人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

知事はやっぱりTVタレント? 涙で「協力を!」 

 2008年4月17日(木)雨

 今日は橋下知事と府市長会・町村長会との意見交換会があったそうですが、1100億円削減の「財政再建プログラム試案」は福祉や教育への補助金など私たちの暮らしに大きな影響を与えるものとなっています。
 さすがに各市町村長とも、すでに予算を決定しており市民負担増につながる一方的な大幅削減は認められないと怒りの声が続出したようです。メディアを熟知している知事は、涙を見せて協力を訴えたそうですが、本当に泣きたいのは府民の方です。

 池田市では、今年度予算のうち約3億8700万円相当の事業に影響が出るそうです。私学助成金の削減、老人医療、障害者医療、ひとり親家庭、乳幼児医療の4つの医療費助成、福祉事務所費、介護保険事業、保育所運営補助、街角デイハウス補助、訪問看護助成、障害者小規模授産施設運営補助、産休代替職員補助などなど…56項目。
 
 別途、府から市を経由しない小学1~2年生の35人学級や昨年11月から始まったばかりの出産祝金、石橋駅エレベーター設置などバリアフリー化事業への分担金・・・と影響はもっと広がりそうです。

 一方、箕面の滝まで枯らし、緑を剥いで造ろうとしている「水と緑の健康都市」開発は住宅が全部売れても750億円の赤字が出るといわれているのに、いまだに開発を辞めようとしない。これら大型公共工事こそムダの象徴です。シャープに出した150億円もの誘致費用は全国最高レベルです。ここを温存しながら府民の福祉・暮らしばかり削るなんておかしいじゃありませんか。
 
 地方自治体の本旨は福祉の充実を図ることです。健康や安全を守る事です。「財政再建」といえば何でも通ると思っておられるのか。橋下氏を選んだ180万府民の思いは、暮らしを良くするための「チェンジ」だったはずではないでしょうか?もっと謙虚に府民の声を聞くべきです。
by michiko_fujiwara | 2008-04-17 23:53

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara