人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

熱中症は真夏だけでなく湿度の高い梅雨も要注意です。

 2014年6月22日(日)

 昨日、介護事業所の運営委員会で、熱中症の対策を学びあったところですが、今日の朝日新聞によると学校での熱中症が7年間で倍に増えているとのこと。

 部活動など学校での熱中症は2012年度4971件と過去最高を記録し、死亡事故は20年間で80件を数えるそうです。

 夏だけではなく梅雨の時期も熱中症が起きやすいと言われています。地球温暖化により夏の暑さは一昔前よりも一段と厳しくなっており、昨年は中学生の保護者からクラブ活動中の熱中症が心配だと相談がありました。一般質問で学校での熱中症対策を質したことを思い出します。

 昔は運動中に水分を取ると余計疲れると言ってあまり水分は取らないようにと言われたものですが、ヒートアイランド状況の昨今、命にもかかわるとして休憩を頻繁にいれこまめに水分を取ること、運動はなるべく涼しい時間帯を選び直射日光の下での運動は避けること、帽子で防ぐ、服装は軽装で吸湿性や通気性の素材を選ぶこと、下痢、発熱、疲労などがあれば休む、意識障害があればすぐに救急車を要請するなどの対策が求められています。

 死亡事故は毎年起きており、その8割以上が7~8月に起きています。体育祭の練習など「体育活動」での事故が80件中74件、そのうち69件が部活中だったとか。野球19件、ラグビー10件、県道8件、サッカー7件、柔道6件などで、約7割が高校生だそうです。特に高1が多く、競技に慣れていない中での激しいトレーニングが事故につながった可能性があると分析されています。9割は男子、肥満傾向の人が多かったとのこと。

 気温が高いほど危険ですが、それほど高くなくても湿度が高いと危険だそうです。つまりこれからの梅雨の時期から要注意ということになります。

 高齢者とともに夏の運動部のクラブ活動は無理をしないようにしなければなりませんね。

 
by michiko_fujiwara | 2014-06-22 23:35

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara