人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

今日は本会議、印鑑条例、市税条例、旧慣による公有財産の使用権の廃止について質問しました。

2016年12月6日(火)

 本会議でした。

 決算報告は各委員長報告ののち討論。水道企業会計、国保特別会計、介護保険特別会計、一般会計については日本共産党議員団が夜間水質監視業務の民間委託、高すぎる国保料、資格証明書の発行で医療を受ける権利を遠ざけていること、大幅値上げの介護保険料、保育所民間委託、やまばと学園調理業務民間委託、同和行政の推進などそれぞれ理由をあげ反対討論。日本共産党以外はすべて賛成でした。

 12月議会の議案について、私は3つの議案について質問。委員会付託案件ですから、基本的な概略について質問しました。

 一つは、池田市印鑑条例の一部改正。個人番号カード(マイナンバー)を活用し、平成29年2月よりコンビニ等で専用端末機により印鑑証明を交付できるようにするための改正です。
 音声認識に従い本人が4ケタの暗証番号を入力し、直接操作するから個人情報漏えいは心配ないと言いますが、事業所でも従業員のナンバー管理に担当者を決め、仕切りをするなどセキュリティを万全にするよう言われているのに、全く無防備の様子。コンビニで印鑑証明交付ができるようにしている自治体は、全国212自治体、大阪府内14自治体、北摂はすでに豊中、吹田、茨木、摂津、高槻で実施しており来年1月に箕面市、2月に池田市で実施すると7市すべて実施することになります。

 市税条例は地方税法の改正によるものですが、ちょっと複雑。
 個人市民税、法人市民税で、いったん納付した税額を修正などで減額・還付されたのち、増額の更正が行われるといった2度の更正があった場合、本来なら確定申告期限日にさかのぼって延滞税が発生するところ、例えば1億円で納付していた税額が5千万円に修正された後8千万円まで再度増額になった場合、当初の1億円までの増額に限り増額となった差額3千万円(還付の範囲)に対する延滞税は最初の確定申告期限に遡るのではなく、5千万円に減額修正された日から8千万円に増額された日までの期間に延滞税をかけるという特例が創設されます。…わかるかな~(笑)

 また、特定一般用医薬品(もともと医療用で医師の処方箋や薬剤師と対面で出されていた医薬品)がH29年1月から薬局で買えるようになり、その購入額が年12000円を超え88000円までの場合医療費控除が受けられるという特例が平成30年度から平成34年までの個人市民税に限り実施されるというもの。ただし、検診や予防する指導を受けていた場合ということらしい。

 まだ、変更部分はありますが、本日はここまで。またご報告させていただきます。
by michiko_fujiwara | 2016-12-07 01:36 | 議会報告

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara