人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

猪名川運動場の使用料、15歳以下の小人、70歳以上の高齢者、障がい者に5割の使用料減免制度

2018年12月10日(月)

c0133422_185360.jpg 今日は土木消防委員会でした。

 審査付託された案件は、「池田市都市公園運動施設条例の一部改正について」「池田市と大阪企業団との間における豊能町に係る水道事業に関する事務の委託に関する協議について」「池田市・豊能町上水道に関する事務の委託の廃止に関する協議について」と都市緑化植物園、池田城跡公園、五月山緑地駐車場、五月山動物園、五月山体育館の指定管理者の指定について、ひとまとめにして一般財団法人池田みどりスポーツ財団に1年間指定する議案、猪名川緑地駐車場と猪名川運動場の指定管理者を池田みどりスポーツ財団に指定、テニスコートも同財団に指定という指定管理者を新たに指定する案件です。

 都市公園運動施設条例の一部改正は、猪名川運動場の使用について、小人(15歳以下)と満70歳以上の高齢者、障がい者の使用料を5割減免するというもの。

 少年野球やスポーツ少年団、シニアの団体から要望を受け、健康増進にも影響を与えるため、五月山体育館同様5割減免を行いバランスを図ることにしたとの説明がありました。

 猪名川運動運動場の利用状況は約140団体。そのうち、小人は13団体、70歳以上は2団体、障がい者は1団体の利用があるそうです。平成29年度の有料利用者は3283人、634万1750万円。減免による影響は約200万円。減免することでこれまで利用したくてもできなかった人たちが利用できればいいですね。

 指定管理者の指定について、池田みどりスポーツ財団に指定管理業務を1年間としたのは五月山緑地のマネジメント方針を今年度策定予定なので、今年1年だけにしたとの答弁がありました。

 さらに市長からは、平成元年に公共施設管理公社ができたが、補助金と指定管理の線引きがあいまいとなり、だんだん無用の長物となってきた。自走できる事業者になるよう望んでいる。五月山の将来展望、五月山を誰が運用管理するか、110人の従業員を抱えるみどりスポーツ財団の行方がどうなるか、全部1年で区切りをつけ、来年新たな提案ができるよう再委託したいといった内容の発言がありました。

 黙って聞いていると、自走できるようにと言いつつ、みどりスポーツ財団とは別の事業者に委託するつもりなのか、その猶予期間の1年なのかと思ってしまいました。

 葬祭場の指定管理は総務委員会で審議されますが、今回新たな指定管理者が提案されています。

 一方で長期に指定管理できるように10年の指定期間に変えようとしている市民文化会館とカルチャセンターなど、指定管理の在り方が問われる提案となっています。

 
by michiko_fujiwara | 2018-12-11 01:13 | 議会報告

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara