人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

雪の日の「アレン・ネルソン平和講演会」

 2008年2月9日(土)雪
               c0133422_1311065.jpg
 今日は一日雪が降り続きました。道路はシャーベット状で滑りやすく、どなたも怪我などなかっただろうかと、ちょっと心配。

 


 


 午後は、「9条さつきの風」主催の「アレン・ネルソン平和講演会」に参加しました。ネルソンさんはベトナム戦争帰還兵で、重いPTSDを克服し、アメリカと日本を行き来しながら戦争の悲惨さ、平和の大切さを語り続けておられます。
 c0133422_1331645.jpg                             
 まず戦争犠牲者にささげる歌、「アメージンググレース」の弾き語りから始まりました。

 今アメリカでは重要な大統領選挙が闘われており、長い歴史の中で初めて女性があるいは黒人が大統領になろうとしている。もしオバマさんが大統領になったら新しい歴史、新しい夢が実現する。次にはアジア系イスパニア系大統領の可能性も出てくるだろう。
 オバマ氏はイラクからの撤兵を掲げており、古い政治の枠を超え、未来をめざしている、だからオバマ氏を支持しているとおっしゃっていました。
                             
 ネルソンさんが広島で資料館を見て涙を流した事…生まれ育ったアメリカが核爆弾を女性や子どもなどの民家の上に落とした事、ヒロシマ・ナガサキは未曾有のテロ行為だったと言わざるを得ない。そのアメリカが他国を指してテロ行為という資格はない、と語られました。
 
 また、広く日本中を旅してきたがどうしてこんなに多くのアメリカ兵が駐留しているのかと思う。日本本土の人は政府の宣伝、メディアの宣伝に惑わされている。政府は、日本はアメリカに守られていると言うけれど、アメリカは日本を守るためにいるのではない。日本政府をコントロールするためにいる。日本の現状は被占領国と言わねばならない。このような日本が真の民主国家とはいえない、アメリカの傀儡政権である。日本の首相はアメリカの一州知事に過ぎない。皆さんは大統領選挙に参加する資格があるかもしれない…とジョークも。(そういえばやけにアメリカ大統領選挙のニュースが多いですね?)
                               c0133422_1335028.jpg                            
 ベトナムに行き学んだ事は、戦争では真の平和は守れないという事だった。
 アメリカといえば豊かな国、世界一強国とのイメージがある。それはウソではないが私が紹介するなら貧困の国アメリカだ。日本にもホームレスはいるが、アメリカでは男性だけではなく女性や子どもたちもいる。食料品を買いに出たら、子連れの若い母親が恵んでくれという姿はザラにある。日本にも貧しい地域はあるがアメリカのスラム街には及ばない。たえず暴力があり、失業者にあふれ、麻薬中毒患者があふれている。アメリカの豊かさは戦争に使っても貧しい人には使われない。アメリカのお金は核兵器には使っても、教育や就職対策には使われない。

 貧困から抜け出すために海兵隊に入った。沖縄を始めとする日本やアフガニスタン、イラクに派遣されている若者たちは、決して中流の恵まれた若者でない事を心にとどめて欲しい。戦争の最前線に立つのは何れも貧困家庭であり大都会のスラム街や片田舎の就職できない若者たちである。これは日本の自衛隊にも通ずる。就職先がなく、進学の道を閉ざされた若者が自衛隊に入る。裕福な家庭の子は決して入らない。ブッシュの2人の息子も、小泉元首相の息子もイラクにいく事はない。行くのはよそ様の子たちだ。何れも貧しいもの同士が闘い、殺し合うのだと静かに、強く語られました。

 軍隊は命令に従い、体力を鍛え、武器の使い方を学び、殺しの授業ばかり。平和維持軍というが戦場で見かけたお婆さんを、子どもを助けるわけでは決してない。兵士の任務は相手を殺す事だ…と。女性も子どもも皆殺し、死体の処理もさせられる。その悲惨な実態を今も夢に見る。そんな中、飛び込んだ防空壕の中でベトナム女性の出産に遭遇し自分は戦争から目覚めた、生まれ変わったようだった、ベトナム人も同じ人間だったと気づく。そしてアメリカに帰ったネルソンさんは長い間PTSD・戦争後遺症に悩まされ家を出てホームレスになります。優れた医師に出会ったことが彼の救いとなりました。

 1996年の来日の折、日本国憲法をもらい、9条の持つ力強さ、美しさにうたれた。9条の持つ力は、いかなる核兵器、いかなる国のいかなる軍隊にも及ばない。戦争を知らない皆さん方の子どもは美しい。親族を戦争に取られることがない。つまり9条は戦争の悲惨さから守っていると言う事だ。そういう9条を持つ国民である事を、幸せをあらためて自覚して欲しい。

 しかし、すでに日本の多くの政治家たちはこの9条をなくそうとしている。皆さんたちは政府に対し9条を守れと要求しなければならない。9条は日本だけでなく、地球上すべての人々にとって大事なものです。アメリカにこそ、この9条があることを願うもの。世界平和は皆さん方一人ひとりがつくるもの。と締めくくられました。

 戦争推進論者の橋下新知事にも聞かせてやりたい。若者たちにもっともっと戦争の悲惨さを伝えてもらいたいと思いました。ベトナム帰還兵の8割がホームレスになっているそうです。多くの兵士の心が壊される戦争。加害者もまた被害者でした。 
by michiko_fujiwara | 2008-02-10 01:24

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara