人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

2008年 06月 08日 ( 2 )

大阪母親大会

 2008年6月8日(日)晴れ
                               c0133422_2243526.jpg
 毎年恒例の、大阪母親大会に参加しました。処分対象の府立青少年会館に府内各地から1800人が集いました。
 
 今年のテーマは、「輝けいのち 守ろう平和、みんなの地球」。
 記念講演は弁護士の早川光俊さん。「ストップ温暖化、世界から見た日本」と題しプロジェクターを使って説明されました。
 c0133422_2252992.jpg
「北極の氷が過去最小になり、キリマンジャロの山頂に雪がなくなり、東ネパールの氷河が溶け…生態系が破壊されている」と写真やグラフを交え、衝撃的な報告がなされました。

 南極の水位は60~70センチ上昇し、海抜1,5メートルのツバルという国は自分の国がなくなることを覚悟したといわれます。
 
「南極の氷がすべて溶けたらこの辺は生駒と六甲を残して水没しますよ」には会場も驚きの声でどよめきました。
 
 世界のサンゴ礁で、海水温上昇により白化現象(白化したサンゴは死んでしまう)がおき、2000年には27%まで拡大しているそうです。さらに8年後の今はどれだけ広がっているのでしょう。
 
 アサリの漁獲量が10分の1に減少、イカナゴは瀬戸内海が南限だそうですが、温度が下がらずこのままでは死ぬといわれています。

 温度が高くなると、動物や人間は避難できても動けない植物は絶滅する。動物や人間も植物がなくなれば草食動物が絶滅し、それを食べる動物が…と生態系は危機に陥ります。

 気温上昇のリスクは飢餓やマラリアを抜いて「水不足」が一番に。「きれいな水が飲めなくなる」…と。

 CO2の排出は90%が産業関係、家庭はわずか5%とのこと。私たち個人の努力だけでは解決しない。消費者からの声をあげメーカーを動かすことが大事だと話されました。

 午後は社会保障の分科会に参加しました。狭い部屋に50人がつめかけ、生活保護の実態、介護保険や年金、消費税にも話が広がりました。

 生活保護法で謳う最低限度の生活とは、食べるだけ、着るだけではダメなのだと、1960年・東京地裁での朝日訴訟判決を引用して助言者の秋山さんは語られました。本当にその通りで文化があるから人間らしく生きられるのだと思います。

 大阪府の橋下知事がやろうとしていることもまさに文化を否定し、人間らしく生きることを否定しようとしています。国の動きと全く同じですね。
 
by michiko_fujiwara | 2008-06-08 22:16

中小業者は今…

 2008年6月7日(土)晴れ
c0133422_23214459.jpg
 池田民主商工会の定期総会に参加しました。久しぶりに懐かしい顔ぶれに逢いましたが、1年間で5人の方が亡くなられたとの報に接し心が痛みました。

 先日事務局長から、パンや菓子・タバコなどを販売している小売店の話を聞きました。
最近パンやアイスクリームを卸してくれないんだそうです。c0133422_23222098.jpg 立地条件も悪くなく、仕入れさえ出来れば売れるのですが、小売店の売り上げ量では配送費用の方がかかるとして卸してくれないとのこと。お店を半分に仕切ってもスペースが余ると嘆いておられます。
 
 タバコも未成年者の購入を止めるため喫煙パスポート・TASUPOがなければ自販機で買えなくなりましたが、途端に売り上げが2割に落ちてしまったそうです。
 
喫煙者に聞くとパスポートを造るのが面倒で、コンビニなどでカートンで買うそうです。
 同様の話は酒屋さんでも聞きました。

 これまで地域に根ざし社会的役割も果たしてこられた小売店がつぶされようとしています。
 身近な小売店が無くなって一番困るのは遠くまで買い物に出かけられない高齢者と子どもたちです。大型店まで行かないと買い物が出来ない町は活気をを失い人口の流出を生み街が疲弊します。

 事業所統計をとるたびに事業所数が減ってきているのは池田市だけではありませんが、池田では商売が成り立たないと店をたたんで他市に出て行かれた方をこれまで何人も見てきました。雇用の安定なくして消費者も中小業者も元気な街にはなりません。労働法の見直し、規制緩和の見直しが必要です。

 景気が悪くなると公務員バッシングがおきます。もちろん天下りや不正は許せませんが、貧困と格差の広がりで、自分より多くの給料を貰っている職員給与にすぐ眼がいきがちです。
 公務員の給料は民間会社の給料のベースになり、ここを下げることは自分たちの給料値下げにつながります。つまり消費購買力を引き下げ不況をいっそう深刻にしていきます。

 今の大阪府がそれをやって喝采を浴びていますが、本当に喜んでよいのでしょうか。
 橋下知事は借金の原因である大型開発のムダや高いお金を出す企業誘致、終結したはずの同和行政などにこそメスを入れるべきです。補助金や交付金を減らしてきた国に物を言うべきです。
 ここが本当の「聖域」とされているのであり、府民の暮らしをおびやかして「聖域にメスを入れる」などというのは筋違いであり、憲法25条違反です。
 800万府民の税金は確実に入るわけですから、何を最優先に使うのかを良く見極めることが大切ではないでしょうか。府民の命や教育が最優先されるべきではないでしょうか。
 「大阪丸」は簡単には沈没しないと思いますが…。
by michiko_fujiwara | 2008-06-08 00:21

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara