人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

特定健診?メタボ??

 2008年3月25日(火)晴れのち曇り、夜半雨

 28日の本会議に向けて反対討論を準備中です(4つの条例と2つの特別会計)。
 後期高齢者医療制度は調べれば調べるほど、「年寄りは病院に行くな」といわんばかりの制度です。詳しくは反対討論でお伝えしたいと思います。

 また、保険者(市や会社など)に義務付ける特定健診は、メタボリックシンドロームに特化しており、例えば今年の検査で腹囲男性85cm・女性90cmを超え、高血圧や高脂血症 などと診断されると3年間で改善されなければ、後期高齢者医療への支援金に10%を上限にペナルティとして加算されます。メタボはそう簡単には改善されるものではなく、「メタボ患者」の多い市の国保料や、会社の社会保険料が高くなるのは眼に見えています。

 昨年、伊勢市でダイエット目的でランニング中の課長さんがなくなられた記事を思い出します。きっとこの制度の先取りでメタボ対策を始められたのだと思います。検診のために人が死ぬなんて本末転倒です。

 「メタボ体型はペナルティを避けるため雇用しない」など就職差別もあり得ます。成人病対策は重要ですが、特定健診だけではもっと重要な病気も見落とす恐れがあります。健診を受けない人も出てきます。そうなると本来の健診の意味を失ってしまうのではないでしょうか。
 
 幸い池田市は、医師会の協力も得てこれまでの住民健診を継続することになりました。もちろん私たちも継続を求めてきましたが、他市に比べて高い受診率が、医療費の抑制につながっていると担当部局が認識しておられるからでしょう。
 特定健診以外は、市単独の予算が必要ですが、国保から切り離される75歳以上の方も、サラリーマンの妻など本来会社で受診しなければならない人も、これまで通り市の「住民検診」が受けられることになりました。この点では市の努力に敬意を表します。
 さらに、子どもの医療費助成が広がればもっと拍手!なのですが…。

 
by michiko_fujiwara | 2008-03-26 00:25

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara