨集中と独占で企業の利益が増大し、格差を広げている。

 このように億万長者は、賃金、労働条件、税率を引き下げる自滅的な「底辺への競争」を各国に強いている。経済はこんな形で構築される必要はない。将来世代を含め、すべての人に人間らしい生活をもたらす、人間のために経済をつくらなければならない…と指摘しています。

 税制を変え、教育や保健医療など公的サービスで無償提供をすること。所得格差の是正が必要であり、株主配当に制限を課し、役員報酬を平均的労働者の資金の20倍以下に抑えることを提言しています。すべての労働者に生活賃金を支払う義務を多国籍企業に貸し、各国の最低賃金の水準に引き上げることも提言しています。

 報告書と同時期にベトナムの工場で働く女性が、有名ブランドの靴をつくる映像も動画で紹介しているようですが、子どもたちを実家に預けて出稼ぎに出、何カ月も子どもに会えないまま120円未満の時給で働いている事、フィリピンのバナナ契約栽培農家が多国籍企業との間で奴隷のような契約を結ばされている姿など、その実態を公開しているそうです。

 オックスファムは、ごく少数の幸運な人々だけでなく、すべての人が恩恵を受ける、人間のための経済の実現を目指しています。全く私たちの活動と同じ方向性が示されています。

 このような提言を実現できる政府に変えていかなければなりませんね。
by michiko_fujiwara | 2018-05-08 23:59

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara