人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

現職米大統領が広島市を初めて訪問「核兵器なき世界」を追及!

2016年5月29日(日)

 オバマ大統領がアメリカ大統領として初めて被爆地・広島の平和記念講演を訪問。核兵器が広島と長崎に投下されて71年。原爆を投下した核超大国の現職大統領が、爆心地に足を運び、原爆の碑に献花し、式典に招かれた被爆者らを前に「核兵器なき世界を追求」すると演説したことは、歴史的な一歩です。この言葉を実現させるために、まずは核兵器禁止条約の国際交渉に踏み出すことが求められます。

 外交手段による平和的協力の重要性も指摘されたようです。「過去から学び、選択することができる。戦争が起こらない世界、残虐性をたやすく受け入れない世界をつくっていくことができる。こういった物語は被爆者の方たちが語ってくださっている」と語ったそうですが、是非その一歩をしるしてほしいものです。

 私の父親も、建物の下敷きになり被爆したことが原因で私が3歳の時に無くなりました。「ここまでしびれてきた」と言いながら亡くなったそうですが、一瞬にしてすべてを焼き尽くし、何十年経っても被爆者の心と体をむしばんでいく残虐兵器は二度と使えないよう廃絶すべきです。核の力で戦争を抑止するという「核抑止力」論にたって核兵器廃絶を永久に先送りすることは許されません。

 核廃絶を求めるべき被爆国の首相が、アメリカの「核の傘」のもとに日米軍事同盟を強める発言をするなど核廃絶に逆行することであり、あるまじき態度だといわざるを得ません。戦争法の強行、原発再稼働などそれを証明するようなもの。このまま政権を委ねるわけにはいきません。

 野党は共闘!を力に戦争法を強行した人たちに、原発再稼働をすすめた人たちに、参院選でキッパリ審判を下しましょう。
by michiko_fujiwara | 2016-05-30 01:30 | 平和へ

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara