人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2016年 12月 04日 ( 1 )

2016年12月3日(土)

c0133422_2555520.jpg 厚生労働省は11月30日、医療保険制度の見直し案を公表しました。高齢者を狙い撃ちするものとなっています。

 自己負担の上限額を定めた高額療養費について、見直し案では70歳以上の負担上限額を現役世代と同水準に引き上げ、外来の負担特例も廃止し、2018年8月までに段階的に引き上げるc0133422_3133567.jpgというもの。
例えば、医療費が100万円かかった場合、年収370万円未満の負担上限額は外来が現行の1万2千円から5万7600円に、入院も現在の4万4400円から5万7600円にそれぞれ引き上げる予定。

 年収370万円以上の「現役並み所得」とされる人は、年収に応じて新たに3つの区分をつくるようです。外来は現在の4万4400円から最大25万4000円に、入院も現行の8万7000円から最大25万4000円に引き上げ。低所得の住民税非課税の人についても、外来現行の8000円から所得に応じて1万から1万5,000円に引き上げる案を示しています。

 見直し対象者は約14,000人、非課税世帯の外来見直しも加えると2,220万人に影響が及びます。

 さらに、75歳以上の後期高齢者医療費の保険料を9割、8.5割軽減している「特例軽減」を廃止し、75歳になる人は2017年度から保険料が2倍になるなど最大10倍もの負担増を強いることになります。療養病床に入院中の65歳以上は、新たに居住費を1日320円から370円に引き上げるなど、軒並み負担増を押し付ける内容です。

 一方、子どもの医療費助成に対する国のペナルティについては、見直し対象を未就学児までに限定となりそうです。

 社会保障審議会医療保険部会では、委員から「医療へのアクセスを阻害してはいけない。慎重に検討を」「重症化につながれば、医療保険財政にも支障をきたす」などの意見が次つぎ出されたとか。当然です。 
by michiko_fujiwara | 2016-12-04 03:15 | 医療・検診

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara