人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2010年 09月 03日 ( 1 )

 2010年9月2日(木)晴れ時々曇り

 午後少し曇ってきたので一雨来るかなと思いましたがすっかり裏切られ、全く雨の無い日が続いています。植木鉢の葉も、庭の木々も黒く変色し、連日の暑さにやられてしまったようです。

 さて9月議会の議案の続きですが、「ひとり親家庭医療費助成条例の改正」も提案されています。これまでの母子家庭の医療費助成に加え父子家庭にも適用されることになります。扶養している子どもが18歳になるまで母子・父子ともに医療費助成が受けられます。

 「市営住宅条例の改正」は、緑丘団地の建て替えが終わり、1棟60戸を市営住宅に借り上げます。同時に花園住宅を廃止するという内容です。花園住宅の入居者は市営緑丘住宅に優先入居となります。若干の公団枠を除いた残りを一般入居募集する予定です。

 「大阪広域水道企業団の設置に関する協議」については8月18日付ブログにも書きましたが、大阪府営水道を廃止して、大阪市を除く42市町村が共同して企業団を設立し、水道事業を運営する提案です。規約などを審議し、企業団に加入するかどうかを決めるものとなるでしょう。

 受給水自治体すべてが入る企業団というのは大阪が始めてとか。近畿では阪神企業団があるそうですが、4自治体が利用しているだけで、他は県営水道を利用したり自己水源を持っている様です。

 池田は、猪名川・余野川を水源として浄水場を持っており、府営水の利用は4%程度。基本的には自己水源で間に合うようですが、地震や事故などで給水出来なくなる場合を考え、複数水源を持っておきたいと府営水を購入しているということです。

 4%程度ですから大きな影響はないのかもしれませんが、今後淀川を水源とする水道事業運営で施設改善など新たな資本投入が必要になった場合、負担金などの支出を求められるようなことは無いのか、京都・大山崎町のように必要以上に買わされるということは無いのかなどいくつかの疑問があります。

 そもそも何故府営水道を止めなければならないのか、橋下知事だからではないのでしょうか。知事が代われば…急ぐ必要はあるのかな?
by michiko_fujiwara | 2010-09-03 00:22 | 議員活動

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara