人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

総選挙、日本共産党は12議席でしたが、共産・立憲民主・社民全体で大きく前進!

2017年10月24日(火)

 総選挙は22日投開票の結果、日本共産党は12議席となり、前回7議席から21議席に躍進させていただいた議席を9議席減らす結果となりました。日本共産党へのご支持・ご支援いただいたみなさんに心から御礼申し上げます。

 臨時国会での冒頭解散という、所信表明演説も代表質問もない首相自らの疑惑にふたをしたまま議会を冒涜するような解散と北朝鮮の核・ミサイル開発という問題を最大限活用し(なぜか選挙に入ってからは動きなし)、危機感を必要以上にあおって総選挙に突入しました。

 「野党は共闘せよ」…これは安倍政権の国民の声(憲法守れ、消費税増税NO、原発再稼働反対、沖縄基地問題、TPP反対、核開発禁止条約にサインをetc.)を無視した暴走政治にストップをかけるために多くの市民の願いでした。

 これに分裂を持ち込んだのが小池百合子氏の希望の党立ち上げとそれに吸収された前原氏による民進党解党劇です。橋下元大阪府知事・維新が「小池・前原の大功績で憲法改正と安全保障問題が現実のものとなった」とツイートしている通り、平和憲法の危機をもたらしたと言えるでしょう。朝日新聞によると、野党が分裂した226の選挙区のうち、約8割の183選挙区で与党が勝利したが野党統一がなされていたら63選挙区で逆転していたとの調査結果もあります。

 日本共産党の議席は減少しましたが、わが党と立憲民主党、社民党の3野党が市民連合と7項目の政策合意を結び協力・連携して闘い、立憲民主党が公示前の15から55議席へと大きく躍進し、3野党全体としては公示前の38から69議席へと大きく増えたことは喜ばしいことです。

 日本共産党は、民進党の「希望の党」への合流という重大な逆流を野党共闘に持ち込まれた中でも、安倍政権打倒の大局に立って、全国289小選挙区のうち249の選挙区で野党候補の一本化のために、83選挙区で候補者を擁立しない対応を取り共闘勢力の前進に貢献し、そのうち32選挙区で野党候補が勝利をおさめました。

 池田市を含む大阪9区でも、山元たけしを下ろして社民党の服部良一さんに一本化し、日本共産党、社民党、自由党、新社会党、緑の党など最後には立憲民主党も加わって6野党の共闘の輪に拡がったことは今後の財産になったと思います。

 今後さらに安倍政権が国民の暮らしを直撃する可能性が高まりますが、自力を強くすると同時に市民と野党の共闘の輪をさらに強くして悪政と立ち向かっていきたいと思います。

 池田の開票結果は、小選挙区…服部良一氏8,674票、原田けんじ氏19,648票、あだち康史氏16,249票。 比例代表は日本共産党3,706票、自由民主党13,917票、日本維新の会10,776票、立憲民主党7,905票、公明党4,672票、希望の党3,112票、社会民主党790票、幸福実現党128票でした。

 たくさんのご支援有難うございました。

 
by michiko_fujiwara | 2017-10-24 11:43 | 選挙関連

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara