人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

4月1日から豊中市と池田市が「消防の広域連携」として指令業務の共同運用開始

2015年2月23日(月)
                        c0133422_2330134.jpg
 豊中市・池田市共同で運用する消防指令センターが完成し、地域消防団の人たちと一緒に内覧会に参加してきました。

 豊中北消防署・東泉丘出張所につくられ、豊中・池田・能勢の消防・救急の指令業務が行われることになります。豊中消防署と池田消防署の指令センターの機器を撤去し3つの自治体をエリアとする広域指令センターとなり50万3632人・23c0133422_23305231.jpg万4831世帯の命を守ることになります。

 3月1日から試運転、4月1日から本格実施とのこと。池田の指令担当がここに出張することになります。定期的に交代するようですが、どんどん機器類が新しくなり覚えるのも大変ですね。「機器類が故障したらどうなるの?」と聞きますと、「ちゃんとバックアップがあり大丈夫です」とのこと。

c0133422_23314279.jpg 原則、池田から119番通報があれば、池田の担当者が受付け、同じデジタル画像が池田の司令室に表示され出動することになるそうです。入電が集中するときは豊中・池田お互いに協力しあって対処するようです。

 電話が入ると、画面に付近の地図と位置情報が表示され、それぞれの消防署に指令が出されます。地図だけではなく池田なら池田、豊中なら豊中の街の映像が移され状況を目c0133422_23323678.jpg視出来る様になっていました。災害の種類や規模に合わせ出動車両を選定するそうです。すごいね~。

 また現地からの連絡も取り合えるように、通信機器でのやり取りも映像で映し出せます。聞きそびれましたが、この通信機器は固定された場所にあるのか、移動できるのかどうなんでしょうね。

c0133422_23332027.jpg これまで池田だけの場合、一日の入電は約30件ほどだったそうですが、豊中、池田、能勢と広がれば結構な件数となり、電話の音、指令の音声など鳴りっぱなしになることはないのでしょうか? 電話交換手だって一定時間ごとに休憩が義務付けられていたと思いますが、同様の措置がされているのかな?

 指令室のほかに、事務室、仮眠室、休憩室、打ち合わせ室c0133422_2334222.jpgなど整えられていました。いずれにしても真新しくすっきりしています。

 3行政区に広がることで負担増にはならないのか、効率化の名のもとで人員整理にはならないのかなど尋ねると、それはないとのことでしたが…。

 いただいたパンフには、「指令システムとデジタル無線の連携」「集団救急など特殊災害への効果的な対応」「相互応援出場体制の強化」「指令システム整備費用の低減化」「指令センター配置人員の効率化」とありますが…。
by michiko_fujiwara | 2015-02-23 23:37

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara