人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2012年 02月 01日 ( 1 )

 2012年2月1日(水)

 防衛省沖縄防衛局が2月12日投票の宜野湾市長選挙に介入していたことが明らかになりました。
 31日の衆議院予算委員会で、日本共産党の赤嶺政賢議員が追求。

 沖縄防衛局総務部総務課人事係が、防衛局内各部の庶務担当者あてに選挙権のある職員や親族らのリストを作成し、対象者を集めて真部朗局長の「講話」を行っていました。
 2通目のメールには宜野湾市在住の職員・親族の調査を依頼し、その対象者に局長「講話」を「必ず聴講するよう」通知を求めています。「講話」の時間は職務中です。

 赤嶺議員は、「職権を使って職務命令によって有権者リストをつくったことは極めて重大だ。国家機関の選挙に対する中立・公正の義務、選挙における地位利用の禁止に反することは明らかだ」と追求しました。

 議場内は騒然、田中直樹防衛相は「そういう事実はあってはいけない」と至急確認すると答弁。野田首相は「まずは事実確認を」と述べるだけで、「こんなことがあってはいけないとの認識を持っているのか」との問いには一切答えなかったそうです。

 マスコミもことの重大性に、一斉に報道。今日の夕刊では、防衛省は「特定の候補予定者を指示する内容は確認されなかった」と報告したとありましたが、講話の中で立候補予定者を紹介しており、選挙介入の疑いは濃厚です。我が党はじめ自民、公明も真部氏の参考人招致を要求したとのこと。当の真部氏は、「名護の選挙でもやった」と述べているとか。

 年末には、沖縄県民の反対の意思を無視して、新基地建設に向けた環境影響評価書の提出を強行し、今度は選挙介入となりふり構わずです。沖縄県民よりアメリカの要求のほうが大事なようです。これでは日本の政治は任せられません。宜野湾市長選挙はより一層重要な選挙となってきました。
 
by michiko_fujiwara | 2012-02-01 23:37

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara