人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2015年 09月 28日 ( 1 )

2015年9月28日(月)

 今日の毎日新聞を見て、びっくり!

 政府が昨年7月1日に閣議決定した、集団的自衛権の行使容認に必要な憲法9条の解釈変更について、内閣法制局が内部の検討過程を公文書として残していないとのこと。

 法制局は、昨年6月30日に解釈変更をめぐって国家安全保障局から閣議決定の案文を受け取ったそうですが、閣議当日の7月1日には担当参事官が「意見はない」と白紙委任に近い返事を電話だけでしており、局内で審議したことを裏付ける資料は何も残していなかったそうです。専門家からは、意思決定過程の記録を義務付ける公文書管理法の趣旨に反すると指摘されているとか。

 公文書管理制度に詳しい瀬畑源・長野県短大教授は「公文書管理法は将来にわたる国民への説明責任を理念とし、公文書を「民主主義の根幹を支える国民共有の知的資源」する。意思決定の過程は必ず記録し、歴史的検証に耐えうる文書として残す必要がある。今回のような大きな政策転換に係るときにはなおさらだ」と指摘しています。

 国の形を根底から変える、憲法9条の解釈変更を、法制局はたったの1日で「意見なし」とし、審議記録も残さず電話で返事するなど「法の番人」が泣きます。

 元総務官僚はかつて、法解釈の審査を受けるために何度も法制局に通い、「法制局とは必ず文書でやり取りした。今回の閣議決定を審査するなら、天井まで積みあがるくらいの文書と、すくなくとも1ねんちかくのじかんがひつようだろう。つまり法制局は今回、何もしなかったということだ」と批判しています。

 あらゆる法令に矛盾がないように厳格に審査し、軍部に一番物申せたのが法制局だと専門家は言います。長官人事について、これまで局内で部長や次長を経て経験を積み重ねて長官にのぼりつめるのが慣例だったものを、安倍政権によって、外部から小松氏を送り込むなど政治の介入を行ってきたことから、「法の番人」として威厳を保ってきた法制局が無力化されつつある現状が垣間見えます。

 
by michiko_fujiwara | 2015-09-28 08:55 | 平和へ

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara