人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

6月の一般質問は13人が質問します。私はちょうど10番目となります。

2018年6月19日(火)

 今朝も余震がありましたが大丈夫でしょうか。

 さて、昨日は一般質問の提出締切日で21人中13人が提出しました。日本共産党は、小林吉三議員が1番、白石啓子議員が8番、私が10番目となりました。

 私は、18歳までの子どもの医療費の実現と給食費の無料化を求めること、石橋駅のホームにホームドアの設置と、カーブによる隙間を埋めるための隙間モールの設置、台風シーズンを迎え大雨や洪水の対策について質問します。

 子どもの医療費については池田市は現在中学3年生まで所得制限なしで助成していますが、全国的には助成ではなく無料化が進んでいます。次いで多いのが18歳までの医療費助成で、北摂でもお隣の箕面市、豊能町、能勢町、摂津市がすでに18歳までの医療費助成を実現し、今年春に行われた市長選挙が行われ新しい市長となった豊中市も18歳までの医療費助成を行うと明言されています。

 子育て支援の中で一番求められているのが医療費無償化です。子どもは突然病気になったりしますがそんなとき「懐の心配なく病院につれて行ってやりたい」…これが母親たちの願いです。本来ですと、国民の命を守るのは政府の最大の仕事。国が無料にするのが一番望ましいことですが、それをしないため、各自治体が独自で助成をしているのが実態です。

 少子高齢化が叫ばれる中、子育て支援に力を注ぐ自治体が多く、子育て世代が安心して暮らせる自治体が若者たちに選ばれています。北摂では池田が取り残されようとしています。子どもの定義は18歳まで。22歳まで実施している自治体もありますが、まずは18歳まで医療費助成をして子育て世代に安心を与えるべきです。池田も北摂他市に遅れることなく医療費助成の拡充を求めます。

 石橋駅のホームドアは視覚障がい者のみならず高齢者、子育て世代にとっても危険回避のために早期実施が求められます。しかし阪急電鉄の動きはとても遅く、ようやく今十三駅に取り掛かろうとしていますが、石橋駅も宝塚線では唯一カーブのホームで危険です。専門家から隙間モールというのがあると聞きました。十三の次はどこか石橋の危険度をどう見ているのか、安全対策を急ぐよう求めます。

 地震に続いてまた雨のシーズンになりました。恵みの雨を通り超え。被害をおこさないよう対策が求められます。特に浸水シミュレーションに沿った被害を生まないための対策について求める予定です。

 小林議員は25日、白石議員と私は26日の本会議となりそうです。お時間がありましたら是非傍聴にお越しください。

 
by michiko_fujiwara | 2018-06-19 23:53 | 議会報告

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara