人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2008年 08月 31日 ( 2 )

消防も広域化?

 2008年8月31日(日)晴れ

 総務省消防庁が消防本部の広域化をすすめており、全国で35都道府県が広域化推進計画を策定したとの記事が出ていました。

 35都道府県が策定した計画では、現在635の消防本部がじつに174(27、4%)に統合することになります。 大阪の場合は33から6(18%)にまで激減です。近畿では京都と兵庫がまだ計画策定はされていないようです。

 消防の広域化は2006年に施行された「消防組織法の改定」によるものだそうです。管轄人口10万人以下の小規模消防本部を解消し、30万人以上に統合再編するとの方針を打ち出しました。さしずめ、池田・箕面・豊能郡あたりまで一つにするとでもいうのでしょうか。いやまだ足りませんね。茨木も加わりますか?

 これを12年までに市町村議会の議決を得て広域化を実現すれば、施設整備費などに国の援助が得られるとアメをぶら下げて促進を図っています。

 しかし住民の目線で見るとどうでしょう。
 
 消防は火事を最小限にとどめ、延焼を防ぐことが任務であるならば、通報があり、出動してどれだけ早く現場に到着するかがカギとなります。救急車も然りです。

 広域化になるということは、それだけ遠くまで走らなければなりませんし地理も不案内となりますから、「火を消せなくなる」との声も上がっています。市民の生命や財産を守れるのでしょうか?被害は広がるのではないでしょうか。
 もし、茨木に消防本部が統合されたらどうなるか想像してみてください。

 消防力の基準も30万人以上とそれ未満では基準が違うそうで、統合することにより消防力が低下することもありえます。職員のリストラにもつながります。

 消防の広域化は、市民にとって決してプラスにはならないと思います。
 地球温暖化で集中豪雨や土砂崩れなど災害も増えています。広域化ではなく、人員の充実など地域の消防力を強化することこそ大切なのではないでしょうか。
by michiko_fujiwara | 2008-08-31 23:08
 2008年8月30日(土)雨のち曇り

 病院で看護助手をしている方と話をする機会がありました。東南アジアから看護師や介護ヘルパーを受け入れるというニュースの話です。

 介護ヘルパーの資格を持っている人は随分沢山おられます。しかし低賃金で厳しい労働環境により、働き続けることが出来ず辞めていく方も多いと聞きます。

 安い労働力で済ませようというのか、日本で教育し資格を取らせて働いてもらうといったニュースだったと思います。

 しかし、「言葉の壁、生活習慣の違いなど、患者とのコミュニケーションが充分取れないのではないか、資格取得も時間がかかるのではないかなどを考えると、少し賃金を引き上げても日本にいる有資格者に働いてもらう方がよいのに」と彼女は語ります。

 私も、当初は日本に技術取得のために来て、自国に帰ってそれを生かすのかと思いながらニュースを聞くと、そのまま日本で働くのだということが分かりました。

 病院や介護事業所が成り立つ助成をし、人間らしく働ける環境をつくって有資格者を受け入れることは、患者さんにとっても看護師さんやヘルパーさんにとっても喜ばしいことではないでしょうか。

 社会保障費削減のために安い労働力を安易に求めるのではなく、国民の暮らし、生命を守ることを最優先にすべきだと思います。もちろん日本の看護技術・介護技術を海外に広げることは立派な国際貢献だと思いますが…。
by michiko_fujiwara | 2008-08-31 01:30

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara