人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

10・15ショック?

 2008年10月16日(木)晴れ

 10・15ショックの19日付「しんぶん赤旗日曜版」を配りながら、池田市の状況を尋ねますと、後期高齢者医療の窓口も、国保の窓口も、問い合わせや苦情の応対に追われていた様子でした。

 後期高齢者医療制度が始まって4回目の年金天引きでしたが、今回は6ヶ月間凍結されていたサラリーマンの扶養家族など、今まで保険料を納めていなかった人たちが新たに年金からの保険料天引きとなりました。
 さらに、65歳以上世帯の国保料も新たに年金天引きが始まり、合わせて430万人が新たな年金天引きとなりました。

 池田の国保はかなり親切だと思います。保険料・分割納付の人は天引きではなくこれまで通り納付書で収める直接納付を選択できますが、今日配布した「しんぶん赤旗」日曜版によると、大阪市ではそれが認められないとのこと。市町村によって随分対応が違います。
 
 国は、国保も都道府県単位にして、後期高齢者医療制度と統合するような方向を示しました(舛添私案)。都道府県単位で広域になれば、良いほうに統一されるわけではなく、必ずといっていいほど悪い方に合わせるのが常です。国の予算を減らして保険料値上が狙いですから…。

 池田で出来ていることでも、他市でしていなければ中止となることは充分考えられます。市民の皆さんが直接意見を言う機会も奪われます。市民の代弁者として送り出していただいている市会議員が直接審議することも出来なくなります。ひいては市民の声が届きにくくなることは間違いありません。現に後期高齢者医療制度がこんなに大きな問題になっているわけですから…。

 市町村合併でも、大きくなることで、隅々まで行き届かなくなったという声は良く聞きます。
広域という言葉には要注意です。

 全国保険医団体連合会の、「『はよ死ね 言うんかい!』怒りの高齢者川柳」より珠玉の5点を紹介します。
 
 「孝行は するなと国が 子に教え」
 「この命 松竹梅(まつたけうめ)か 終末期」
 「姥捨ての 入山料を 引き落とし」
 「死んでくれ お国の為にと 二度言われ」
 「75 金と命の 分岐点」
by michiko_fujiwara | 2008-10-16 23:50

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara