人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2010年 11月 13日 ( 3 )

悪質ないたずら?

 2010年11月13日(土)

 今朝知人から聞いた話によると、木曜日の朝、神田地域の複数のバス停近くで、子どもたちの顔の上に「死」と書き込んだ写真がばら撒かれていたそうです。ひとりだけではなく複数の子どもたちの写真だったとのこと。また、保育園か幼稚園かよくわからないけれど、子どもたちが使うタオル掛けと思える施設内の写真もあったとのこと。

 誰がどんな意図でこんなことをしたのか、いたずらにしては悪質です。

 警察に通報しているとのことでしたが、子どもたちを狙った変質者の何らかのアピールなのかよくわかりません。子どもたちに危害が及ぶことのないよう注意が必要です。

 
by michiko_fujiwara | 2010-11-13 22:47
 2010年11月13日(土)曇り

 中国からの黄砂でどんよりした一日でした。 今日は宇保会館での市政報告会。

 若者の貧困について本当に自己責任はないのかと言った質問が出、討論になりました。すべて企業の責任ばかりとは言えないのではないかという意見です。

 一時期は就職出来るにもかかわらず、フリーターを選択し、働いて貯めたお金で海外へ出て行くといった人たちもいました。しかし、この間企業の溜め込み利益が増え、経営者の所得は上がっていても、そこに働く人たちは逆に賃金を引き下げられ、正規社員は非正規に置き換えられている。選択したくても仕事が無い。社員に自己責任論を植え付け、少しでも異議を申し立てると止めさせられるという状況の中で働かされている。これらは自己責任なのか、選択できないところまで追い込まれているのではないか、などの意見が出されました。

 大学を出ても就職が出来ない、今では就活のため、ゼミを受けることも出来ない実態がある。本来の学問を学ぶということも出来ない。高校生の就職も難しい。働きたくても働けない現状のなかで自己責任とは辛い言葉です。

 派遣労働の規制緩和などで、安上がりに働かせることが出来るようになり、今では3割~4割が不安定な非正規労働者です。新規雇用は抑えられ非正規社員にすらなれないという実態には、政治の責任があります。公務労働者もどんどん減らされ、雇用は民間任せ。規制緩和で臨時雇用や派遣、請負を野放しにしてきたことが、ワーキングプアを生み出したのではないでしょうか。

 企業にはもっと社会的責任を追及し、雇用(正規)の確保をさせるべきです。公務労働も含め、経費節減と言えば人員削減が当たり前のようになっているところに大きな問題があります。

 政府は法人税の5%削減を来年度に実施しようとしていますが、日銀ですら、企業減税をしても設備投資する先もなく溜め込むだけで決して雇用促進にはならない、下請け企業には仕事は回らないことを指摘しています。

 資本力の強い大企業に対し、中小企業が対等に事業を行うことができるようにするために、政治的に規制が行なわれていたはずです。その規制が悪かのように何でも規制緩和をする風潮がありますが、その結果が不安定雇用を生み出し、下請け企業の仕事をカットして、企業の利益だけをしっかり確保する方向に向かいました。

 必要な規制を行い、国民が豊かになれるようすることが政治の仕事だと思うのですが…。
by michiko_fujiwara | 2010-11-13 21:58 | 議会報告
 2010年11月12日(金)雨のち晴れ

 北海道の農林漁業、経済、消費者団体のトップがそろってTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)参加について反対を表明。 山形では3000人がTPP交渉参加断固阻止緊急集会に参加。などなど各地で反対行動が行われています。

 TPPは、2006年にシンガポール、ニュージーランド、チリ、ブルネイが結んで発効した自由貿易協定で「原則すべての関税を撤廃する」ものです。これに、アメリカやオーストラリアなど5カ国が参加を決めています。

 もし日本がこれに参加したらどうなるか。安い輸入農産物が大量に入ってきて、食料自給率は14%まで下がると予想されています。340万人の雇用が失われるとも。…農水省の試算結果です。

 北海道庁では、農家の全戸数の7割を超える3万3千戸の農家が困難になり2兆円を超える経済的影響が出るとの試算。

 国民の食と生命にかかわる重大な問題です。

 ところが農水大臣は、参加を前提としてか「国内対策を考える」そうです。菅総理が参加を検討しているからだそうで、農水大臣として、自国の農業を守るという姿勢はないようです。

 安い食料品が手に入ることは一見消費者にとってはよく見えますが、遠い国からの輸入は食品の安全性の問題も有りますし、何より自給率が下がれば国内で生産できないということであり、他国に依存しなければなりません。それは従属を意味します。

 もし、世界的飢饉にでもなればどの国も自国民を優先します。そのとき、国内で食料を確保できない日本は国民を飢えに追い込むことになります。生産農家を守ることは国民の命を守ることになります。自給率を高めることこそ政府が行うべきことではないでしょうか。
by michiko_fujiwara | 2010-11-13 01:09

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara