人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

日本の裁判にアメリカが圧力!

 2008年4月30日(水)晴れ

 1957年7月、東京都砂川町(現・立川市)で米軍立川基地拡張に反対する労働組合員や学生たちが測量に抗議して敷地内に数メートル入ったとして逮捕・起訴された「砂川事件」。
 一審判決では、安保条約のもとで米軍が「極東」に出動する事は日本を戦争に巻き込む恐れがあり、憲法9条2項の「戦力不保持」に違反するとして無罪判決が出されていたそうです。実に憲法に忠実な判決でしょう。 先日の名古屋地裁でのイラク派遣違憲判決を思い起こします。

 ところが、米駐日大使(マッカーサー2世)が当時の最高裁長官(田中耕太郎氏)と密談をし、判決を破棄するよう圧力をかけていた事が明かになりました。
 米国立公文書館で米政府の解禁文書として14通の電報が発見されたようです。
 日本政府に最高裁への跳躍上告(高裁を飛ばして直接最高裁に上告)を勧めたところ藤山愛一郎外相が全面的に同意したといった状況が詳細に報告されていたそうです。

 そして、当時3000件もの案件を抱えていた最高裁は、この事件を最優先に処理し、一審判決を破棄して東京地裁に差し戻した結果、罰金刑になったようです。
 しかし、反対運動の前に米軍基地拡張は断念したとのこと。
 日本政府のアメリカ言いなりの実態が露呈しました。
 
 今問題の後期高齢者医療をはじめとする「医療改悪」もアメリカからの圧力が相当あるようです。日本の皆保険制度を壊し、混合診療の導入・拡大で保険治療を減らし、民間保険会社が入り込む。特に外資系の保険会社は日本の市場を狙っています。

 どの分野でもアメリカの圧力があります。食料も自給率をどんどん下げて輸入に頼り、危険な食料が日本に入り込んでいます。
 アメリカが日本を守るどころか、危険にしているのでは?日米安保条約を廃棄し、対等平等な友好条約に変える必要があるのではないでしょうか。
by michiko_fujiwara | 2008-04-30 23:59

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara