人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2014年 03月 20日 ( 1 )

 2014年3月20日(木)

 政府は、消費税増税に伴う低所得者対策として暫定的・臨時的措置として住民税非課税の方を対象に「臨時福祉給付金」の支給を予定しています。消費税収は国に入りますが、給付作業は市町村の福祉担当に任せるため、平成26年度池田市一般会計予算にもその関連予算が含まれています。国は決めたら終わりですが、おかげで自治体の福祉担当は大忙しです。

 具体的には2014年1月1日に住民登録されている方で、2014年度に市民税(均等割)がかからない人が対象です。誰かの扶養となっている方は扶養している人が課税の場合は対象外となります。生活保護受給者も対象外。支給額は対象者一人につき1万円。老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金、児童扶養手当、特別障害者手当等の受給者などは5000円を加算するとのこと。

 広報やチラシ、ホームページなどで案内しますが、税の書類通知にも申請書を同封送付するそうです。6月に申請、7月初旬から20~30日で審査を行い、7月末頃には配布の予定だそうです。

 消費税増税の痛みに対しほんのわずかの人たちへ1回限りの臨時給付金では今でもギリギリの生活をしている国民にとってやりきれない思いです。消費税増税は今後ずっと続くのですから…。

 増税のたびに中小零細業者が廃業に追い込まれ、労働者の平均賃金は下がり続けている中で消費税増税など、大企業が内部留保を増やすことはあっても日本経済を最悪の状況に追い込むだけではないでしょうか。わずかの臨時給付金でごまかすことは出来ません。勇気を持って増税をストップすべきです。
by michiko_fujiwara | 2014-03-20 22:19 | 議会報告

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara