人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

ついに後期高齢者医療制度 見直しへ

 2008年9月20日(土)晴れ

 桝添厚生労働相は、国民の怒りの大きさに、このままでは選挙が闘えないと思ったのか、後期高齢者医療制度に代わる新たな制度の創設を検討するとして、1年程度かけて議論を深めて見直すことを決めたようです。

 対象者を年齢で区別せず、年金からの天引きも強制しない仕組みにするようですが、現役世代とは別の医療制度をつくろうとすることは、どんなに形を変えても差別医療に変わりがありません。スタートしたばかりの制度をここまで動かしてきたのは国民の運動の成果だと思います。私たち自身の力で政治を変えつつあることを実感します。

 選挙ポーズで終わらせず国民の望む医療制度に変えさせるために、まずは中止撤廃まで政府を追い込むことが大切です。
 医療改悪に最初から反対を貫き、問題点をあきらかにし、廃止への運動の先頭に立ってきた、日本共産党を大きくしていただくことこそ差別医療をストップさせる近道となります。 是非、ご支援よろしくお願い致します。

 c0133422_23204118.jpg                              
 さて、今日は池田社会保障推進協議会の主催で消費税の学習会がありました。年金の財源にと自民党・公明党だけでなく民主党まで消費税増税が必要だといっており、税制調査会で着々と増税準備がすすめられているからです。
 宮本たけし元参議院議員も挨拶に来られました。
                                                  
 講師の清家裕税理士はc0133422_23252636.jpg
政府が考えている「基礎年金、全額消費税方式」のねらい、低所得者ほど負担の重い消費税は、力の弱い者にしわよせが来る「弱肉強食税」であること、消費税導入、増税と引きかえに、所得税の最高税率が下がり、法人税率が下がってきた事実、この間大企業の利益は2倍にも増えていること、福祉のためだったはずなのに、医療・社会保障はどんどん悪くなってきたこと、所得格差を示す日本の「ジニ係数」は、「是正を要する」と判断される0,5を超えてしまっていること、などなど数値や表を示しながら最悪の不公平税制であることを話されました。

 さらに、「導入以来19年を経ても5%に据え置かざるを得なかったのは国民の力であることに確信を持ち、国民世論の力で増税を阻止させましょう」と締めくくられました。

 まさに、後期高齢者医療制度をこのまま進められないところまで追い込んできた国民の力・運動で、後期高齢者医療も消費税増税も葬り去りましょう。
by michiko_fujiwara | 2008-09-20 23:33

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara