人気ブログランキング |

藤原みち子の活動日記

michikof.exblog.jp
ブログトップ

労働条件は労働者が人たるに値する生活を営むための必要を満たすべきものでなければならない

 2013年11月20日(水)

 労働基準監督官の「ダンダリン」がますます面白くなってきました。

 今日は、ブラック企業とおぼしきファミレスチェーン「アディオス」に臨検に入り、労働条件を是正させるというお話。

 24時間営業をしているチェーン店で、大量の正社員を毎年採用し、大量の離職者を出しているブラック度の高い店舗です。夜中の2時まで働き、泊まって朝7時から研修を受けさせています。研修は時間外であくまで自主的に参加することが建前ですが、参加を拒めば社長のチェックが入り事実上の強制参加です。ついていけないものは辞めてもらって結構というスタンス。

 研修は店長から口頭で指示をさせ証拠を残さないようにし、案内チラシには大きく自主参加と書いてあるなど違法ではないように見せています。体調を壊しても休めずついに倒れる従業員。ダンダリンの仕掛けで店長さんたちが勇気を出して立ち上がります。その店長会議に臨検をする労働基準監督官たち。

 ダンダリンの言葉が光ります。

 「辞めるかガマンするかの2通りの選択しかないと思うのは間違いです!言うべきことは言い、自分たちの会社を自分たちの手でより良いものに変える方法がある」「労働条件は労基法第1章第1条で、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を満たすべきものでなければならない」「当事者はこの基準を理由として労働条件を低下させないことはもとより、その向上を図るようにつとめなければならない」

 結局これまでの研修会参加は強制だったと認めさせ、その賃金を払わせることになりました。

 まるでどこかのブラック企業大賞を受賞した企業みたいですね。ドラマはきちんと是正させましたが現実はこれから。我が党が提出した「ブラック企業規制法案」を通し、労働者が人たるに値する生活が営めるようにさせなければなりません。

 現実の労働基準監督署にも監督官にも、ダンダリンのようにきちんとした是正が行われることを期待したいですね。
by michiko_fujiwara | 2013-11-21 00:17 | ドラマあれこれ

“子どもたちに笑顔、若者に夢、高齢者に安心を” 日本共産党池田市会議員・藤原みち子の活動日記 e-mail : m_fujiwara(a)wombat.zaq.ne.jp…(a)は@に置き換えて下さい


by michiko_fujiwara