人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2015年 09月 17日 ( 1 )

2015年9月16日(水)

 今日は総務委員会。

 今議会でも一番大きな問題だと思われるマイナンバー法関連議案4件と、国際交流センター条例制定、共済年金と厚生年金の一元化に関する3つの条例の一部改正、大阪都市競艇組合を企業団に変更する規約変更に関する協議、一般会計補正予算が審議されました。

 マイナンバー関連議案は、「池田市個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の制定」「池田市個人情報保護条例の一部を改正する条例の一部改正」「池田市情報公開・個人情報保護審査会条例の一部改正」「池田市手数条例の一部改正について」の4議案。

 10月5日から住民票を有するひとりひとりに12ケタの個人番号がつけられ通知カードが送られます。個人番号カードの申請用紙も同封されるそうです。個人番号カードには顔写真を貼り付けることになっていますから、身分証明書代わりとなるとのこと。ただし通知カードが届いても必ずしも個人番号カードをつくらなければならないという事ではなく任意です。

 条例では個人番号を利用する事務を処理する人を個人番号事務実施者と言いますが、その実施者には事務を委託する民間事業者も含まれるという問題もあります。税と社会保障、災害対策が当面の対象となりますが市独自の事業として児童医療費、ひとり親家庭医療費、老人医療費、障害者医療費、いわゆる福祉4医療の女性事務が予定されています。来年1月から実施という流れ。

 税に関してはその対象となる職員、従業員の給料も対象ですから、従業員を持つ事業所にも個人番号を通知しなければなりません。国会ではさらに、銀行取引や医療情報などにも拡大することをまだ実施も検証もされないうちに強行採決してしまいました。

 情報は分散管理をするから、紛失や盗難などにあっても本人確認をしなければ使えない、情報が一つに管理されるわけではないから大丈夫だと言っていますが、悪意を持って利用しようと思う人がいるかぎり情報は漏えいすると思わなければなりません。絶対大丈夫などありえないことです。

 大丈夫だと言って原発事故が起きたように、大丈夫だと言っていたはずの年金情報が125万件も流出したこともまだ十分な対策が取れたとは言えません。つい先日の『堺市職員が全有権者68万人分の個人情報を流出」した問題は9年間も気づかずに堺市の全有権者情報を不正に持ち出していたと報じられました。
 
 125万件の年金情報が漏れた事件のように、外部からの攻撃もありますが、内部の職員が個人情報を持ち出すのを止めるすべはありません。一人にただ一つの個人番号にすべての情報を集約するマイナンバー制度は危険が大きすぎます。取り扱う職員の負担も一段と重くなります。

 日本共産党の小林吉三議員は、マイナンバー関連議案に反対しました。自民同友会、公明党、市民クラブ、大阪維新の会池田の各委員は全員賛成しました。

 議案が今議会で採択されれば、1階の総合窓口にマイナンバー専用の窓口を3か所増やし3人の職員を配置するとのことでした。9月29日の本会議でもう一度討論を行い採択されることになります。
by michiko_fujiwara | 2015-09-17 01:28 | 議会報告

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara