人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2009年 01月 07日 ( 1 )

 2009年1月7日(水)曇り

 福島県が独自の雇用対策を発表しました。

 県が直接臨時職員として100人雇用すること、空いている県営住宅を住居として開放すること、家賃は最低家賃の半額とのことです。

 この間、日本共産党や、県労連、民生同盟などが参加している「青年雇用フェスタ実行委員会」や「みんなで新しい県政をつくる会」が、「県独自の雇用対策を」「住宅の確保のために公共住宅の開放を」と強く求めてきた事が、世論を高め、県を動かしてきました。県だけにとどまらず、派遣法の抜本改正を求めて、国政を動かしたいとさらに頑張っています。

 愛媛県、横浜市、那覇市でも、臨時職員の雇用を表明しています。

 国会では、参院本会議で、4野党が提案した内容に修正を加え「雇用と住居など国民生活の安定を確保する緊急決議」が全会一致で可決されたとのこと。雇用不安の深刻化を受け、政府に離職者の住居確保や生活保護の活用について緊急の取り組みを求めるほか、企業にも「雇用の維持、確保に全力で取り組むべきだ」といった内容だそうです。
 さすがに、派遣村の実態を目の前で見て政府が何もしないでいる訳にはいきませんものね。

 決議止まりにせず、実効あるものにして欲しいものです。

 ダイハツの派遣切りの影響は、これから出てくると思われます。福島県のように、雇用の確保や住宅の空き状況など、民間の協力も得て今から準備しておく必要がありそうです。
by michiko_fujiwara | 2009-01-07 23:56

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara