人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2015年 07月 28日 ( 1 )

2015年7月28日(火)

c0133422_3171878.jpg 戦争法案は27日に参院で審議入り。市田書副委員長が代表質問に立ち、「戦闘地域」での兵たん、形式上の「停戦合意」があっても戦乱が続く地域での治安維持活動、「集団的自衛権の行使」など法案の違憲性と危険性を質しました。

 一方で、首相補佐官の磯崎陽輔氏が26日の講演で「法的安定性は関係ない。(集団的自衛権の行使が)我が国を守るために必要な措置かどうかを気にしないといけない」などとc0133422_3184591.jpg立憲主義を否定するような暴言を行いました。政府・与党自ら集団的自衛権行使を禁じたこれまでの憲法解釈を180度覆しながら法案の「法的安定性」を強調してきただけに重大です。

 講演で磯崎氏は「『憲法解釈を変えるのはおかしい』と言われるが、時代が変わったのだから政府の解釈は必要に応じて変わる」とまで述べており、法に沿った政治をしなければなc0133422_3195433.jpgらないなどとは思ってもいないかのようです。こんな人たちが日本の政治をつかさどっていると思うとホント情けない。自民党自身苦言を呈しながらも、辞任せよとの野党の要求には応じようともしません。

 政府、与党は9月中旬の成立を狙っているようで、いよいよ大きな山場を迎えることになります。

 今日の毎日新聞には、戦争法案を巡って創価学会員たちの反発が起きており、公明離れが起きていると報じています。19日の大阪市内で行われた若者たち主催の反対集会とデモ行進に少なからぬ学会員が参加し、「法案は平和を求める学会の教えにそぐわない」「法案を止めるには学会員が声を上げるしかない」と言っています。学会のシンボルである三色旗に「バイバイ公明党」などとプリントしたプラカードを掲げデモに参加しています。

 当たり前の行動ですね。議員の方が異常だと言わざるを得ません。前回の参院選では毎日新聞のアンケートに、公明党参議院議員11人は、集団的自衛権行使のための憲法解釈は見直すべきではないと答えていたそうですが、今は一転して政府の公式見解を展開しています。世論調査の結果を見ても与党支持者の多くが反対の意思表示をしていることは間違いありません。

 池田でも戦争法案反対の1点で共同しようと8月9日に反対集会を開きます。政党支持の枠を超え「戦争はいやや!」と思っている人は是非一緒に声を挙げましょう。
by michiko_fujiwara | 2015-07-28 23:56 | 平和へ

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara