人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

日本共産党 相談ネットワーク

 2008年2月13日(水)曇り&雪

 昨日・今日と数件の相談がありました。
 
 香川県の方からTEL…叔父・叔母が池田に住んでおり、叔父は入院中。治療はほぼ終わり胃ろう療養状態となり、介護型療養病床がないため退院をするよう申し渡されました。
 奥さんも80才代と高齢で、寝たきりの夫は家ではとても面倒が見れないと転院先を探してもらったそうですが、近くでは見つからず大阪市内の高齢者住宅を進められたそうです。
 病院からは「政府の医療政策が悪いんです」と言われたそうですが、強制退院もやむなしといわれ、勧められた所はケアハウス的な住宅で胃ろう状態でも受け入れるとの事。

 契約書を見てみると、賃貸契約書となっており、個室を1ヶ月42,000円の家賃に共益費、建物管理費、食費、生活管理費合わせて109,000円、これに介護が必要であればプラスアルファで借り入れる形態になっていました。ご夫妻で入居する事はできず、奥さんは池田からバスや電車を乗り継いで看護に行くことになります。
 2人とも高齢で生活保護受給者のため、住宅の営業マンが市の担当者と話をつけてくれたそうですが、親切だと思っていたら契約が終わったとたん「何度同じ事を聞くのですか?」とか「第3者になんで話をするのか」(書類について市役所に相談された)など、手のひらを返したように冷たい態度でどうしてよいか分からない、という相談でした。

 香川県の姪御さんにも障害を持つご家族があり、池田まで出て来られないと心配をしての電話でした。退院・即入居となりますので、手続きなど奥さんと一緒に立ち会う事を約束して帰りました。

 今朝は豊中の方からTEL。病気で母子家庭の娘さんが池田で生活保護を受けているが、就労カウンセリングの日程と学校のPTAの仕事(会議?)が重なり、遅れそうだと連絡をしたらとても厳しく叱られた。一昨年大阪市内から転居してきたがこんなにきつく言われた事はなかった、池田はひどいですね。といった内容でした。
 担当者に聞きますと、その人一人のためのカウンセリングで大阪府から来てもらうため、最優先して欲しいことを伝えたとの事。また「病気を押して無理な仕事を勧めるのではなく、1時間でも2時間でも出来る仕事を見つけることは、生活の幅を広げストレス解消になるかもしれないので本人のために良いと思っているんです」と説明がありました。

 ご本人の話によると、自分だけのためというような詳しい説明はなかったこと。大阪で子どもが「いじめ」に遭ったため転居してきた事、他の用事ならキャンセルしてでも時間を合わせるが、そんな子どもが世話になっている学校だから何より優先しなければならないと思っていた事。学校のスケジュールがどうしても遅く届くので日程が重なってしまった事など、自分なりの思いがあったことがわかりました。

 今回のカウンセリングは他の方に振り替えてもらったようですが、ちょっとした思いのすれ違いが、立場の違いで傷ついてしまうものだと考えさせられました。

 ともあれ、香川県から、豊中からと、日本共産党の相談ネットワークが役立っている事を実感しています。

 4月から始まる後期高齢者医療制度についての相談、年金特別便に関しての相談もありました。
 

 午後は、年金生活のための申告相談。2人の方が年金の源泉徴収票を持参されていましたが、昨年の税源移譲のせいか、2人とも所得税は大幅に還付されそうです。
 年金で税金を引かれている方は、今年は申告をすればかなりの方が還付されるのではないでしょうか?おすすめですよ。お気軽にご相談ください。

 
by michiko_fujiwara | 2008-02-14 00:26

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara