人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

18歳までの医療費助成拡充…完全無償化は検討していかないといけない

c0133422_01362973.jpg
2019年6月16日(日)

 14日に私の所属する厚生委員会が開かれました。

 審査付託された案件は、①議案第42号 子どもに対する医療費助成に係る対象年齢の引き上げ等に伴う関係条例の制定について ②議案第45号 池田市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について ③議案第61号 令和元年度池田市一般会計補正予算(第5号) ④議案第62号 幼児教育・保育の無償化の実施に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について ⑤議案第63号 池田市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部改正について ⑥議案第65号 令和元年度池田市一般会計補正予算(第6号)の6件。

 子どもの医療費助成は、長い間言い続けてきた18歳までの助成拡充が、市長の公約にもなりようやくこの10月から実現すると言うものですが、引き換えに入院時食事療養費を廃止する内容で提案されています。在宅医療なら食事代は出ないため公平性の観点からと18歳への拡充の財源確保のためとの理由です。金額的には今年は10月以降の半年分ですから274万円、平年児であれば606万円を削減するというわけです。

 しかし、食事も治療の一つです。入院治療が必要なほど体が弱っているからこそ何でも食べれられるわけではなく、点滴や流動食など治療に見合った食事が必要です。糖尿病など最たるものでしょう。そう尋ねると、保険診療に含まれていないのでこれまで福祉的配慮で負担してきたとの答弁でした。でも昨年7月段階で、府内43市町村のうち33市町村が全額助成しており、一部助成3自治体を除くと全く助成していないのは7自治体のみといった状況にあります。18歳に引き上げている自治体9市町(箕面市、摂津市、豊能町、能勢町、大阪市、堺市、寝屋川市、門真市、田尻町)のうち寝屋川市、門真市、堺市、田尻町ではそのまま全額助成しています。金額的にも年間600万円ということであれば中途半端に値切らないですっきりと全額助成にしてはどうかと尋ねました。

 池田市は、平成8年度よりひとり親家庭医療費や重度障がい者医療費の子どもにもすべて助成していますが、ひとり親家庭医療も負担している自治体は13市長になっており、ほとんどが乳幼児のみとなっている…などと食事療養費を無くすための答弁(言い訳?)が…。

 また、市長は選挙公約では無償にするとのべられていたため、他市に先駆け完全無料にしてはどうかと尋ねました。全国的には都道府県では9件ですが、市町村では6割超と無料が多数派になっています。国のペナルティが昨年から亡くなった分も活用して公約通り実現されてはどうかと尋ねると、「検討していかないといけない。一定の財源の確保はできるが恒久的に維持できるのであれば検討したい」とのことでした。18歳まで完全無料には1億4千万円必要だそうです。

 まずは、18歳への拡充は一歩前進です。豊中市も今年11月から実現と豊能地域は3市2町ともにこれですべて今年度で実現の運びとなりました。

by michiko_fujiwara | 2019-06-16 19:04 | 議会報告

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara