人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2014年 10月 31日 ( 2 )

2014年10月31日(金)

 総務委員会、一般会計の決算審査は議会費からスタート。

 政務活動費を使って出す市議会報告ビラに選挙の事前運動と思われる人物(婚約者の息子)を載せたり、私的な記事(会派代表が婚約したと発表し女性と一緒に写した写真を掲載)を載せていいのかと山元議員が追及。まちの見張り番議員団の市議会報告ビラですね。

 議会事務局は不適切だと指摘をしたとのこと。もちろん議長も不適切だと答えています。事務局から指摘をされても自分としては正しいと思って載せたのでしょうか。もちろん見解の相違はあるでしょうが、それが適切だと自信をもって言えるかどうかが問題です。その分、按分して活動費を使わないからいいじゃないかと言うのかもしれません。しかし、税金を使って議会報告をするのですから、その範囲内の記事にすべきだと思います。

 号泣市議のおかげでただでさえ活動費の使い方が注目されているときに、調査活動費とは関係のない記事は載せるべきではありません。当の代表者がその委員会に出ていましたが、珍しく全く反論もなくヤジもなく(いつもはひどいヤジをとばすのに)静かなひと時でした。

 ちなみに池田では以前から1円から領収書を添付し、政治活動、選挙活動は認めない、書籍を買ってもその書籍のコピーを添付、学習会をしてもレジメを添付するなどルールが決められています。市議会報告は広報広聴費として、議会の内容を市民に伝えるもの。私的なものはもちろん、正確でないものは載せるべきではありません。ましてや思い込みの記事は市民に間違った情報を流すことになりますから確認できていないものは避けるべきだと思いますが…このあたりが今乱れているようです。
by michiko_fujiwara | 2014-10-31 22:32 | 議会報告
2014年10月30日(木)

 総務委員会で、「小中一貫校建設をしなければ、例えば一般会計からの繰り入れで国保の保険料引き下げにも使えたのではないか」との山元議員の質問に対し、市長が「細河小中一貫校建設は議会が決めたこと(確かに共産党以外はすべて賛成されました)。国保は一部の人しか加入していないので一部の人にだけ税金をつぎ込むのはよくない」といった答弁がありました。厚生委員会の公明党議員と同じです。

 現在の国保加入者は市民の4分の1かもしれませんが、いまサラリーマンで会社の健康保険や共済保険に加入している人であっても、いずれ会社を退職すればみんな国保に加入するんです。そう考えるとほとんどの市民が国保のサービスを受けることになります。国保料がどんどん高くなることは決して他人ごとではありません。

 また、先日もブログに書いた通り、行政サービスはすべてが市民全員対象のものばかりではありません。弱者と言われる層に手厚くして、誰もが健康で文化的な生活が出来る様にすることが憲法に沿った政治の在り方であり、住民の健康と福祉の充実を第一とする地方自治体の役割です。公平性の原則とは聞こえのいい言葉ですが、単純に均一のサービスをすることが公平という事でしょうか。

 所得税を国が国民から徴収し、税収の少ない地方でも全国同様の生活を保障するために国が制度として決めたり、自治体間の格差是正のために交付税措置が行われているのではないでしょうか。同様に誰もが憲法で保障された生活が送れるように、子どもやお年寄り、障がいを持つ人などに手厚くするのが本来の在り方です。ましてや国保、介護など命にもかかわる社会保障分野は本来国の責任で無料にして然るべきです。

 ヨーロッパで医療費や教育費が無料という国が多いことも政治の在り方として当然です。それを一部の人に税金を使うのは公平性の原則に反するというのは言葉の表面しか見ていないと言わざるを得ません。公平というなら誰もが健康で文化的な生活を公平に享受できるようにすることではないでしょうか。

 
by michiko_fujiwara | 2014-10-31 01:58 | 議会報告

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara