人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

アレルギーが増えている!その原因は?・・・池田母親大会

2016年11月20日(日)

c0133422_2411553.jpg 今日は、池田母親大会でした。おりしも今日は自衛隊員が内戦状態にある南スーダンに「駆けつけ警護」など新たな任務を付与され出発。
 「生命を生み出す母親は 生命を育て 生命を守ることをのぞみます」のスローガンが今輝きを増しているような気がします。

 主催者あいさつは古谷さん。来賓として大阪母親大会実行c0133422_2455232.jpg委員長の松永さんからご挨拶をいただきました。コーラスおさんぽの合唱でスタート。

 今年の記念講演は「診察室から見える子どものこころと体 いま私たちに求められているもの」と題し、班なん医療生協診療所所長で小児科医の真鍋穣先生にお話しいただきました。

c0133422_2521879.jpg アレルギーが増えている原因について、事実が大事…間違いだらけの情報が流されており何が大事かよく見ていかなければならない。NHKで「ピーナッツ早くから食べさせるとピーナッツアレルギーにならない」と報道していたがこれはウソ、元となった論文を読むと意図的な実験が行われていたことが分かったとその実験方法を説明されました。報道をうのみにしてピーナッツを与えるのは危険だときっぱり。

c0133422_2433217.jpg また黄砂やPm2.5の飛ぶ日は花粉症も喘息もひどくなること。そういえば先日市政報告会でお借りした喫茶店のママもPm2.5が飛ぶ日はのどが痛くなり声が出にくくなるとおっしゃっておられました(池田のHPで観測値を見ることが出来ます)。中国から飛んでくる黄砂やPm2.5が原因だと思われていますが、それだけではなくディーゼル排気ガス中微粒子など国内での大気汚染も原因であること。真夜中から濃度が高い日は中国から飛来していることが主な原因であり、昼間にのどの痛みやゼイゼイする場合は国内の汚染が原因だそうです。

c0133422_2552452.jpg 1985年の環境調査によると、0.02を超すと喘息患者が多いそうです。かつて、黒田革新府政の時代に大気汚染物質を排出する企業に厳しい規制を課し、0.022以下にまで下がり空気がきれいになったといわれました。その後政府はデータを無視し環境基準を0.04~0.06に引き上げたそうです。40数年前に比べ喘息の子どもたちが大幅に増えているデータも示されました。

c0133422_247694.jpg 食物アレルギーは、30年前には鶏卵、牛乳、大豆が主なアレルゲンと言われていましたが、今は鶏卵、牛乳、小麦だそうです。小麦が増加しているのは小麦の輸入自由化によって、アメリカやカナダからポストハーベスト(船便で運ぶ間にカビや虫を防ぐため、収穫後にもう一度農薬散布)により高濃度に汚染された小麦が輸入されるからだと考えられます。お米でも残留農薬がアレルゲンになったりするらしい。そうなるとTPPは大変危険です。農産物が大量に輸入され農薬にc0133422_2563027.jpgまみれた食物がどんどん入ってくることになるわけですから…。

 その他、福島原発事故で明らかになったこ、と原爆症訴訟で学んだことなどなど、データを活用し具体的で分かりやすく、楽しく聞かせていただきました。

 TPPも原発再稼働も許せないことを子どもたちのアレルギーという面からも明らかとなりました。さらに反対の声を広げていくことが求められます。

 
by michiko_fujiwara | 2016-11-21 02:59 | 演説会、つどい、市政報告会

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara