人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

昭和14年~37年に計画された道路を、現実に即した形で見直し…都計審その2

 2013年12月25日(水)

 都計審2つ目の諮問は、都市計画道路の見直しです。

 市の都市計画道路は10路線あり、未整備区間は8,760mが未整備区間となっています。そのうち7本は昭和14年の計画ですでに74年経過しています。計画路線はあっても住宅と化し、道路もないという場所もあります。現実に即した改廃が行われる方向です。

 具体的には中央線のハローワークから東に一つ目の信号までと、箕面市との境界から呉羽の里交差点は残し、建石上池田の辻が池公園に向かう一方通行は計画廃止。尊鉢神田線はUR池田の真ん中の信号から西に延びる690mの道は計画廃止。

 池田保健所の信号から猪名川までの満寿美猪名川線は防災上緊急避難する施設が延長線上にあるため存続。住友BKから市役所に抜ける菅原線は廃止。池校道より東側の道路(井口堂畑線は住宅地と化しておりこれを機に廃止。スポーツセンターの前の道(西市場畑線)は交通量も少なく一部遊歩道となっていることから廃止。

 石橋駅前線は商店街と重複しておりもう道路化は難しく赤い橋も改修が必要となってくるため廃止。石橋駅裏線(箕面線側から池校を通り呉羽の里へ抜ける道は、住宅が立ち並び道路もない状態であり廃止。猪名川堤線も廃止とする内容です。

 廃止8路線は、これまで計画があったため耐震性の高い鉄筋コンクリート造りなどの建替えはできませんでしたが、今後はそういった縛りはなくなります。存続の地域では制約が続きます。宮の前・東畑線は交通量が限られており、住宅が建ち並んでいるし、歩道整備も終わっているため、幅員変更を行い現状のままにして存続となりました。

 廃止路線、変更路線に接する地権者等には、今後平成25年度から27年度にかけて地元説明会を行い了承されれば今後の都計審で廃止・見直しの審査を行うことになりそうです。HP、市広報、該当者には手紙での案内も行いたいとのことでした。道路に面している人たちは当事者ですから積極的に説明会に参加して欲しいところです。

 どうせなら阪神大震災の後の建て替え需要の高かった時に見直しが出来ていたら良かったのにね。

 
by michiko_fujiwara | 2013-12-25 19:57 | 議会報告

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara