人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2013年 08月 30日 ( 1 )

 2013年8月29日(木)

 松江市教委が「はだしのゲン」を市内の小中学校の生徒に見せないよう閲覧制限していた問題は、全国・いや海外からも批判の声が上がる中で、ついに撤回されました。市民の良識の勝利ですね。

 ことの始まりは、昨年8月に、ありもしない日本軍の蛮行など間違った記述があるとして。市議会に小中学校図書室からの撤去を求めた陳情です。しかし市議会は、議会が学校に図書をおくかどうかなどに干渉すべきではないと全会一致で不採択としました。提出者は高知市の男性らしく高知市でも陳情して不採択になっているとか。陳情の内容は歴史認識をゆがめるもので、従軍慰安婦はなかったとする主張と共通しています。

 ところが松江市教委は、日本軍の斬首や女性暴行の描写が問題(さすがに間違った記述とはいえない)だとして、教育委員会議にもかけず、自由に閲覧できないようにする閉架措置を校長会で要請(12月と1月の2回)。

 しかし今月になってこの問題が明らかになり、批判の声が県内外に広がりました。市教委と教育長に対し、図書館協会、日本原水爆被害者団体協議会から要望書が送られ、抗議の申し入れは28団体、意見は約3000件寄せられたそうです。インターネットでも反対署名運動がおこり私も署名したところです。

 日本共産党松江市議団は閲覧制限の撤回と市教委への事情聴取や市議会や市民への経過説明を明らかにするよう申し入れを行ったとのこと。市教委は28日、臨時の校長会を開き経過を説明したそうです。教育長は「手続きの不備で大きな混乱をまねいた」と謝罪したそうですが、手続きだけの問題ではないと思うのですか…。

 校長さんたちは、2度閉架措置を要請してきたので「指示と受け止めた」と言っていますが、教育長に再考を促さなかったと反省の弁も述べています。上意下達で当たり前となっていることが問題です。松枝に限ったことではないところがちょっと心配です。

 また、堺市長選で維新から出馬予定の元市議の応援に乗り出している橋下大阪市長が、この問題について「教育委員会に介入すべきでない」「市教委はマスコミの圧力に屈するな」と言ったとか。自分はどれだけ教育委員会に介入しているか、なんて考えもしないんですね。大阪で何が行われているか、日の丸君が代の強制で口パクチェックまで行い、大阪市の校長は民間校長を公募し、そのうちの一人は3ヶ月で校長職を辞し、今一人は児童の母親にセクハラをするなど、問題もすでにおきています。自分こそ教育に介入するのを止めるべきじゃないんですか?…と言いたい。

 教育に政治が介入しない原則を堅持し、知る権利を保障すること、行き届いた教育で、子どもたちが自分自身で判断できる力を身につけさせたいですね。
by michiko_fujiwara | 2013-08-30 01:49

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara