人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

福祉減免対象者が最も大幅な値上げ…下水道料金の値上げ

2014年8月19日(火)

 昨日、「水道料金が大幅に上がっているので見て欲しい」と領収書をもって来られました。

 水道料金は1月から料金改定があり、4月から消費税増税分がさらに上乗せとなりましたので2段階の値上げとなっています。特に下水道の料金が値上げとなりました。

 領収書を見ると1~2月分を4月に、3~4月分を5月に支払っておられました。このあたりまでは56~57㎥の使用料で6~7千円台の領収書、うち下水道料金は6~700円。ところが5~6月分、7~8月分は1万2~3千円と倍近い値上げ。下水道料金が3~4千円へと約5倍の値上げ、隣の人に聞いても1000円程度の値上がりなのになぜこんなに高い値上げとなったのか、何かの間違いではないかというものでした。

 一瞬そんなに値上げだっったかなと思いましたが、もしや福祉減免の削減かもしれない、1月ではなく4月に削減だったのかと思いつつ、直接説明を聞きに行きましょうと窓口に同行しました。想像通り4月から福祉減免の削減で、料金すべて対象だったものが基本料金のみになってしまったことによるものでした。

 この方は、障害1級で奥さんと2人で細々と飲食店を営んでおられますからこれまでは料金の大半が減免の対象でした。我が家などは2か月で24~25㎥程度の使用料で基本料金に近い金額のため大きな影響はありませんが、この方の場合少ないながらも飲食店を営むには一般家庭よりどうしても使用水量は多くなります。それが、福祉減免が基本料金のみとなったことで5倍、6倍の下水道料金になってしまった原因です。売り上げは下がっても経費が大きくなってしまうので生活に支障をきたすということになりました。

 同様の苦情電話がすでに6~70件あったとか。そりゃあ倍近い値上げとなれば、怒りますよね。福祉減免の対象者が最も大きな値上げという皮肉な結果となってしまいました。

 本来福祉減免なのですから、下水道企業会計が赤字になるというのなら、住民の生活を守る観点から、福祉の部署が補てんをする必要があります。
by michiko_fujiwara | 2014-08-20 01:50 | 生活相談

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara