人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

また、舛添私案?

 2008年9月30日(火)雨

 またまた、舛添厚労相が得意の爆弾発言をしたようです。先日の後期高齢者医療制度を止めようかと言う話は1週間でご破算になりました。今度はどうでしょうか。最悪の差別医療をやめるのはすぐに取り消しましたが、改悪するのはマジかもしれません。

 国民健康保険を、後期高齢者医療のように都道府県単位にして、75歳以上の医療も一体運営するというものです。一体にするんだったら後期高齢者医療を止めて、元通り国保に戻せば良いじゃないですか。最悪の制度といわれる後期高齢者医療制度に合流することはないと思いませんか?

 国保は、今、市町村が運営していますから、一定、市民の皆さんの声を私たち議員が届けることが出来ますが、後期高齢者医療制度は、市町村から離れ広域連合が運営するため、直接意見が届きません。国保まで広域連合になると後期高齢者医療制度のように融通が利かなくなり、保険料や医療費の減免制度も健診活動も独自の対応が出来なくなります。

 また、65歳~74歳の財源を本人負担2割(国民の批判が強く、現在1割のまま凍結中)、現役世代からの支援金4割、税負担5割(国税でしょうか?)とする案を示したそうです。健康保険組合からの財政支援も想定しているとか
 新たな財政負担は、西濃運輸のように健保組合を解散するところを増やすことになるかもしれません。

 今回も舛添私案ですが、麻生首相にも説明済みとのこと。
 後期高齢者医療制度をやめて新しい制度創設といっていたときも、舛添私案は麻生氏には説明済みとなっていましたが、その後、後期高齢者医療制度に関しては厚労省から「あくまで舛添氏の私案」とし、制度は止めないとの通達が届きました。

 思いつきのように、次々と大臣が責任のない私案を発表すると、振り回される国民も担当窓口もその対応に追われて大変です。そして最終的には悪い方へと、なし崩し的に変えていくことが政府の狙いなのかも知れません。

 後期高齢者医療の二の舞いをさせぬよう国保制度も
by michiko_fujiwara | 2008-09-30 23:36

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara