人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

6月12日(木)の議会運営委員会は、議員定数の削減「是か非か」が問われる委員会となります。

 2014年6月10日(火)

 12日の議会運営委員会で議員定数1削減の議員提出議案(自民同友会、公明党、市民クラブ、民主・友愛の4会派)と、市民団体からの「3名削減して20名に」という請願、「削減すべきでない」との請願2件が審議されます。

 今日は各団体に、「議会運営委員会への出席依頼」が送られました。その内容は「先に提出された請願について意見を聞く必要があるので、池田市議会議会運営委員会条例第12条及び池田市議会常任委員会条例及び特別委員会条例第25条に基づき、6月12日(木)午前10時、第3委員会室で開かれる議会運営委員会に出席するように」というものです。議会としては、請願者の真意を聞こうという実に民主的な対応です。

 ところが「議員定数20名に削減」市民運動(代表・大内達哉氏)は欠席するとのこと。代表者が出られなくても団体の他の代表が説明すればよいわけですが、それも含んだ上の欠席だそうです。

 議会に関する重要な案件だけに、しっかり審議するため請願趣旨を聞こうとする議会からの要請には拒否をして、議員の役割を語り審議する場には加わらずに削減だけ求めるとは、なんと主体性のないこと…。趣旨説明の機会を自ら行使しないというのは、請願に署名した人たちに対しても不誠実だと言わざるを得ません。

 私たちは、住民代表である議員の定数削減は、少数意見を切り捨てることにつながるため、住民の多種多様な声を代弁できる議会の権限を自ら放棄すべきではないとの立場から反対ですが(6月3日付ブログ参照)、だからこそ削減を求める方の意見もしっかり聞いて議員の役割についての議論を交わすべきだと考えています。せっかくの機会をフイにするなど考えられません。

 聞くところによると署名を駅頭で集めていたのは、まちの見張り番議員団の面々。一般の市民が集めるのは自由ですが、自分が審議する議会に出す請願署名を議員が集めるというのもいかがなものか?議員には議員提案や一般質問などで表明できる権限があるのですから…。
by michiko_fujiwara | 2014-06-10 16:33 | 議会報告

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara