藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2011年 09月 23日 ( 1 )

大阪府政を考える

 2011年9月23日(金)晴れ

 日本列島を縦断・台風15号が通り過ぎ、お彼岸の今日は良いお天気ですが空気は随分涼しくなりました。バイクで走ると上着が1枚余分に必要です。こんな時体調を崩しやすくなりますので気をつけましょう。

 昨夜は「大阪府政を語るつどい」。橋下知事率いる維新の会が「教育基本条例」や「職員基本条例」を9月議会に出している問題、大阪府だけでなく知事を任期途中で辞めてまで大阪市を解体しようとしていることなどムチャクチャなやり方に怒りさえ覚えます。

 豊中市選出の堀田府会議員をまねき、3年半の橋下府政の実態を聞きました。

 橋下氏の性分は、権力体質、開発指向、口げんかの王者。この間府の施設や事業を次々と廃止してきました。

・青少年会館廃止 ・障害者団体への補助金廃止 ・私学経常費助成削減 ・高齢者在宅生活支援事業廃止 ・国際児童文学館を独立館として廃止 ・府営水道を市町村広域企業団に移管 ・千里救命救急センター補助事業を廃止 ・学校安全交付金(学校警備員)廃止 ・総合青少年野外活動センター廃止 ・府民牧場廃止予定 などなどまだありますがことごとく廃止。

 一方大型開発は継続
・新名神高速促進 ・彩都開発は中部地区へ拡大 ・箕面森町開発継続 ・関空のために伊丹空港廃港キャンペーン ・WTCビル買取(カジノ構想、ビルに入る企業全く無し、耐震化には莫大な費用がかかる) ・淀川左岸線延伸 ・なにわ筋線、関空リニアなどの交通インフラ整備などなど。

 財政再建したというけれど
・府立高校の理科・家庭科助手補助員等役300名を雇い止め ・人件費を3年間で1245億円削除で現在も継続中ですが借金は今でも5兆4156億円も残っている

 私学授業料助成の拡大や府立高校授業料を無償化したというけれど
・最初に私学助成削減で女子高生をに、「いやだったら公立に行け」といって泣かせたのは橋下知事。民主党政権が高校授業料無償化を打ち出すと180度方向転換。

 大阪市長になってやろうとしていること
・大阪市議会もリコールをして維新の開を多数はにし、大阪都構想の障害を取り除く ・2017年度までに大阪都をつくり、大阪市を8特別区に分解 ・大阪市の税金は39%を大阪都が横取り、市営地下鉄は民間に売却 ・大阪都は強大な権力・財力を使って大阪大改造そ推進 ・住民に身近な市町村で(財源の保障なし)、市町村は人口30万人以上の中核市に ・国保、介護、生活保護は大阪都が行う(市町村が保険料引き下げに負担しているのをやめる) 

 子ども・学校・教員のすべてを競争に駆り立てる教育づくり(学力テストの学校別公表、勤務評定で子どもより上司を気にすることに、3年続いて定員割れの府立高校は廃校にetc)

 府立学校の校長・副校長と府の幹部職員は公募で任期付採用。⇒知事に絶対服従し低賃金で働くように

 などなど、この先橋下氏の政治が広がれば、社会のひずみ、歪み、貧富の差が拡大するのは眼に見えていることが語られました。

 マスメディアを活用し知名度を高めるやり方は抜群ですが、来るべき大阪市長選挙・知事選挙は独裁者のような橋下氏に私たちの暮らしを・大阪を任せて良いのかが問われます。
[PR]
by michiko_fujiwara | 2011-09-23 10:55

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara