人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

一人ひとりの声が集まれば世の中は変わる…憲法9条にノーベル平和賞を

 2014年4月2日(水)
                                    c0133422_1174122.jpg
 朝日新聞の夕刊にこんな記事を見つけました…「憲法9条にノーベル平和賞を」

 神奈川県座間市の鷹巣直美さん(37歳)が、集団的自衛権の行使や改憲が議論される中で「今こそ平和憲法の大切さを世界に広めたい」と署名サイトを立ち上げ、ノルウェー・ノーベル委員会への推薦に至ったとの内容でした。

 小学2年生と1歳の子育てママです。「戦争になったら世界中の子どもが泣く、でも子育てに追われ家は開けられないので集会やデモには参加できないから自宅で出来ることを考えた」とのこと。

 欧州連合(EU)が2012年の平和賞を受賞したことで、「EUには問題もあるが、ノーベル平和賞は、理想に向かって頑張っている人を応援する意味もあるんだ。日本も9条の理想を実現できているとは言えないが、9条は受賞する価値がある」と考えたそうです。

 昨年1月、インターネットで見つけたノーベル委員会に、英文で9条に平和賞を授与して欲しいとメール送信を何度もしたそうですが返事がなく、5月に署名サイトを立ち上げたとのこと。5日で約1500人もの署名が集まり、ノーベル委員会に送信すると今度はすぐに返事が有り、ノミネートの条件を知ったとか。

 推薦締切は2月1日。国会議員や大学教授、平和研究所所長、過去の受賞者らが推薦でき、受賞者は人物か団体のみですから、憲法は受賞できない・・・考えた末に受賞者を「日本国民」にしたそうです。「9条を保持し、70年近く戦争をしなかった日本国民の受賞に意味がある。みんなが候補として平和を考えるきっかけになれば」と。

 協力者が次々現れ、8月には「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会が発足し、大学教授や平和研究所長ら43人の推薦人を集め、2万4887人の署名を添えてノーベル委員会に送られたようです。

 今年10月の受賞を目指しているそうですが、何度でも挑戦するため、実行委員会は署名サイト(http://chn.ge/1bNX7Hb)を続けているそうです。

 いいですね~。ノーベル平和賞を受賞させて憲法9条を守ろうではありませんか。
by michiko_fujiwara | 2014-04-03 01:24 | 平和へ

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara