人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2011年 09月 07日 ( 1 )

 2011年9月7日(水)晴れ

 9月議会、本会議でした。報告案件3件、委員会に付託される議案17件に対し、理事者側の説明に対する質疑が行われました。

 市民から出された請願は、5件とも「学校施設再編整備計画」に関するもので、9月13日の文教病院委員会に審査付託されました。計画そのものを撤回せよというものや、石橋南小学校を廃校にしないでという具体的なものもありました。今後出されるものは今議会でなく休会中の審査となります。

 専決処分報告の中には、ダイハツ工業への還付金1億2950万5千円の支出がありました。約1億8千万円の予定納税に対し、決算額は5400万円となったため、預かり過ぎた税金・約1億2600万円を利息分・約300万円を加えて返還したものです。こうなりますと今期の予定納税は決算額5400万円の約半分となりますから、市にとってはプラスマイナス大きな痛手です。

 決算額が少なければ還付金は当然返還すべきものですが、実はダイハツ工業はダイハツ単独でも、連結決算でも経常利益を大幅に増やしています。通常であれば儲けが増えているのですから税金も増えて然りなんですが、何故か大幅な還付金。

 何故こんなことになるのか尋ねましたが、「税効果会計」のためとの答弁でした。企業の会計は会計で認められる経費と税法で認められる経費が違う場合があり、その差異を埋める会計処理が「税効果会計」という処理の仕方です。

 答弁を聞いたときは、「そうか」と思ったものの、後で調べてみると、「税効果会計」は会計側に差異を調整するもので、納税額には影響がなく節税効果とは無関係だということが分かりました。なんだか煙に巻かれたようでちょっとすっきりしません。

 しかし、減価償却費の残存価格を廃止するような税法改正もあり、一定の制限はあっても引当金など会社ならではの優遇措置もあるため、計算は合っているでしょうから専決処分に異議を唱えるつもりはありませんが、我々庶民としては利益を増やしている企業の税金が大幅に下がる事に釈然としないものがあります。
by michiko_fujiwara | 2011-09-07 19:07 | 市関連行事参加

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara