人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

誰もが健康で文化的に暮らせるまちへと、今年も頑張ります。

2019年1月1日(火)

c0133422_119193.jpg 2019年、新春のお慶びを申し上げます。

 旧年中は多くの皆さんに支えられ大変お世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。

 今年は選挙の年、統一地方選挙、参院選、知事選、市長選とひとまとめにしてやってくる感じです。市民と野党の共闘、日本共産党の躍進で政治の流れを国民の暮らし第一に変えていきましょう。
 昨年実施した市民アンケートは1240通もの返信がありましたが、社会保障の充実、子育て支援策の充実を求める声が多く、働き方も低賃金・長時間労働で健康面が心配とのご家族の声が寄せられました。

 私たち日本共産党は、サラリーマンの健康保険制度よりも高い国保料を引き下げるため1兆円の国税をつぎ込み、均等割(被保険者の人数に応じて増える)、平等割(世帯にかかる)を無くし、所得に応じた保険料にして、せめて協会けんぽ並みの保険料に引き下げることを提案しています。

 これは、例えば消費税が上がるたびに法人税を引き下げ400兆円を超える内部留保金を生み出すような優遇をやめ、応分の負担をしてもらうこと、アメリカ言いなりに1基100億円を超えるような戦闘機を100機も買うことをやめれば十分に実現します。そのためには、政治の大元である国政を変えることが大切です。

 財力・税収に差がある地方自治体のどこに住んでいても、国民として同じ暮らしが出来る様にするために交付税という形で国税の再配分機能があるにもかかわらず、それが十分に機能しきれていないところに社会保障と言いながらその保険料に押しつぶされる状況が生まれています。

 子どもの医療費助成の拡充にしても、国が国民の命を守るという立場で医療費を無料にすれば、すぐに解決することです。

 私たちが支払っている税金の使い方を、どこに一番重きを置くかの考え方が、今の政権と私たち庶民と大きく乖離していることが問題です。だからこそ私たち国民には選挙で審判を下すチャンスが与えられているのであり、これを行使するチャンスが今年の一連の選挙だと思います。

 子どもたちに笑顔を、若者に夢を、高齢者に安心を…これが私のモットーです。市民のみなさんの声を議会に届け、その実現のために頑張ること、市制のチェック機能を果たす事、こうした議員としての役割を果たすため、今年も頑張っていきたいと思います。

 本年も変わらぬご支援、宜しくお願いいたします。
by michiko_fujiwara | 2019-01-01 23:24

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara